2016年07月27日

「無業社会」工藤啓、西田亮介 朝日新聞出版

最近、この手の本がよく目につくし、関心はあるものの本書の内容は読む価値無しかと。

具体例を挙げて説明的な話を・・・と言いつつもあまり具体的なものはなく、計量的な話も本書の対象外としつつ、結局はあまり意味があるとも思えない恣意的選択による統計の数字をあげたり、グラフを載せたりと何を主張したいのかよく分からない本です。

生活保護で養うよりは、労働させた方が社会的費用は安く済むなんて、いちいち説明するまでもないことをさも何か新しい知見のように書かれても、著者の独りよがり以外の何者でもないようにしか思えない。

働かなくても生きていけるなら、そして働きたくないなら働かなくてもいいだろうし、働きたくても結果として働けないなら一緒でしょ。

憲法で生存権が保障されているといっても、それは国家が財政的に許せる範囲というのが前提にあることさえ、分からない人が憲法を語って欲しくないなあ〜。どんなものにもプライオリティがあり、空想の世界でないなら、当然、制約条件下の中でも最大の効用を図るってのは自明だし、ぶっちゃけ予算の余裕がなければ、国家は何も出来ない、それどころか夜警国家に徹しても最大限の費用を税として要求するものでしょうが・・・。

個人の趣味でボランティアするのはいいが、それを国家的な規模で国家の役目だなんて考えて欲しくないなあ〜と思う。仕事がなくてお金を出すなら、その引き換えに国家は一定水準以上の労働を求めるべきでしょう。

一部の人が本当に苦労しながら労働し、体や精神をすり減らした代価の所得、そこにかかる税金からおこぼれに与ろうとする人達を許せないと考えるのは至極妥当且つ健全な感じもするんですけどね。

本書は本当にどこにでもありがちな、雰囲気を売るだけで新しい提言を含むような本ではありませんでした。
残念な感じです。読むのは時間の無駄でしょう。

むしろベタであっても本当に生活保護を必要とする人達に適切に行き届く為にはどうしたら良いか、そちらに重点を置くべきかと思った。
【目次】
第1章 なぜ、いま「若年無業者」について考えるべきなのか
第2章 「働くことができない若者たち」の履歴書
第3章 「働くことができない若者たち」への誤解
第4章 「無業社会」は、なぜ生まれたか?
第5章 「無業社会」と日本の未来
第6章 若年無業者を支援する社会システムのあり方
第7章 「誰もが無業になりうる社会」でNPOが果たす役割

無業社会 働くことができない若者たちの未来 (朝日新書)(amazonリンク)
タグ:書評 新書
posted by alice−room at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 未分類A】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

「書物史への扉」宮下 志朗  岩波書店

【目次】
秀麗なる写本たち
手稿と手職のたのしみ
民衆文化の世界
現実ではない場所に
印刷文化花盛り
本は生き残る、文芸の共和国に
カラー版 書物史への扉(amazonリンク)
タグ:書評 扉絵
posted by alice−room at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 本】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「貧困女子のリアル」沢木 文 小学館

最近、老後破産とか老人漂流とかNHKスペシャル的なものに踊らされているとは自覚しつつも、やっぱり今後どうなるのか不安をかきたてられて、つい関心をもってしまう自分がいたりします。

これも他人ごとではないかなあ〜って感じで手にとって読み始めたのですが・・・暗過ぎて鬱になりそうでした。一応、読了したけれど、何にも参考になりませんし、可哀想とか気の毒とか思っても、何も出来ませんし、何もする気になりません。

そんなことよりも自分自身と、自分の周りの出来ることをするだけで精一杯ですしね。
自分の手の届く範囲で幸せにしたいし、幸せになりたいですね。心からそう思いました。

正直、自業自得、自己責任の一言で終わりではありますが、精神的に参ってくるので読むのはお勧めしません。どこまでが事実で、また例え事実だとしても本当はレアケースなのか、普通にあるレベルの話なのか分かりませんが、知ることで自分にプラスにはなりません。

むしろ知らない方がいいように思いました。
個人的にはお勧めしません。
【目次】
第1章 親との問題―支配を愛情と思い込んだ結果は
第2章 見栄―無自覚に消費してしまう浪費女子
第3章 借金―人間関係を維持するための借金
第4章 強いコンプレックス―男性依存、恋愛依存
第5章 学歴―学歴と貧困との関係は?
第6章 ワーキングプア―苦労が癖になる人たち
貧困女子のリアル (小学館新書)(amazonリンク)
タグ:書評 現代
posted by alice−room at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 未分類B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベロニカは死ぬことにした 」堀江慶 (監督)

beronika.jpg

パウロ・コエーリョ原作で確か読んだことあったはず。
原作に惹かれてみた作品ですが、原作とは別物として観るべきかと。

ちょっとだけレビューを見ると酷評されてますね(笑)。
ストーリーを期待してみると、そうなのかなあ〜。

これ、PARCO関係してますよね。
ロケ地も西武関連だったし・・・。

感性企業とかイメージだけのCMで人気があり、緻密なマーケティングがないので有名だったあのPARCOとかそういえば、LIBROもいい品揃えでしたが消えたなあ〜。リブロポート懐かしい・・・。

まあ、割り切ってみれば、私は嫌いじゃないです。
精神病院というと映画「ドグラマグラ」を思い出しました。

1970年代とか1980年代ぐらいまでは、こういった感じの作品たくさんあったんですけどれどね。
私なんて、愛犬と本を抱えて、こういうサナトリウムに居られるなら幸せですけれどねぇ〜。

別に病院じゃなくってもベンチャー企業の中なんて、あんな感じでヘンな人ばかりでまともな人なんていなかったですからね。個人的にはそういう環境の方が気が楽です。

きっちり人管理しましょうとか、KPIとか言ってるを聞くと心の中では鼻で笑ってしまいます。
誰でもできる仕事なら、日本人なんて人件費が高くてコスパ合わないでしょう。どうやったって・・・。
個々人の能力を最大限に生かし切るのならば・・・時間で管理なんて発想が有り得ないのですが・・・。

まあ、話がそれますが、病んだ人なんていくらでもいますが、労働しなくていいってのが最高に幸せそう。
趣味で行動するのはいいのですが、生活の糧を稼ぐ為に仕事頑張る。
この歳になっても、正直違和感が残って仕方ありません。

そうそう、この映画で裸って必要なんですかね?
不要な演出に思えてならないんですが・・・。

「性」って、扱い方ひとつで俗っぽさが増してしまうので、今回の場合はむしろ、触れない方が良かったのになあ〜と思いました。サド(日本でいうサド・マゾ的な薄っぺらな本来の意味と異なる低俗な話ではない)のような超越したレベルの次元の話まで持っていければいいのだけれど、無理なら触れないの吉かと。

映像は悪くないです。
出てくる人物も違和感あるようですが、所詮、物語にリアリティーは求めませんのでむしろ、その違和感を延長且つ誇張するくらいで良かったかと。

最後はちょっと物足りないし、意味分かりませんが、どうせなら最後まで意味不明なままで突っ走って欲しかったかも?もっとも、十分に意味不明なままではありましたが・・・。

ベロニカは死ぬことにした [DVD](amazonリンク)
タグ:映画
posted by alice−room at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 【映画・DVD】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヘルタースケルター」蜷川実花 (監督)

helter.jpg

蜷川幸雄さんも亡くなったしなあ〜と思いつつ、娘さんの作品はあまり興味が無くて見たことなかったのですが初めて観ました。

映像はやっぱり綺麗ですね。
元々が写真家という点はさておいても色彩感覚のバランスは、それだけで一見の価値があるかと。

原作が岡崎京子というのは、実は見終わったエンディングロールで初めて知った!
岡崎京子のファンといって、漫画本はそれなりに持っているつもりでしたが・・・どんな薄っぺらなの私?

美とか現代に関する独特の鋭敏な認識・把握力としてはたぶん原作の方が上なんだろうと思います。
映画はまとまっているんだけれど、もうちょい深みがあっても良かったかなあ〜。
岡崎さんの作品は表面的・感覚的であったも、そこに表現される認識感覚は類を見ないですしねぇ〜。

この映画はまず映像を、特に色彩を楽しむ作品かと。

劇中歌ではないけど映画の中で戸川純の懐かしいメロディーが聞こえてきて、びっくりしました。
岡崎京子もそうだけれど、何もかもがあの時代のものですね。
個人的には感慨深かったです。

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD](amazonリンク)
タグ:映画
posted by alice−room at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【映画・DVD】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

「消えた錬金術師」スコット・マリアーニ 河出書房新社

消えたカタリ派の財宝。
レンヌ・ル・シャトー。
錬金術師。

といった、いかにもその手のが好きそうな人向きのキーワードにホイホイ釣られて久しぶりにこの手の小説を読んでみたのですが・・・ぶっちゃけ駄作です。

だって、全然カタリ派のこと分かってないし、説明もしていないし、カタリ派が錬金術ってのがもう分かりません! まして肉体を有する現世こそ地獄とするカタリ派が不老不死を求めるはずもないし、エリクサーってば、もう知ってる単語を並べるだけの話はやめましょうよ。

フルカネリも全然、違うでしょ!!
つ〜か、フルカネリの「大聖堂の秘密」ぐらい読んでから、書いてね?

うちのブログにも確かはるか昔に読んだ時の書評があったと思いますが・・・著者の教養水準が低過ぎて泣けてくる・・・・。

私もプラハの古書店行ったけれど、そんな素敵な古書や羊皮紙は置いてありませんでした・・・。
もっとも私が行った店が悪かっただけなんでしょうが・・・先日読んだエーコの本に出てくるような運命的な古書との出会いなんて、スペインのグラナダ行った時も無かったです。
みんな、みんな私の引きが弱いだけかもしれませんが・・・・ネ。

まあ、どうでもいいんですが、読み物として安易な悪役やら悩みを持った今時のヒーロー、巨大組織に救う闇の秘密組織とか、もうなんていうかベタな展開をしていくのですが、ノリは悪くないもののB級映画レベル。

俗っぽいB級映画自体は嫌いじゃないんですが・・・全然、メインルートが盛り上がらなくて、しかもバズワードのような一部受けの良さそうなキーワードだけ、散りばめて何もまとまらないし、本来意味間違えているしで少し知っている人からは興醒め度合いが甚だしく、がっかりする。

読了してしまったんだけれど、時間の無駄でした。

単純なアクションとかサスペンス物として面白ければそれでもいいんだけれど、かなり中途半端で読み終わって愕然とします。著者にもう少し資料調査や読み込みしてよ〜と言いたくなりますが、それ以前にこの著者の作品は二度と触れないようにしようと思いました。

酷過ぎ。
名前は書きませんが、あの建築家の名前まで出してどんな意味があるのやら?
ダン・ブラウンの爪の垢でも飲んでもらいたいぐらいの酷さです。

何でも元特殊部隊っていうのはやめましょう♪
ランボーじゃないんだから・・・ネ。

消えた錬金術師---レンヌ・ル・シャトーの秘密(amazonリンク)

ブログ内関連記事
大聖堂の秘密」フルカネリ 国書刊行会
「レンヌ=ル=シャトーの謎」 柏書房 感想1
「異端カタリ派」フェルナン・ニール 白水社
「オクシタニア」佐藤賢一 集英社
「異端者の群れ」渡辺昌美 新人物往来社
「モンタイユー 1294〜1324〈上〉」エマニュエル ル・ロワ・ラデュリ 刀水書房
posted by alice−room at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 海外小説B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

「もうすぐ絶滅するという紙の書物について」ウンベルト・ エーコ  CCCメディアハウス

先日エーコの亡くなったニュースを知った時、蜷川さんが亡くなったニュースを聞いた時もそうでしたがみんな改めて人って死んでいくんだなあ〜と思いました。

ただ、エーコの書く本を読んでいて面白いと思った本はほとんどなかったような気がします。映画になった「薔薇の名前」は映画が良くて原作読んだけれど・・・原作はね?

作者も映画はね?ってことを言ってたようですが・・・。

ただ、私の関心を惹くテーマを取り扱った題材で書かれる本が多くて、つい手に取ってしまったりする。
この本も正直読んでつまらないんだろうなあ〜と思いながら、読み始めました。

まして私の嫌いな対談集だし・・・ね。

それなのに、予想に反して本書は結構興味深かったです。
出てくる本や本にまつわる関連情報もさることながら、単純に読んでいて面白かったです。
図書館で借りた本でしたがこれは購入して手元に置いておく予定。

【目次】
序文
本は死なない
耐久メディアほどはかないものはない
鶏が道を横切らなくなるのには一世紀かかった
ワーテルローの戦いの参戦者全員の名前を列挙すること
落選者たちの復活戦
今日出版される本はいずれもポスト・インキュナビュラである
是が非でも私たちのもとに届くことを望んだ書物たち
過去についての我々の知識は、馬鹿や間抜けや敵が書いたものに由来している
何によっても止められない自己顕示
珍説愚説礼賛
インターネット、あるいは「記憶抹殺刑」の不可能性
炎による検閲
我々が読まなかったすべての本
祭壇上のミサ典書、「地獄」にかくまわれた非公開本
死んだあと蔵書をどうするか
訳者あとがき 本の世界はあたたかい
主要著作一覧
もうすぐ絶滅するという紙の書物について(amazonリンク)
posted by alice−room at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説A】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

「清く正しい本棚の作り方」(TT)戸田プロダクション スタジオタッククリエイティブ

御多分に漏れず、購入した本が溢れ、今回の10連休も引っ越し荷物の荷解き・整理(=段ボール箱に入った本の取捨選択と掃除)で終わりそうな私には必須であろう・・・読書家必須の本棚を扱った本棚作成のノウハウ満載の本です。

実際、家買って引っ越してきて早々に本の収納問題に直面し、まずは大量収納で安価に引かれてIKEAのBILLYの2m越えを2本購入して、とりあえずは本を入れたもののまだまだ足りない。

とにかく8畳の部屋の大半を占める段ボールの整理の為、ルミナスの棚を2個購入して捨てる本を除いた手元に残す本を新しい段ボール箱に詰めて、それをルミナスに積む作業で早2日半を費やす。残りあと10箱ぐらいになってようやく今後の本棚について、考える余裕が出てきて手に取った本。

以前から2ちゃんの本棚スレで本書の名前は聞いていたのだけれど、たまたま図書館で見つけて読んでみました。これは納得でしょう♪

本棚作成のコンセプトもシンプルで大量に収納できる本棚、且つ背表紙一覧できる本棚(これがまた素晴らしい!!)の自作であり、書かれている内容が実に使えるまさに実用書になってます。

本書を読了してこれは実際に購入しようと即、決定した本になります。

まあ、去年、玄関先の空きスペースに棚作ったり、今年は一切手入れしてなかった芝生の剪定と管理に挑戦して芝刈り機や芝刈り鋏も買ってなかなか本棚作成までは難しいのだけれど、来年か再来年には着手できるかと。

今年はもう数日使って残りの段ボール箱を整理し、年内にはすべての箱を開封したいなあ〜。開ける毎に埃まみれの掃除と雑貨(不燃ゴミ)の廃棄が大変なのですが、不要な本は今回も7箱ブックオフに送りました。
ああ〜面倒・・・。

残りの10箱が終わったら、本棚二つに入っている本や雑貨を全部おろして、サイズ・ジャンル毎に整理しなおして入れ直し作業が発生します。そしてそこで入りきらなかったものや新たに不要なものになったものはゴミとして廃棄orブックオフへ送付。

再度、段ボール箱に詰めて、新たに本棚購入してから本の収納・・・って段取りなんですが・・・本書を読んで自作も有りだなあ〜と思っているところ。う〜ん、悩ましい限り・・・。





【目次】
第1章 薀蓄編
1.我々はなぜ、本棚を「自作」するのか?
2.自作本棚のメリット
3.イメージを固める!
第2章 設計編
1.詳細設計
2.全体図の描き方
3.木取り図の描き方
第3章 材料編
1.材木屋に行こう!
2.建具屋で切ってもらおう!
3.ホームセンターに行こう!
第4章 組立編
1.組み立て前の下準備を行なう
2.いよいよ組み立て作業を開始する!
3.仕上げ作業
第5章 塗装編
1.塗装工程の概要
2.下地処理(パテ盛りとヤスリがけ)
3.ペンキ塗り(下塗りと上塗り)
4.水研ぎと仕上げ塗り
5.最終仕上げ
第6章 設置編
1.本棚の設置方法
2.本棚の電装方法
3.規格化された本棚の並べ方
第7章 実践編
1-1板の材質と特徴
1-2木取り図を描こう
2-1建具屋に裁断依頼
2-2パネルソーとは?
2-3いよいよ裁断開始!
2-4職人の仕事
2-5ホームセンターのパネルソー
3-1工具と材料
3-2 便利道具と代替道具 他
第8章 資料編
1.奥行き145ミリタイプのパリエーション
2.本書第7章「実践編」の木取り図


清く正しい本棚の作り方(amazonリンク)
posted by alice−room at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 実用・ビジネスB】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

「バカが多いのには理由がある」橘 玲 集英社

経済関係で有名な橘氏の番外編的な感じの作品。
週刊プレイボーイに連載されていたコラムをまとめたものだそうです。

そのさいか、いささか扇情的な表現や必要以上に、神経を逆なでしかねない単語が並びますが、その辺はメディアに合わせたのかなあ〜とも思えます。

ただ、従来の橘氏の文章を読んでいる身としては、この本について違和感を覚えるのは否めません。
まあ、いつもどっかしら醒めていて、世間から距離を置いている立ち位置の著者からすると、あくまでも断面の見え方の問題なのかもしれませんが・・・それこそ、一部の方を炎上させるには向いているような本かも?(笑)

政治の部分。
う〜ん、まあ、マスコミやら一部の先導者に煽られたみんなの意見とやらが民意を代表すると信じるポピュリズムなんかが幅を利かし、誰も自分の目や耳を信じないし、自分の頭で考えようともしないのは変わらないからなあ〜。

誰もが自分の都合のいいことしか言わないし、事実を歪曲して自分の受け入られる全くの別物に加工してからじゃないと受け入れようとしないからなあ〜。

私も相当のひぬくれものであることは自認しているが、本書はかなり毒が強いです。
フェアトレードなんかも、個人的には絶対に信用していないので常々胡散臭く思っていましたが、本書でもその辺のからくりについて諸々書かれています。

表面的な取り繕いだけを見て、物事を気分やノリで判断し、周囲を煽り、結果として本来、意図していたこととは真逆の結果をもたらし、物事を台無しにする。

別にどんな国でもどんな組織でも起こっているし、やっているんだよねぇ〜。
うちの会社なんかにも教科書的な(というか小学生レベルの)正しさを教条的に部下に説き、それを丸投げしてやらせることで部署に混乱をもたらし、限界あるリソースの無駄使いで不要に疲弊し、結果的に相当な効率低下をもたらしながら、会社の方針として業務の効率性を上げる愚か者がいるが・・・はあ〜。

そりゃ、人辞めていくだろう。
頑張っている人ほど、能力のある人ほどね。

そんなことを頭に浮かべながら、本書を読んでおりました。

そうそう、ルワンダの虐殺辺りの記述は辛辣さを増しますね。
虐殺を行って、殺した人たちの家財道具一式を奪って、他国へ逃げてきた人たちを可哀想な難民として、メディアが取り上げ、その避難場所が空港近いという利便性から、ジャーナリズムも進んで採り上げ、NPOとかも支援を行う。

実態なんて関係なく、取材しやすい、絵になるがポイント。
NPOなら、手っ取り早く物資を配れて、実績作りになるのがポイント。

支援者から同情とともに、たくさんの資金を集める為の悲劇の演出。
ネタかと思われるような話がたくさん書かれています。まあ、私もその背景に関する事情は正直明るくないので、二次伝聞を鵜呑みにしているだけでなんとも言えませんが、おそらく事実なんでしょうね。

たくさんの死体の山ではもう煽情的な見出しにならなくなったメディア連中の求める、インパクトのある『絵』。そこから虐殺ではなく、四肢損壊で這う人々の苦しい表情でより煽るなんて外道か鬼畜の所業ですね。

もっとも何年か前のタイにも手足のないたくさんの物貰いがいましたね。
あれが同情をひくんだとか・・・。

朝早くに誰かが歩道に連れていき、夜にまた誰かがどこかへと連れていく。
あれもそれもビジネス。

本当にうんざりします。
そういやあ〜今の国連事務総長も偏見と利己主義の塊で最低ランクに見えますが・・・国際政治の舞台なんて大国のエゴの張り合いですもんね。

そのおこぼれに与ろうと第三国が集まり、既得権益として国連で好き勝手なことやってるわけで、そりゃ大国は距離を置き、都合の良い時だけ国連の名を持ち出す。

もっとも前国連事務総長のアナンさんでしたっけ?
息子をイラクの石油関連の組織のトップにつけて、兆円単位で横流しやら横領やらをやりまくってBBCとかにも大きく報道されてましたねぇ〜。

日本だとあまり記事になりませんが・・・。
タレントのゴシップやら政治家発言の揚げ足取りで、庶民に媚びうるマスコミには、そりゃ興味ないでしょうけれど・・・。

衆愚政治こそが民主主義の帰結なのか・・・・先が見えませんね。

とにかく、現在の環境から早く逃れたいと切望する私なのでした。

本書ですが、興味深い点もあるけど、この本はこの本で細かいことはしょって洗浄過ぎ。
読んでいて、不快感も結構あります。

なんかいろいろと辛いことを心に思い浮かべた本でした・
お勧めしません。
【目次】
私たちはみんなバカである
1 POLITICS政治(ニッポンの右傾化
嫌韓と反中
「日本を取り戻す」政策
ニッポンはどこにいくのか?)
2 ECONOMY経済(ブラックな国
イエという呪縛
自虐的な経済政策
経済は面白い)
3 SOCIETY社会(ニッポンの暗部
腐った楽園)
4PSYCHOLOGY心理(こころの内側)
地獄への道は善意によって敷き詰められている


バカが多いのには理由がある(amazonリンク)
posted by alice−room at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 未分類B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

「中世の修道制」上智大学中世思想研究所 創文社

三省堂池袋の第1回古書市で購入したもの。
基本、リブロ時代のと同じノリですね。出している古書店も同じところがほとんどかな?
少し違う古書店さんもいたようだけれど・・・。

さて、インフルの検査を病院で受けながら午前中に拾い読みしてた。

もともと大学の紀要とかに載せてたのを本にしたのでそれぞれの章は完全に独立している。
こないだ行ったベルギーのペギン会のところとシトー創立のところだけ、読み終えたとこ。

う〜ん、微妙かな?
貴族とか金持ちの子女が持参金付きで教会に入るのとは別で、在俗のまま、使途的清貧生活を送るってことなんですね。知らないまま、白鳥のいるところで記念写真撮りまくってましたが、いろいろと分かると興味深いです。

ハンザ同盟の主要な拠点であるブルージュやゲントなど、ふむふむと勉強になりました。
個人的にはまたムール貝食べて、ランビック飲んで、チョコ食べまくりつつ、たくさんの絵画を観に行きたいなあ〜。IS関連が落ち着くまでは、ちょっと治安が不安だけれど・・・・。
【目次】
1 東方キリスト教修道制の起源と展開
2 ビザンツの修道制
3 アウグスティヌスの修道霊性
4 ガロ・ロマン末期のローヌ修道制―レランス修道院とその周辺
5 聖ベネディクトゥスの『戒律』とその霊性
6 隠修士とその時代―ラ・グランド・シャルトルーズ修道院を中心に
7 シトー創立と「使徒的生活」
8 騎士修道会の創設とその日常生活―Templiersを中心として
9 最初の律修参事会―プレモントレ会の創立をめぐって
10 フランシスコ会の創立をめぐって
11 ドミニコの霊性と説教者兄弟会―言の新たな次元の開披
12 ベルギー中世のベギン運動
13 イグナティウス・デ・ロヨラの神秘体験―イエズス会の霊性の起源
posted by alice−room at 17:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 【書評 宗教B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする