2006年02月22日

P・マルチンクス氏死去/元バチカン銀行総裁

P・マルチンクス氏死去/元バチカン銀行総裁、の記事
【四国新聞社より以下転載】
ポール・マルチンクス氏(元バチカン銀行総裁)AP通信などによると、20日、米アリゾナ州の自宅で死去、84歳。

 米シカゴ郊外の生まれ。カトリック大司教に任じられた後、71年から89年まで、バチカン市国の財政を握るバチカン銀行総裁。82年、同銀と関係の深いイタリアの銀行家が変死、この銀行は不正融資事件への関与が疑われた。事件は小説や映画にもなり、大スキャンダルになった。(ローマ共同)

知りませんでした。あのイタリア最大の銀行の倒産に絡み、2代前の法王死去の際にも疑惑の渦中であったマルチンスク氏がお亡くなりになったとは…。タックス・ヘブンの国で作ったペーパーカンパニー経由で、問題の多き会社に投資をしていて物議を醸し出したり、マフィアとの関係も取沙汰され、バチカンから一歩でも出たら即拘束。と聞いていたのに、いつのまにかアメリカに戻られていたとは。これでまた、闇が一つ闇のままで終わってしまったんでしょうね。

関連ブログ
「法王暗殺」デイヴィッド・ヤロップ 文芸春秋
「バチカン・ミステリー」ジョン コーンウェル 徳間書店
「法王の銀行家」殺害で4人起訴 CNN
「教皇の銀行家」殺害で4人を起訴
法王の銀行家 2002年の映画
「世界を支配する秘密結社 謎と真相」 新人物往来社


posted by alice-room at 22:48| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【備忘録A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。