2011年02月13日

「バレンタイン上等」三浦勇雄 メディアファクトリー

まあ、今更この手のイベント物に興味のあるお年頃でもないのだけれど、たまたま手に取ったついでに読んでみた。

シリーズ中の二作目。一作目を読んでないまま読み始めたが、途中で経緯の説明もあり、一話完結式なので問題なし。

お金持ちだけど素性を隠して普通の学校に通う女の子と、完全に庶民の男の子の学園恋愛物。
そこに異世界人の介入とやらがあるのは、まあラノベの典型ですね。

悪くはないけど、あえて読むだけの面白さはないね。凡百の他の作品に埋もれてしまうことでしょう。

ストーリーは、学校内イベントとして、何故かお嬢様学校の女生徒達とバレンタイン企画で盛り上がる中、それがいつのまにか爆弾解体事件になっている、というまあ、なんつ~かそういう展開。

どうせ誰も読まないという前提でネタバレすると・・・。




異世界に報道されるドッキリ企画番組というしょーもないオチなのですが・・・。まあ、平和だねっと。

今時、こんなに重くないストーリーも珍しいか、逆に。最近、アニメとかも鬱展開が異様に多いからなあ~。お薦めはしないけど、健全な部類かもしんない。

バレンタイン上等。 (MF文庫J)(amazonリンク)


posted by alice-room at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説B】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。