2005年03月04日

聖女チェチリア Saint Cecilia 黄金伝説より訳出

【黄金伝説】
チェチリアという名前は、天国の百合coeli lilia か、無分別なところがないことcaecitate carens、あるいは無知な者への道caecis viaか、天の為に働く女性coelum and lyaに由来しているかもしれない。または、その名前は人々coelum and laosから生じているかもしれない。というのは、聖チェチリアは処女の慎みにより天国の百合であった。彼女は光り輝く清浄さ、翳ることのない良心、そして素晴らしい名声の気品から百合と呼ばれている。彼女は良き実例を与える事で無知なる者への道であり、絶え間ない瞑想を通じて天であり、良き行いへ専心することで天の為に働く者であった。イシドールがいうように賢人は天が丸く、炎のように回転すると言っていて、テェチリアは良き行いの絶え間ない円の中で忍耐力で至る所、慈愛の暖かさで炎のように回転しているので、彼女は天と呼ばれた。彼女は叡智の輝きを通して、無知のところが無かった。彼女の中で、あたかも精神的な天国ー太陽、月、星々においてーにおいてのように、主として、彼女の叡智の洞察や信仰の寛大さ、美徳の多様さによって天をいかにしてお手本にするかを見ることができたので彼女は人々の天であった。

チェチリアは、

・・・・・・・・・途中・・・・・・・・・・・・
ラベル:聖人 黄金伝説
posted by alice-room at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【備忘録A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック