2012年03月28日

「ニューヨークの古本屋」常盤新平 白水社

古書、もしくは古書店に関する本だと思い、手に取ったのですが外れでした。
エッセイみたいですが、タイトルと内容に何の関係があるのか私には不明です。

著者は翻訳家らしいのですが、本あまり好きじゃないんじゃないの?
本当の本好きとは、どこをどうみても、どう捉えても思えません!

つ〜か、旅のエッセイだったら、私これよりも面白いもの書けるし、書いてるつもりなんだけどなあ〜。
まあ、他人が評価してくれてるわけでもないので、私の独り善がりであることを差っ引いても、本書はつまらないし、退屈だし、一切共感したり、感心したりするところがありません。

ただ、あるのは、つまらないダラダラ続く文字の羅列のみ。

著者の訳書を私が知らないし、一冊も読んだ事のないのは、当然だろうなあ〜。
間違っても読みたいとも思いませんもん。

最初の50〜60頁読んで、いつまで経っても古本屋らしきものが現れず、いい加減、本を捨てたくなり、飛ばし読みして探してみても、意味のある文章を見つけられませんでした。私にはね。

速攻で読むの止めました。時間の無駄。

古書店という点で、本書に関心を持って読む方には、絶対にお薦めしません。
エッセイとしても、全く興味が持てませんでした。

ニューヨークの古本屋(amazonリンク)
タグ:書評
posted by alice−room at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 未分類B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260831358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック