2005年01月25日

「アメリ」の仏人女優トトゥが映画「ダ・ヴィンチ・コード」に主演

アメリの女優がダ・ヴィンチ・コードの映画出演の記事
さあ〜て、どんなもんでしょうか?原作では、バリバリのキャリア・ウーマン(表現ふる〜)のような印象ですが、屈折したファザコンつーか、グランパコンで潔癖症みたいな役柄ですし・・・。

な〜んか、いかにもハリウッド的なエンターテイメントになるんでしょうね。で、謎解きなんかも勿論、ついでになってファーシュ警部に追われながら、ひたすら逃げる。スピード感たっぷりのサスペンス物になるのかなあ〜。

そうそうシラス役がポイントだと思うんだけど、誰がやるんだろう? オプス・デイ全面協力とかないのかな?だったら面白いのにね。

当然、ハリウッド映画化にあたり、資金源は シオン修道会 提供。それとも イルナミティー
posted by alice−room at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ダ・ヴィンチ・コードA】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2464720

この記事へのトラックバック