2009年01月26日

「不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界」西尾 維新 講談社

kakokimiboku.jpg

確かに西尾氏の作品は、面白いものが多いし、はまると思いっきりはまるものも多い。シリーズ物の場合は、よくあることだが段々つまらなくなるのは致し方ないとして、単なるファン向け(内輪向け)の作品であっても、とりあえず面白いければそれもありだろうと思う。

しかし&しかし、この作品ははっきり言っていただけない。シリーズを読んできた私であっても、どこが面白いのか・・・? 全く理解できない???

良くも悪くもミステリーとして以前だったら、ひねりにひねって、絶対に予測できるような展開にしなかったくらいのこだわりを感じたものだが、なんていうか、味気ないというか、砂を噛む思いというか、小説を読んだ気にならないのである。

プロットなんて、もはや【死語】ってくらい、視野に入っていない感じがしてならない。「刀語」以後、そこいらにいるラノベ作家並みかそれ以下にまで魅力が薄れているようでならない。

バックアップでもスペアでも何でもいいのだけど、面白くない小説はこれは罪だと思う。日経新聞を読んでいた方が面白いんだもんなあ~。

表紙の絵は、詐欺ジャン!(まあ、深いつっこみは置いといて)

学園推理物と一応ジャンル的にはなるのかもしれませんが、これが西尾氏の作品というのは、正直がっかりしました。でも、次回作の黒猫さん絡みのエピソードはきっと読んでしまうんだろうな。そういう自分が哀れでもあります。

黒猫さんのファンなら、できるなら、もう読むのはやめておいた方が幸せな気がします。個人的には、絶対にお薦めしません。なんか、すごいストレス溜まってます・・・。

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界(amazonリンク)

ブログ内関連記事
「きみとぼくが壊した世界」西尾維新 講談社
「不気味で素朴な囲われた世界」西尾維新 講談社
「きみとぼくの壊れた世界」西尾維新 講談社
posted by alice-room at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック