2006年09月05日

「蟲」坂東 真砂子 角川書店

まず最初にタイトルの「蟲」ですが、amazonでは「虫」で登録されていますが、本には「蟲」と書かれています。一応、ホラー文庫の一冊ですから、オドロオドロしくないとね!どっちが正しいのやら?

ちょっとだけ、歴史的なスパイスを効かしたところもあるが、基本は妊娠して情緒不安定気味の精神の危うさに重点を置かれた作品。あまりにくど過ぎてジメジメしながらも、さらに自家中毒を起こしたような心理描写は、私の偏見を差し引いたとしても絶対に男性にはかけない粘着質性のもので、凄いとは思うものの、個人的には嫌い。端的に言うと鬱陶しい。

でも、あれだけ書ければ、やっぱりそれはそれで才能なんでしょうけどね。そういえば、一時うちのブログでも坂東真砂子氏関係の記事にアクセスが増えたけど、ネット上で有名な動物殺しの件みたい。まあ、坂東氏ならやりそうですね。他の作品みても、かなり独特な性格をお持ちのようですし・・・。まあ、作品はあくまでも創作であり、著者の性格と必ずしも関連する訳ではないですが。

そうそう本の内容ですが、夫が偶然掘り起こした石の中に特殊な『蟲』がいて、それがまずは夫を、次には妊娠中の妻に寄生する。度重なる不可解な現象。次第に変化していく取り付かれた人々の性格・行動。まあ、オーソドックスなホラーですが、ホラーとしてはかなりつまらない部類。個人的には絶対にお薦めしません。

簡単に読めるけど、まあ、物足りないです。
しかし、嫌いとか酷評している割に結構な数、坂東氏の本読んでるのは何故?
虫(amazonリンク)

関連ブログ
「神祭」坂東 真砂子 角川書店
「イタリア・奇蹟と神秘の旅」坂東真砂子 角川書店
「旅涯ての地」坂東真砂子 角川書店
ラベル: 小説 ホラー
posted by alice-room at 23:13| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 【書評 小説A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネットで坂東真砂子の鬼畜事件を読んでびっくりしたOZです。
実は私も彼女の伝奇ホラーは結構たくさん持ってます。
”死国”“蟲”もそうですし、直木賞をとった“山姥”も。
面白いとは思いましたが、な~んか薄い、というのが感想でした。
傾向が好きなせいか何冊も買ったんですが、話に厚みがない。芝居の書割というか張りぼての景色を見てるみたい。
それでも猫事件まではそんなに彼女に反感はなかったんですけどねえ(笑)
彼女の書いたもの読んでほんとうに驚きました。
サイコパスのあやつる詭弁?!
本より本人の実話のほうがよっぽど怖いです。

酷評しながら何冊も読んでいるとのことですが、
素材は面白いと思いませんか?
才能もありそうだし、別のではもっと良い展開になる、と期待してしまうせいでは??
(私は↑これが理由かも)
ま、今は買う気うせました(笑)
彼女のなら漫画の“八雲立つ”がお勧めです。
私はもうほんとうにはまりました。
何回読み直したことか。
10年(だったかな)19巻にわたる長い話が
第一巻と最終巻がきっちり環を描いていて、破綻がありません。
話は古代編と現代編が交互で多少込み入っているにもかかわらず、です。
内容は正統民俗系伝奇ホラー。
よろしければぜひ手にとってみてください。
Posted by OZ at 2006年09月07日 05:46
確かにあのニュースは、結構ショッキングでしたね。ネット上では、異様としか言いようがないくらい騒がしかったです。そういうのとは、一線を置こうと思ったのであえて、うちのブログでは採り上げませんでしたけど。

>彼女のなら漫画の“八雲立つ”がお勧めです。
えっ、あれって坂東さん原作なんですか?知りませんでした。漫画の方は奇遇ですね。私も全巻持っています、っていうか大好きな作品です。実によくストーリーがよくできていますよね(笑顔)。おっしゃられるようにまさに正統派民俗学っていうのは納得です。この延長線上なら諸星大二郎氏の漫画などもいいと思いますよ~。ご存知かもしれませんが。花咲かじいさんや蛭子(ひるこ)なども実に興味深いです。
Posted by alice-room at 2006年09月08日 00:29
おや、書き方がまずかったようです。
坂東作品くらいのものなら、むしろ漫画の八雲立つが
お勧めです、と書くべきでした。失礼しました。
勿論“八雲立つ”は坂東原作ではありません。
樹なつみのオリジナル。
巻末の参考資料の数が並大抵ではありませんものね。
諸星情報ありがとうございます。
次の帰国の折にでもみてみます。
管理人さんもお好きだと死って
Posted by OZ at 2006年09月08日 03:37
連投すみません。
お好きだと知ってうれしいです。
しかし、いくらオカルト好きだとはいえ、“死って”
なんて書いちゃあいけません。(笑)
無論わざとではないです。
本当に失礼しました。
Posted by OZ at 2006年09月08日 03:38
OZさん、こちらこそ失礼しました。全巻持っているくせに、なんか勘違いしちゃいました(笑)。
でも、やっぱり「八雲立つ」いいですよね。怪しい変換は、まさにオカルトのなせる技、だったりして・・・失礼致しました(笑顔)。
Posted by alice-room at 2006年09月10日 01:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック