2009年08月30日

ACCESS用VBAサンプル インデックス

データ件数が増加してきたので、作成したプログラムの処理速度の低下が気になるようになりました。インデックスの作成は、当然考慮していたんだけど、プログラムへの組み込み方が分からず、後回しにしてしまいました。

最近、その弊害の方が大きいのでようやく方法を探し出し、修正しました。結構、作業効率UPすると思うんだけど・・・?
SQLのアクションで
インデックス作成(重複無し):
create unique index インデックス名 on テーブル名 (フィールド名)

インデックス作成(重複有り):
create index インデックス名 on テーブル名 (フィールド名)

インデックス削除
drop index インデックス名 on テーブル名 ← フィールド名は不要
VBAとして組み込むなら、

DoCmd.RunSQL "create unique index インデックス名 on テーブル名 (フィールド名)", -1

DoCmd.RunSQL "drop index インデックス名 on テーブル名", -1
ラベル:VBA SQL access
posted by alice-room at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 【備忘録B】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック