2005年03月18日

「ダ・ヴィンチ・コード」は恥ずべき本…枢機卿が批判

「ダ・ヴィンチ・コード」は恥ずべき本…枢機卿が批判、の記事(以下、転載)
【ローマ=藤原善晴】カトリック教会のタルチジオ・ベルトネ枢機卿(ジェノバ大司教)がこのほど、世界的ベストセラーとなっている長編ミステリー小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン著)について、「事実無根な事が含まれた恥ずべき本」と痛烈に批判、ローマ法王庁の見解かと話題を集めている。

 イタリアのラジオ、新聞を通じて語ったもの。

 この小説は、「キリスト聖杯伝説」を巡る謎解きを中心に展開する。同枢機卿は、キリストとマグダラのマリアの間に子供がいたとしている部分などを特に問題視。「作り話なのに、読んだ人が本当の話だと誤解する危険がある」とかみついた。ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が入院していた、ローマ市内のカトリック系総合病院内の書店でも売っていたとして「残念なことだ」と述べた。

このニュースは、 Tukasa-gumiさんからもらったコメントで初めて知りました。ヴァチカン関係者からの、ダ・ヴィンチ・コードに対する発言はこれが初めてではないかな?本来は無視する事でやり過ごしたいところでしょうが、ここまで世界的な話題になると、そういうわけでもいかなくなってきたのしょうね、おそらく。昔だったら、即、禁書図書館行き!ダン・ブラウン氏も破門ってとこでしょう。もっともブラウン氏は、こうやって話題になることでまた本の売上があがり、喜ぶだけでしょうが…。

これと同じニュースですが、日本語に訳して要約すると、ずいぶん違っているような・・・。
バチカン枢機卿:小説「ダ・ヴィンチ」はうそだらけ
キリスト教会史に疑問を投げ掛け、世界的ベストセラーとなった歴史ミステリー小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン著、邦訳は角川書店刊)について、バチカンのベルトーネ枢機卿は16日までに、イタリアの新聞やラジオを通じ「うそだらけの本。買うな、読むなと言いたい」と非難した。

 小説は「キリスト聖杯伝説」をめぐる謎解きなどが主題。枢機卿は「史実を曲げている」「1800年代の反教会パンフレットのような本」とこき下ろし、「学生の間で、読まないと流行に遅れるという風潮がある」と、同書による若者の教会離れを懸念した。

 「ダ・ヴィンチ・コード」は、キリストは結婚し、後継者は女性のはずだったが、後世の教会が男性優位に教義を書き換えたという説を軸に展開。教会を守るために殺人まで犯すカトリック系団体の信者が登場するが、枢機卿は小説の内容に反論しこの団体を擁護した。(ローマ共同)
確かに、オプス・デイにそんな犯罪者がいるとは思いませんが、スペインのフランコ軍事政権との係わりはどうなんでしょうか?どなたか詳しい方の話や著書でも分かれば、勉強したいところですね。某百科事典には、かなりきわどい表現で書かれていましたけどね…。
posted by alice−room at 01:13| Comment(12) | TrackBack(3) | 【ダ・ヴィンチ・コードA】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
boyoyon21さん、こんばんは。TB有り難うございます。「レンヌ=ル=シャトーの謎」は面白かったですね。量と値段がネックでしたが、あれだけ情報満載なら、言う事無しです! 
世界は謎に満ちているから、楽しいんですね。おそらく。
Posted by alice-room at 2005年03月20日 18:51
初めてお邪魔します。今日は。こちらこそTB打って下さり、ありがとうございました。何分、辺境で呟いているだけのblogで、話題もあちこち飛びまくりで落ち着かず、TBを打つ先を見つけるのにも苦労してます。alice-room 様からTBを打って下さった事で、私にとっては好奇心を満たしてくれるblogを知る事ができて嬉しく、これからも楽しみにしてます。
Posted by JINタン at 2005年03月20日 20:14
JINタンさん、こんばんは。私のブログもかなり節操無く書き込んでますので、なんだかなあ〜?と思われることも多いと思いますが、ちょっとでも面白いと思って頂けたら、嬉しいです。宜しくお願いします。
Posted by alice-room at 2005年03月20日 22:04
今晩は。boyoyon21です。トラバって下さってありがとう御座います。妙な方向に偏った暗いブログに、態々お手数おかけしました。
「レンヌ=ル=シャトーの謎」は、本当にミステリ好き心を疼かせる本でした。謎を追いかけるのは、本当に懐が痛みます(笑)
こちらを知り、これからは一閲覧者として楽しませて頂きます。
Posted by boyoyon21 at 2005年03月20日 22:12
カトリックでは、神父様も、マスール(修道女)も、プロテスタントと違って、結婚できません。
その方たちは、神と契約し結婚しているのです。
ですから、神が結婚していてはいけないのです。
神が結婚していたら、自分たち(神父様、修道女)の立場はどうなるのか?と思うのです。
信仰心の揺らぎなどというものではなく、耐え難いことなのです。
Posted by ネイビー at 2005年03月20日 22:17
boyoyon21さん、私の方でも勝手に共感するところが多かったですよ〜。
でも、ほんと、謎を追うのは大変ですね。一つ間違うと道楽者になってしまいます・・・苦笑。作家さんだったら、経費で落せるのに。
私のブログは趣味に走って、好き勝手なこと書いておりますが、なにか面白いと思われるようなところがあったら、嬉しいです。人生は楽しまないと!が信条だったりします。
Posted by alice-room at 2005年03月20日 22:23
 ごめんなさい。「書き込む」を2回も押してしまいました。未熟者!でm(..)m
Posted by ネイビー at 2005年03月20日 22:23
TB頂きましてありがとうございます。
宗教を話題にした本は、読む側も書く側も書かれた側も扱いが難しいですね。映画化されるとの話しもあり、今後の教会側の動きが気になります。
現ローマ法王の後継者と目される枢機卿の発言でしたから、重みがあるでしょうね。
Posted by 泥舟 at 2005年03月20日 22:55
泥舟さん、こんばんは。いろんな人がいて、いろんな考え方があるのは、平和で健全な社会である証拠ですね。きっと。

あと、なによりも世界に与える影響が大きいことですし、やはり関心がありますね。単純に好奇心的な側面もあるんですけど…。
Posted by alice-room at 2005年03月20日 23:07
ネイビーさん、そうですね。そういう観点にまで全然考えておりませんでした。カソリックの聖職者の方は、結婚できなかったんですね。忘れておりました。

ただ、私個人の感覚でしかありませんが、自ら選んだ道は、周囲の事に一切影響されるものではないと思うのです。まして、神という存在に対しての絶対の信念がある方なら、たかだか一小説がどんなことを述べようが、それに対して反応する必要もないと感じたんです。結婚は神を信じる代償でしないわけではないでしょうし、私自身が結婚にそれほどの価値を認めていないせいかもしれませんね。すみません、これは今風の考え方の故でしょうか?

信者でもない私が言うのは失礼だと思いますが、私が想定する崇高な信念をもった方(キリスト教に限らず、仏教、イスラム教でもかまいませんが)なら、それは根本的な問題でないと愚考します。

勿論、小説の虚偽が名誉を傷つけるので裁判とかいうのは正当な権利ですし、当然ですが、一方で民主主義が絶対的なものを否定し、価値相対主義に立つ以上、違った価値観を認めるのも当然でもあります。いろんな立場の人が共存する以上、寛容と忍耐に基づく他者の理解が大切だと思うのです。

見当違いの事を申し上げていたら、すみません。ただ、私は聖職者の方をもっと世俗から離れた崇高な存在だと考えたい傾向がありますので感じ方が異なるかもしれません。

ただ、あのダ・ヴィンチ・コードは小説にしろ、いささか問題がありますけどね。事実という表現で、虚偽を平然と出版しているのは、道徳的に問題があるようには思います。取り扱いが難しいことではありますが。
Posted by alice-room at 2005年03月20日 23:54
ダヴィンチコード、小説として読むのはとても面白いです。小説として流してしまえばそれでいいのに、ヴァチカンとか、○○枢機卿が変に反応するから、ますます反響が大きくなるのですね。宗教は本当は崇高なものなのに。個人と神とのつながりなはずなのに。神という名のもとに、自分自身が権力を持ちたがり、神に仕えるものは自分の財産を持ってはいけないのに、自分のものを持ちたがり・・・そんな聖職者がたくさんいます。
一神教だから他の宗教が許せず戦う宗教戦争。そんな戦争が世界で起きています。そういう聖職者を、世俗から離れた崇高な存在とは、言いたくありません。もちろん、マザーテレサのようなすばらしい方もたくさんいますけれど。
Posted by ネイビー at 2005年03月21日 01:35
そうですね、どんな世界でも俗物がいますが、その一方で本当に素晴らしい方々も確かにいらっしゃいます。
そういう人々をしっかりと見極めて、尊敬していきたいですね!
Posted by alice-room at 2005年03月21日 19:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2469331

この記事へのトラックバック

「ダ・ヴィンチ・コード」は恥ずべき本…枢機卿が批判
Excerpt: 「ダ・ヴィンチ・コード」は恥ずべき本…枢機卿が批判 〜Yomiuri On Line〜 どーしてこうも真っ向から批判するのやら……。 この手のトンデモ本なんて、世界中で沢山発売されてるのにね? こー..
Weblog: 合法BLACK好奇心!!
Tracked: 2005-03-20 17:53

世界中に散らばる謎と秘密
Excerpt: ここ一年程の間、やたらと流行ったトンデモ本がある。 書店の文芸書コーナー前面に平積みされ、上下巻に分かれ、表紙を有名な謎の微笑を浮かべた女性の肖像画が飾った分厚い翻訳ミステリだ。 内容は、不可解な..
Weblog: だから、何だっつーの!
Tracked: 2005-03-20 17:55

遅ればせながら、読破しました
Excerpt: ダ・ヴィンチ・コード 賛否両論がある、ベストセラー小説 賛否と言うよりむしろ批判の方が多いらしい 僕は、あくまでもミステリー小説! という考えで読み進めていた 確かに面白いほんであっ..
Weblog: 蛤御門の日々徒然なるままに
Tracked: 2005-03-20 21:58