2006年09月29日

「薬師寺涼子の怪奇事件簿 魔天楼」田中 芳樹、垣野内 成美 講談社

yakusijiryoukomatenrou.jpg私は田中氏の小説から入ったクチですが、想像以上に良かった!という感じですね。もともと垣野内氏の作品も「美夕」とか読んでいたし、絵柄も全然抵抗感なかったです。

そもそも「ドラよけお涼」様のような美の極致を、漫画とはいえ平面に描こうなんて恐れ多ってことですね! ただ、周囲は平伏して災難が通り過ぎるのを待つばかり・・・(笑)。

でも全体的にバランスもいいし、テンポもいいし、原作の良さを十分に生かしつつ、漫画版お涼様ワールドを構築されていると思うんだけどなあ~。

漫画のお涼様も結構好きです。もっとも、少~し若いお姉ちゃんっぽいかな?もう少し黙っていると仕事のできる秘書系のキメキメ&ビシッ派をイメージしてたので。

あとは室町女史を少々綺麗度UPでお願いできれば・・・。お涼様は既にお相手が決まっているので、独身者と致しましては室町女史に期待せざるを得ません。私のうちもまんざら関係のないわけでもないので、親同士のよしみでとか・・・(オイオイ)。

しかし、楽しく壮大で豪勢なものをぶっ壊すのは楽しいですね♪ しかも予算の消化の為に、無駄に作られた立派なものほど、爽快さがましますね。これからもドンドン壊してくれそうです。でも、壊したらまた作るわけでお涼様の会社のグループ企業が再建を請け負っていたりして・・・。

自ら壊して需要を作る。まさにケインズ経済学って奴でしょうか(爆笑)。ゴジラも真っ青というところでした。

薬師寺涼子の怪奇事件簿魔天楼(amazonリンク)

関連ブログ
「薬師寺涼子の怪奇事件簿 夜光曲」田中芳樹 祥伝社
ラベル:薬師寺涼子 漫画
posted by alice-room at 00:58| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 【漫画 アニメ】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
小説のマンガ化作品で、これほど違和感がないのも珍しいと思います。田中芳樹の作品は、たくさんマンガ化されていますが、道原かつみの『銀河英雄伝説』とふくやまけいこの『アップフェルラント物語』とこの作品は、比較的原作のイメージに近いと思います。
室町警視に関しては、『薬師寺涼子の怪奇事件簿 6 クレオパトラの葬送 前編』で、メガネを取ったときの顔は、なかなか美形です。(笑)
Posted by lapis at 2006年09月29日 22:50
lapisさん、確かにいい感じで漫画でも仕上がってますよね。小説、漫画それぞれに楽しめるのは嬉しいです♪
眼鏡をはずすと美形というパターンをきっちり守っているわけですね。ちょっと見てみたいかも?
Posted by alice-room at 2006年10月01日 14:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

田中芳樹『霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿』
Excerpt:  「ノアの洪水の話をはじめて聞いたとき、あたしは思ったわよ。神サマって何てバカなんだろうって。自分にさからうやつがいるから、世の中おもしろいんじゃないの、ねえ」                    ..
Weblog: カイエ
Tracked: 2006-09-29 22:40