2010年10月12日

「零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係」西尾維新 講談社

ずいぶんと久しぶりに子荻ちゃんが出てくるなあ~と思っていたのですが、出番少ないかな? 玉藻よりは子荻ちゃんでしょうに・・・。

と勝手な個人的趣味はおいといて。
うん、面白いし、一気に読めるんだけど、正直なところ、アレっ?ってな感じが拭えない。

完全に普通の面白い読み物レベルで、西尾維新の作品たる他作家との差別化は見当たらない。まあ、読者は常に前作以上のものを求め、同時に前作とは違った新奇さを要求するのだから、酷な話ではあるものの、それに応え続けてきた著者の作品の延長線上で考えるならば、物足りないというのが実感でしょう。

意外性はなく、特に伏線らしい伏線もなく、読み物なんだよねぇ~。

まあ、人識と出夢の絡み(?)なんで、気にはなっていたものの、所詮野郎(精神的にはね)同士だから、どうでもいいってのもある。

ストーリーの破綻はないが、予定調和でうまくエピソードとしてはまとまっている、その事自体が満足の欠如につながるというのは、なんだかねぇ~。

まあ、化物語の委員長ちゃんの方にエネルギーを割いてくれていることでしょう・・・ということでコレはコレでヨシと。戯言ファンなら、どうせ読むのは間違いないしね(笑顔)。

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社ノベルス)(amazonリンク)

ブログ内関連記事
書評 西尾維新カテゴリ。
posted by alice-room at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック