2006年08月25日

京都散策シリーズ~伏見稲荷(8月20日)

京都 伏見稲荷 駅から見える鳥居

京都 伏見稲荷 楼門

朝7時の新幹線で10時前には京都に到着~。地下鉄でホテルに直行し、荷物を預けていざ京都散策スタート!!

JR奈良線で1駅目。ここも数年に一度は来てるかな? 一人で来る時も多いし、人と一緒に来る時もあるけど、今年は本当に暑くて大変な参拝となりました(汗・汗・汗・・・)。稲荷駅を降りるとすぐ眼の前に大きな鳥居を抜け、本殿の門が見えてきます。

京都 伏見稲荷 本殿

本殿は勿論、立派で大きいのですが、ここからどれほど歩くことやら・・・。ふう~。そういえば、何年か前の春に来た時は、ここで巫女さんが舞をやっていて、それから田んぼで早乙女をしてました。あれも神事だったんだしょうね。

京都 伏見稲荷

ご存知、お稲荷さんの朱塗りの鳥居です。伏見稲荷は全国のお稲荷さんの総元締めみたいなもんですから、どこの稲荷でも鳥居が続く風景は、当たり前ですが、ここ伏見稲荷は半端じゃありません。

山道の中に延々と続く参道は、ほとんど途切れることなく、この鳥居に天を覆われます。鬱蒼した林の中、朱塗りの色が鮮やかにいにしえから今につながる人の信仰の道を示しています。

京都 伏見稲荷

この昼なお暗い参道をどこまでも&どこまでも進んでいきます。徐々に、徐々に浮世を忘れ、なんか不思議な心境になるのが面白いです。参道は基本的に山を巡っていますから、息は切れる、足に来るとかなりハード。そこいらの神社仏閣の参拝とは異なり、気合の無い方は途中で戻る方もしばしば見受けられます。

もっとも何十分も参道の坂を登っていきますので、老若男女に係わらず、それぞれの思いが否が応でも生まれてきます。今回はとりわけ暑く(京都は35度や36度の日が多かった!)、私も濡れた手ぬぐいを首に巻き、格好などを気にする余裕もなく、ひたすら参道を登っていきました。今回は連れもいたので心配でしたが、無事に最後まで行けて本当に良かったです(笑顔)。

京都 伏見稲荷 狐の絵馬

奥の院にあった狐の絵馬です。ちょっとすまし顔のお狐さんですね。

京都 伏見稲荷

こちらは土鈴バージョンのお狐さん。

おもかる石

てっぺんにある石を持ち上げることができます。持ち上げた時、自分が想像していたよりも軽く感じれば、願い事が叶うそうです。私もやってみましたが、う~ん、想像よりも重い。って、願い事叶わないの~(涙)。

京都 伏見稲荷

参道の途中には、参道沿いに次から次へとこういったものがあります。いかにたくさんの人々が信心しているか、分かりますね。

京都 伏見稲荷

いささか幻想的な光景です。大きな蝋燭に照らし出される狐達。神秘的ですらあります。

京都 伏見稲荷

鳥居は続くよ、どこまでも~♪ 参道は、途中で下りも挟みながら、基本的にはひたすら上り&上り&上りで続いています。歩いているとたいていの人は自分がどこを歩いているのか、何をしているのか分からなくてなってきたりします。

ただひたすら道を進む、そんな感じだったりします。

奉納された鳥居の山

大きな鳥居だけではなく、小さな鳥居もたくさんあります。鳥居に捧げられている人の思いは、大きさに関係無く、これだけの数があるだけで圧倒するように訴えかけてくるものがありますね。

薬力の滝

写真ではうまく表現できていませんが、ある種のくぼみにあり、滝壺のようにへこんだところに水が注ぎ込まれています。その周りを大小の社が囲み、無数の鳥居や狐さん達のいる姿は、かなり強烈に訴えかけるものがあります!!

ヴィジュアル的にもインパクト大! 是非、苦労してここまで行ってみて下さいね。たいていの場合、人を連れてくると来るまでがどんなに大変でも「来て良かった」と言ってくれます。

狐の口からお水

これなんかも大好きな狐さん。結構、カッコイイと思うんだけど・・・。

京都 伏見稲荷

こんなふうにたくさんの鳥居が奉納されています。

不思議な木の根

こんなふうになっている木の根も珍しいですね。

京都 伏見稲荷

帰りだって、鳥居は延々と続きますよ~。

京都 伏見稲荷

こういうお社も下に行くとあります。

コンちゃん

私が伏見稲荷に来るたびに買い求める通称『コンちゃん』(私が勝手にそう呼んでるだけです)。なかなか聡明は顔立ちなうえに、商売繁盛のご利益を期待できるコンちゃんはお土産としても人気だったりします。

私も何人の女性にプレゼントしたことか・・・(って、オイ!)。以前は、私の机のうえにも飾っていて大きなプロジェクトの前には、祈願をかけていたりしたような・・・。

どうかお金に不自由しないようにしてネ!コンちゃん、ヨロシク~。

関連サイト
伏見稲荷大社 公式ホームページ
posted by alice-room at 16:46| Comment(7) | TrackBack(2) | 【旅行 散策B】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の春に行きました。リュックを背負ってお弁当もちでハイキングです。
伏見稲荷の参道にあるお店で、狐の顔のせんべい(甘い方のせんべいです)を売っています。おもしろいのでお土産に買いましたよ。
この鳥居の道を、運動部の高校生たちがどんどん走って登っていました。若いってすばらしいですね~♪
Posted by 大阪のマリア at 2006年08月25日 21:03
alice-roomさん、こんばんは
暑いなか、ご苦労様でした。
僕は、恥ずかしながら伏見稲荷は、前を1回車で通っただけで参拝したことがありません。
鳥居がこれだけ延々と続くと、どこか異界につながっていそうで面白いですね。一度ゆっくりと訪れてみたいところです。
過去記事で恐縮ですが、稲荷つながりで、TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
Posted by lapis at 2006年08月25日 23:53
大阪のマリアさん>こんばんは。ハイキングには、確かに最適かもしれませんね。
しかし・・・えっ、あそこを走っていくんですか?いやあ~、私は若い時でも絶対にできません(苦笑)。でも、凄いですねぇ~。
狐の顔のせんべい、お味はいかがでした?(笑顔)

lapisさん>最近、運動不足でしたので今回の旅はかなりハードなものとなりました(苦笑)。早速のTB有り難うございます。

結構な距離ですが、歩いてみるだけの価値がある素晴らしさです。lapisさんならお好きだと思います。機会があれば、是非どうぞ!
今度は京都でお会いします?(爆笑)
Posted by alice-room at 2006年08月26日 02:45
伏見神社。。。是非行って見たくなりました。
鳥居の並ぶ風景。。といったら良いのか、中々インパクトありますね。狐の絵馬の面白い。おもかる石というのは一体どういうところから来ているんでしょう?
Posted by seedsbook at 2006年08月28日 15:12
seedsbookさん、こんばんは。伏見稲荷は、お薦めです!! 片道40分くらいは鳥居の参道を登っていくことになりますが、それだけの価値はきっとあります。
もう、何度も行ってますが、人を連れていくとみんな必ず来て良かったと言いますし。是非、どうぞ!

絵馬も楽しいですが、おもかる石の由来って・・・? はてさて??? 実は私も知らなかったりしますが、なんででしょう。どっかに説明があったような気もするのですが、全然覚えていませんでした(苦笑)。

seedsbookさんが行かれる機会があれば、是非宿題にしてくださ~い。と勝手に人に振る私でした(御辞儀)。
Posted by alice-room at 2006年08月28日 22:48
alice-roomさん、こんばんは
性懲りもなく、稲荷について書きました。(笑)
元々は秦氏の氏神だった稲荷が、
これだけ日本全国に広まったということは、
良く考えてみると興味深いことだと思います。
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
Posted by lapis at 2008年06月01日 00:55
lapisさん、こんにちは。
秦氏の氏神だったんですか、お稲荷さんって。身近なモノなのに、ちっとも知りませんでした。本当にどこでも商売繁盛の神として祀られているのに・・・。
是非、lapisさんの記事、読ませてもらいますね。TB有り難うございました。
Posted by alice-room at 2008年06月01日 16:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

空海と稲荷
Excerpt: 空海と稲荷のエピソードを紹介する。有名な話なので、ご存じの方も多いと思う。 稲荷神縁起の中で最古の『稲荷記』(鎌倉中期??末期)によると、延暦三年、稲荷大明神は魏国より、日本に移ってきたが、御在所がな..
Weblog: カイエ
Tracked: 2006-08-25 23:47

稲荷と狐
Excerpt: 江戸時代には、様々な「はやり神」が現れては消えていった。宮田登『江戸のはやり神』によると、このはやりすたりの典型的な例が、太郎稲荷であったという。太郎稲荷は、浅草にあった筑後柳川藩立花家下屋敷の屋敷神..
Weblog: カイエ
Tracked: 2008-06-01 00:47