2010年11月07日

「難民探偵」西尾維新 講談社

nanmin.jpg

最近、アニメ化された「化物語」等で西尾氏のファンになった層にはおそらくついていけない、面白いとは思えない(くいつかない?)正統派のミステリ系推理小説です。

受けないし、売れないでしょうね。

でも、私はこの作品好きですね!! 
個人的には十分に評価に値する面白い、魅力ある作品だと思います。

逆に言うと、この手の作品を誰よりもきっちり書けるだけの力量のある作家が、戯言シリーズや「化物語」系の作品を書いているのが、また、興味を惹くんですけどね。

「ニンギョウがニンギョウ」とかに比べれば、これははるかに常識の範囲内で正統派の範疇。知らない推理作家の作品として読んだら、この作家のシリーズ、読んでもいいかも?って私なら思います。

ちょい京極かと錯覚を起こす事もしばしば。
最近、あちらは読んでないけど、あちらの作品よりは、こっちの方がプロット的に好きだなあ~。

キャラ立てにしても、いつものような、過剰で異質で、あざといまでの記号化はなく、探偵役としては実に地味にいい味出してるカンジ。それでいて、しっかり性格付けできている。

ワトソン役の腑抜けたニート系お姉ちゃんは、正直、タイプじゃないし、作中から排除したいぐらいなんですが、必要なんでしょうね。周囲の特異性を際立たせる為と、読者と作品をつなぐ同時代性・共感を呼ぶ為の反射的存在としてのダミーってところなんでしょうか?

病院坂黒猫はいないのよ、トホホ。なんとも残念です。

ネタバレしない程度に粗筋。
ネットカフェで殺人事件発生。隣のボックスにいた人物に容疑がかかるが・・・。

何故かその人物の身元引受人になる、どこにも就職できなかった限りなくニート寄りお姉ちゃん(一応、自宅外でバイト経験有り)。それを雇う、超売れっ子作家先生の叔父様。

推理小説としては平均水準かもしれませんが、なんとなく気になって続刊が出れば、確実に買いますね、私。

この作品については、お酒飲みながら、一緒に語りたかったなあ~。
1月に知り合いが亡くなっていたのに、喪中ハガキで知るまで、分からないでいた使えない私です。なんか、腑抜けているのは私か?

あの人もこの作品、気に入るのではないかと思ったんだけどなあ~。急逝されたのが1月だったら、まだ読まれてなかったかもしれない。ふと、そんなことを思いつつ読んだ作品でした。

難民探偵 (100周年書き下ろし)(amazonリンク)

ブログ内関連記事
カテゴリ【書評 西尾維新】 ・・・左側のカテゴリです。


posted by alice-room at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。