2006年04月07日

ユダの福音書の内容は、確実にじらされることを約束する

ユダの福音書

【日本語訳】(訳すのに、疲れ果てた・・・涙)

罵られたり、軽蔑されて歴史上もっとも嫌われてきたユダの評価がまさに様変わりしようとしている。ユダの福音書の英語訳が出版者(米国地理学協会)からまもなく発表になります。テレビ番組でも4月9日に公開されるドキュメンタリーの宣伝材料を放映しています。

最終的にはエジプトに返却されるパピルス文書ですが、1980年頃にそこで発見されたもので、西暦150年頃にギリシア語で書かれた福音書を3世紀か4世紀にコプト語で写したものです。この変わった福音書の中身はイエスがユダを許し、砂漠で懺悔するように彼を見送ったというものです。

ユダはイエスのお気に入りの弟子でした:聖書古代言語学の権威であるロビンソン氏によると、ユダはイエスを裏切った時に神学上の天意を果たしていました。そうすることで、イエスが世界の罪の為に、また人類を救う為に死ぬことを可能にしました。

その文書を所有するスイスに本拠地のある財団とナショナル・ジオグラフィックは、選ばれたごく一部の人にだけ、それを何年もの間、調査させていて、ロビンソン氏はそこから閉め出されていたそうです。

このロビンソン氏が書いたユダの福音書に関するものが『ユダの秘密』で、誤解された弟子と彼の失われた福音書の物語です。彼は新約聖書が語っていることを調査し、1983年にジュネーブで300万ドルの売り物として国際的な古代遺物市場で出て以来、できる限りあとを追ってきました。

そのような遺物がすべての研究者に利用できるようにし、ある者達に独占されるべきでないという原則がしっかりと公約されていたので、ロビンソン氏はこの場合に公開されたものがあまりに足りないのに明らかに失望していた。その一部の者達が出版に取りかかるまでは、彼ら以外の研究者はコプト語のテキストに基づいた研究はできないだろうと筋書きを見ている。

しかし、彼はインターネット上にある文書の写しに基づいて自信に満ちた予測をしている。「その文書はイエスやユダについてそれほど多くのことを語らないし、歴史的なイエスやユダについても新しい事は何も語りません。それらは2世紀中頃のグノーシス派(セクト)について語ります。」

グノーシス主義は、正統な見解になったことによって初期の教会で抑圧されたキリスト教の対抗馬でした。

ロビンソン氏が言及するセクトはカイニティーズで、嫉妬からアダムとイブの息子であり、兄弟であるアベルを殺害した聖書上の悪役にちなんだものです。

重要なことは、それがゲッセマネの庭でローマの兵士にイエス・キリストを裏切って、自殺したイスカリオテのユダによるものではなく、彼の死後一世紀以上後に書かれたものであり、異教を追い詰めることを専門に扱った初期の教父によって、古代の文書の中でで言及されていることです。リヨンのエイレナイオスは西暦180年の文書で、4世紀中頃のキプロスではエピファニウスによる文章で。

私達が知っている福音書ではないぼろぼろの遺稿に大騒ぎするのは何故なんでしょう?それはイエスの話でもなく、本来はは異端の長く廃れたセクトの宣伝文書でしかない。

研究者はいつもそういったことに関心を持ち、それの訴えるものが何故、そんなにまでも広がりうるのかについての仮説をロビンソン氏は持っている。例えば、死海文書やナグ・ハマディ文書とかこれは、聖書内部のことについて聖書の外側にいる私達に大いに語ってくれるものだから。

グノーシス派であるカイニティーズによりギリシャ語で書かれたユダの福音書については、キプロスの司教が、教会によって抑圧されている福音書として言及している。

ニューヨークのロングアイランドにあるシティバンクに保管されてると信じられています。

裁判で盗作容疑が晴れれば5月に世界中で公開される映画「ダ・ヴィンチ・コード」とも避けがたい結び付きがあるそうです。

ダ・ヴィンチ・コードの成功が世界中に広まり、人々が次のものを渇望している、とロビンソン氏は言う。ダン・ブラウン氏は伝統的なキリスト教に対して疑念の目を向ける人々の風潮に乗ったのであり、ユダの福音書が登場するにはまさにうってつけの機会だと。

300万ドルの提示価格は、参加者にとってあまりにも高かったが、1980年代後半と90年代初期に売主と接触を取ろうとしたけれど、成功しなかったそうです。2000年には、イエール大学に提供する話があったけど、イエールでは拒絶したそうです。その代わりにマイケナス財団が所有することになりました。

翻訳は2000年ぐらいには始まっていたかもしれません。2004年7月に、優れたコプト語の専門家のルドルフ・カーサーは、作品を編集していると発表しました。その後、ある報告によれば、100万ドルの価値のある出版権の取引が財団とナショナル・ジオグラフィックの間で合意されました。

狙いは、今年、復活祭以後ちょうど秋までに出版する為でした。これはまだ目標で、更なる断片が得られたので、福音書の完全な出版は遅れるかもしれないと2月に発表されました。

「私はこの新しいパピルス写本が、ユダについて私達が思っていることを変えるとは思いません。しかし、啓蒙以来、伝統的にユダに与えていたイメージがより良いものになった人達もたくさんいます。」

ユダを弁護する最も学問的な試みは、通常裏切りと解釈されるギリシアのフレーズの意味にかかってきます。このもっとも良い翻訳が引き渡すことであるという議論がある。それは、イエスが殺されるのを知りながらイエスを裏切ったというよりも、彼らの考えを公に審査してもらうように誰かに示す古くからのやりかたで、ユダがイエスを当局に引き渡したということである。

ロビンソン氏は、マタイによる福音書、マルコによる福音書、ルカとヨハネによる福音書の慎重な考慮の後、弁護を拒否します。

「私は彼新約聖書の著者がマタイによる福音書やルカの使徒行伝でユダの後悔と自殺に触れているので、彼らがユダの潔白を証明しようとしていると本当に思えません。彼らは聖書の遂行としてそれを示しています。」

「これらはすべてが神やイエスの計画通りになされたと言うために福音の神学には、ある意味で必要であり、マルコによる福音書はこれの全てがイエスに知られていて、聖なる救済計画であることを明らかする為に多くの時間を費やします。」

しかし、たとえ私達がユダを裏切り者としておくにせよ、以前ほど過酷にする必要はないとロビンソン氏は信じています。彼は弟子の誰もイエスの神の使命についてすぐ理解できなかったと主張し、イエスを裏切ったことで有名なペトロがやや多く崇拝されていることに気付きました。

「我々は、雄鶏が鳴いて、命のために走って逃げる前に、3度裏切ったペテロの為に、世界最大の大聖堂を建設しました。」

「キリスト教史におけるユダの扱いは、マルコによる福音書に書きとめられた反ユダヤ的な含みを持つような人々以上にひどいものだった。」

ロビンソン氏の一番の懸念は、学術的なものであり、むしろ神学的なものです。出版が、復活祭とダ・ヴィンチ・コードの映画のプレミアの期間に間に合うように急いだ結果、出てくるのがすべての福音書でなくなるのではないかということです。

「いくつかの断片が適切でなかったり、推測による読解が正確でなかったりということは、一般読者には分からないだろう」と言う。「それは私達研究者が来るべき年に心配する問題になるでしょう」

この記事に出ている本:『ユダの秘密』 
The Secrets of Judas: The Story of the Misunderstood Disciple and His Lost Gospel(amazonリンク)

関連記事
Not so secret gospels
時間があれば、こちらも訳すけど・・・。時間が・・・。

関連ブログ
ユダの福音書(試訳)
『ユダの福音書』4月末に公刊
イスカリオテのユダ、名誉回復進む!
NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2006年 05月号&「ユダの福音書を追え」

こちらが元ネタのオーストラリアのニュース記事
Revelations and betrayal
【THE AUSTRALLIANより、原文転載】
REVILED and despised Judas - history's least favourite disciple - could be on the verge of a moral makeover. Far-fetched? Sure, but with the release of the English version of an antique document called the Gospel of Judas imminent, its publisher, the National Geographic Society, is tantalisingly tight-lipped, so anything is possible.
All that secrecy will end next week when there will be a press conference in Washington to reveal all. Not about the gospel but about the society's plans for its roll-out. Only one thing is clear already: the society's television channel is airing promotional material about a documentary to be shown across the world on April 9.

It is a fair bet the society's magazine will be full of it and there will be at least one book, given the only profit out of the deal will be from those sources: the papyrus document will eventually be returned to Egypt, where it was discovered in about 1980. It is a third or fourth century Coptic-language copy of the Greek original version of the gospel written about AD 150.

Scuttlebutt about the contents of this unusual gospel has it that Jesus forgave Judas and sent him off to repent in the desert; that Judas was Jesus' favourite disciple; and, likelier, according to biblical and ancient languages authority James M. Robinson, that Judas was fulfilling his theological destiny when he betrayed Jesus, thus enabling Christ to die for the sins of the world and save mankind.

To the chagrin of some in scholarly circles, National Geographic and the Swiss-based Maecenas Foundation for Ancient Art, which owns it, have had a few chosen experts beavering away for years, quietly deciphering it. Robinson, now retired, is among those excluded from this team. He was permanent secretary of the UNESCO committee that translated the Nag Hammadi codices, a collection of early Christian writings named for the place of their discovery in 1945 in Egypt. Robinson has written a book about the Judas material, which is also due for release in the US next week by HarperSanFrancisco.

Called The Secrets of Judas: The Story of the Misunderstood Disciple and His Lost Gospel, Robinson has examined what the New Testament says about Judas and tracked, as far as possible, the long journey of the gospel since it emerged on the international antiquities market in 1983 for inspection and sale for $US3 million in Geneva.

Firmly committed to the principle that such antiquities should be available to all scholars and not hogged by some, Robinson is clearly disappointment by the lack of openness that has applied in this case.

"I see a rather cynical scenario in which those of us outside the inner circle will still not be able to study it as scholars on the basis of the Coptic text until they get around to publishing it," he complains during a telephone interview from his home in Canada.

But he knows enough to make a confident prediction based on copies of the leaves of the document that have been on the internet: "They do not tell us much about Jesus or Judas and do not tell us anything new about the historical Jesus or Judas. They do tell us about a mid-second century Gnostic sect."

Gnosticism was a rival version of Christianity that was suppressed in the early church by what came to be the orthodox view. The sect to which Robinson refers is the Cainites, named for another biblical villain, the son of Adam and Eve who killed his brother, Abel, out of jealousy. So it is important to understand this document is not the work of Judas Iscariot, who betrayed Jesus Christ to Roman soldiers in the garden of Gethsemane and killed himself.

It was written a century or more after his death and, indeed, is mentioned in ancient writings by early church fathers who specialised in hunting down heresy: Irenaeus of Lyons, writing in about AD180, and Epiphanius in Cyprus in the mid-fourth century.

So why the fuss over tattered remains of something that is not a gospel as we understand the word - that is, not a story about Jesus - that is not by the person for whom it is named and is essentially a propaganda document for a heretical, long-dead sect?

Such things are always of interest to scholars and Robinson has a theory about why their appeal could be much broader.

"We are in a time when non-canonical things have had their recognition," Robinson says. "For example, the Dead Sea Scrolls and Nag Hammadi, and this is another appeal to what's outside the Bible telling us about what is inside the Bible."

There is the inevitable connection to Dan Brown's novel The Da Vinci Code, the movie of which will hit the world's cinemas in May if it clears a plagiarism charge in a London court in time. The judge has promised a verdict before Easter.

"The Da Vinci Code's success is because these things are floating in the air and people are eager for the next one," Robinson says. Brown has, he says, "played on the vibes that turn people on today regarding suspicions about traditional Christianity".

What a perfect time for Judas's gospel to emerge. Robinson was invited to join a small group of scholars who inspected it in 1983 but was unable to make the trip and designated a student of his to make an assessment. The $US3 million asking price was too high for any of the participants, but in the late 1980s and early '90s Robinson made further, unsuccessful attempts to contact the vendors.

It is thought by then the document was in a Citibank safety deposit box in Long Island, New York. In 2000, Yale University was offered the document but rejected it. Instead, it came into the possession of the Maecenas Foundation. Translation may have begun as early as 2000. In July 2004, eminent Coptic-language expert Rodolphe Kasser announced he was editing the work.

Thereafter, according to one report, a deal for publication rights worth the best part of $US1 million was struck between the foundation and National Geographic.

The aim was for publication to fall just after Easter this year. This is still the goal, but in February it was announced that there could be a delay in full publication of the gospel because further fragments had been acquired. National Geographic can safely bet on making a big splash with its publications, but Judas may well be stuck with his ghastly reputation.

"I do not think this new papyrus manuscript is going to change anything about what we think about Judas," Robinson says. "But on the other hand there have been - especially since the Enlightenment - a rather large number of people who tried to give Judas a better image than he has traditionally had."

The most erudite attempt to defend Judas rests on the meaning of the Greek phrase usually interpreted as betrayal. There is an argument that a better translation of this is giving over, so that Judas gave over Jesus to the authorities in the time-honoured way of presenting someone so their ideas could be officially tested, rather than betraying Jesus knowing he would be killed.

Robinson rejects the defence after careful consideration of the biblical gospels by Matthew, Mark, Luke and John.

"I cannot really think that the New Testament authors are trying to vindicate Judas because they do have his remorse and his suicide in Matthew and in Luke's Acts and they are presenting it as a fulfilment of scripture," he says.

"These are in a sense necessary for the theology of the gospels to argue that everything has gone according to God's and Jesus's plan and Mark spends a lot of time making clear that all of this is known by Jesus and his divine plan of salvation."

But even if we are content to leave Judas as a betrayer, Robinson believes there is no need to be as harsh on him as in times past. He argues none of the disciples were quick on the uptake regarding Jesus' divine mission and finds it a bit rich that Peter, who famously betrayed Jesus, is venerated.

"We built the biggest cathedral in the world in honour of Peter who betrayed him three times before the cock crowed and ran for his life," he says. "The treatment of Judas in the history of Christianity has been so much worse than the treatment of the other people who are put down by Mark that it does have anti-Semitic overtones."

But his immediate concerns are scholarly, rather then theological: that publication has been rushed to accommodate the window between Easter and the premiere of the film of The Da Vinci Code and that it may not be the whole gospel that appears.

"A lay reader will not know some fragments are not yet in place or that some conjectural readings are not accurate," Robinson says. "That will be a problem for us scholars to worry about in the coming years."


posted by alice-room at 00:47| 埼玉 ☁| Comment(14) | TrackBack(3) | 【ニュース記事A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがalice-roomさん。情報が早いですね。
NHKニュースでも取り上げられ、なんと非常に政治色の濃い勝谷さんのブログでもこのニュースが取り上げられていました。月末には日本語版もでるようですね。私はそちらを待ちます。
Posted by bonejive at 2006年04月07日 16:50
bonejiveさん、こんばんは。NHKでもやったんですか、すご~い! なんかダ・ヴィンチ・コードの余波もあって盛り上がりそうですね。
日本語版も出るんですか。だったら、私もそちらを買おうっと(笑顔)。いろんな情報を有り難うございました。
Posted by alice-room at 2006年04月07日 19:07
28日のナショナルジオグラフィック日本語版にも出るそうじゃないですか。のぞいてきてくださいね。
Posted by seedsbook at 2006年04月07日 19:09
28日のナショナルジオグラフィック日本語版が私のいう日本語版です。解読までのドキュメンタリー等の情報も出てます。詳しくはナショナルジオグラフィックのHPをお楽しみください。定期的に内容が更新されるようです。楽しみですね。
Posted by bonejive at 2006年04月07日 22:40
seedsbookさん、bonejiveさん、情報どうも有り難うございます。早速、ナショナル~のサイト見てきました。面白そうですね。うちで見れないのが残念ですが・・・涙。
かかさずにHPもチェックしていきたいですね(ワクワク)。
Posted by alice-room at 2006年04月08日 03:06
alice-room様、お疲れさまでした。
英語を読まなくてすみ助かります。
日本語もわかりやすく勉強になりました。
確かにぺトロとユダとくらべるとぺトロの方が裏切り方は酷いようにとれますね。
当事者で無い私達が想像で比べても意味なしですが。
もう御存知かと思いますがダンブラウンは勝訴したようです。
Posted by bonejive at 2006年04月08日 10:54
勝手にTBして失礼しました。
ページ拝見させて頂いて、非常に勉強になりました。
日本語版楽しみですね。
これからも中身の濃いコンテンツを期待しています。
またちょくちょくお邪魔させて頂きます。
Posted by 地中海欧羅巴くらぶ at 2006年04月09日 17:41
bonejiveさん>こんばんは。モノの見方次第で、いかようにも捉え方の変わる好例かもしれませんね。ペテロとユダも。
そうそう、やっぱり裁判勝ったようですね。うちのブログでも採り上げなければと思いつつ、後回しになってます。やばい・・・(笑)。

地中海欧羅巴くらぶさん>こんばんは。いえいえTB&コメントこちらこそ有り難うございます。ナショナル・ジオグラッフィクから今月末に出る特集も面白そうですよ~。忘れなければ、私も飼う予定です。これからも宜しくお願いします。
Posted by alice-room at 2006年04月09日 19:40
翻訳、すごいですね!

英語訳を読もうかと思いましたが、『ユダの福音書を追え』が刊行されるのを待とうと思います(^^;;
Posted by Megurigami at 2006年04月12日 20:24
Megurigamiさん、こんばんは。ナショナル・ジオグラフィックさんのサイトも充実してましたけど、なんでも裏というか、見方を変えてみると、こんなにも違うのかなあ~って思ったので頑張って訳してみました。
日本語訳があるならば、やっぱりそっちの方が私もいいです(苦笑)。でも、早く読みたいですよねぇ~(ワクワク)。
Posted by alice-room at 2006年04月12日 21:59
久々にコメントさせていただきます。ついにnational geographic「ユダの福音書」出ましたね。テレビはこの本の内容とほとんど同じでした。イエスとユダの再現ドラマ仕立てでした。こちらの日本語訳がかなりの内容を含んでいます。
Posted by bonjieve at 2006年04月29日 00:36
bonjieveさん、こんにちは。そういえば発売されたんでしたっけ? 気にはなっていたのですが、まだ見ておりません。GW中に見たいとは思っていたのですが・・・。う~忘れてばかりで情けない(涙)。

>テレビはこの本の内容とほとんど同じでした。
>イエスとユダの再現ドラマ仕立てでした。こち
>らの日本語訳がかなりの内容を含んでいます。

TVは見れなかったので是非、読んでみたいと思います。早速、本屋さんに行ってみますね。情報有り難うございます。ちょっと楽しみです(ワクワク)。
Posted by alice-room at 2006年04月29日 17:32
当地には2大スーパーのチェーンがありまして、双方ともに週間新聞を出しています。
そのうちの一つにユダの福音書が載りました。
というか、福音書を追え、の話のほうですね。
かの本の修復にあたったスイス人女性フローレンス・ダーブルに焦点をあてながら、内容にも言及しています。
で、ジュネーブの近くのコロニーというところの博物館で展示されているというのを知って興奮のあまり書き込んでしまいました。
こちらではすでに旧聞に属するかなぁ、とも思ったのですが。
電車賃が高いのでうなってますが、そのうち見に行きたいです。
Posted by OZ at 2006年12月07日 07:21
OZさん、それはなんとも羨ましいお話ですね! 是非、実物を見たいですよねぇ~。そういえばそうですよね。スイスの財団が買い取ったんですもんね。もしご覧になる機会があれば、感想教えて下さいね。
死海文書はイスラエルにあるわけだし、そちらも是非見てみたいですねぇ~。
Posted by alice-room at 2006年12月07日 19:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

シークレットバイブル3デイズ
Excerpt: 映画「ダヴィンチコード」公開を直前に控え予想通りこれに関連したプログラムが登場した。 ケーブルテレビ系でナショナルジオグラフィックチャンネルで 4月28、29、30日3日間連続放送。 第一夜..
Weblog: Favorites Lab.
Tracked: 2006-04-07 16:46

National Geographic~ユダの福音書を追う??
Excerpt: ついに発売された。「ユダの福音書を追う」National Geographic 5月号。 あわせてケーブルテレビNational Geographic ChannelでSecret Bible 3d..
Weblog: Favorites Lab.
Tracked: 2006-04-29 00:29

ユダの福音書を追え:ハーバード・グロスニー/日経ナショナルジオグラフィック
Excerpt: ユダの福音書を追えposted with amazlet on 06.07.26...
Weblog: Talking in the 5th-Dimension
Tracked: 2006-08-17 01:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。