2005年03月26日

ビートたけしの歴史的大発見 名画モナ・リザはもう一枚あった!のTV番組

ルーブル版ナショナル・ギャラリー版

日本TVのサイト

たけしさんが出ている日本TVの番組です。最初は思いっきり、モナ・リザの説明。まあ、これまでの知識の整理にはいいのでしょうが、特に目新しい事は無し。でもラファエロが模写してるのは、結構有名で門外漢の私でさえ、知ってるぐらいだから、そんな大袈裟なことではないよなあ〜。知識的には、あちこちの本に書かれていることの寄せ集め以上のものはないですね。

ちょっと面白かったのが、あのダ・ヴィンチ・コードの小説よろしくスイス銀行に秘蔵されていてるというもう一つのモナ・リザ。先週やっていたフジTVで勝手に盛り上がっていたニース版を偽者と明確に断定してましたね。かなりイヤらしく。あざといね、日本テレビも。

でもその日本テレビも本物っぽい、数ヵ月後に世界に発表されるといいながら、一切の情報ソースは、さも訳ありのようにして何も説明せず、ただ、世界初の発見!と騒いでいるだけ。はなはだ嘘っぽい。少なくともNHKスペシャルのコーディネーターのような人員を海外にもたない日本テレビにそんな情報が入ると考えるほうがおかしい。だって、数年前に1時間半の特番で「捕まえられた宇宙人」と大騒ぎして報道した数日後、実はあれは偽者だったと宇宙人を作った人が自白したのが新聞の記事になってるほどだからね。そのレベルですもん、日本テレビ。今回も相当いい加減なことやってるのがアリアリ…。

シオン修道会の文書も、最近になって作られた偽物だとあれほどあちこちで否定されているのにまたここでも、あたかも事実のように扱ってるし…(BBCも公式に偽物だと否定したでしょ!)。知ってるくせにそういうことは番組で意図的に無視してるしなあ〜。まあ、マイクロフィルム自体を取材に行ってるのは、興味深いけどさ。

おっ、出ましたソニエール。この話は「レンヌ=ル=シャトーの謎」の本に詳細に書かれていますね。マグダラのマリア教会も出てますねぇ〜。いきなり、バチカンをゆすったとか勝手な推測をいい切ってるし…。あまつさえ、キリストの妻とか言ってる。怖いなあ〜TVの偏見は。仮説としてあるだけで、一般的に支持されている話でもないのにね。

あっ、でも背景の絵はラトゥールの「マグダラのマリア」(こんな所で使われているとは…)。

で、いよいよ日本テレビの独自説の発表!!
貴金属とか宝石の小物をつけていないから、モナ・リザは貴婦人ではないそうです。じゃあ、モナ・リザは誰なのかというと・・・・???

な・なんと、モナ・リザはマグダラのマリアだそうです。

はい、は〜い。よく出来ました。また、明日からルーブルに行く日本人はそういう目でモナ・リザを見るんでしょうね。視聴率狙いのメディアに翻弄されて、誤った偏見に満ちたまま、素晴らしい名画を見るのは、なんか悲しい気持ちさえしますが…。余計なお世話ですね。でも、あれだけの作品をそのまま受け入れられないのは残念な気持ちがしてしょうがないんですが…。

番組としては、この前のフジよりも面白く出来てると思うんです。興味を惹くように、巧みに構成されていますし、うまいのは確か。でも、また来週中あたりであの絵は偽物という記事が出そう。じゃなければ、そのまま10年以上も触れられないまま、いつのまにか忘れ去られるまで待つのかな?数週間もあれば、みんなTVで見たことなんて忘れるしネ!

で、最後にしっかりルーブル美術館も宣伝してるしなあ〜。まあ、これが言いたくてスポンサーついてるんでしょうけど…。まあ、資本主義ってことですな。ふむふむ。


関連ブログ
書籍のカテゴリ内目次
ダ・ヴィンチ・コードのカテゴリ内目次
posted by alice−room at 22:31| 埼玉 ☀| Comment(50) | TrackBack(13) | 【ダ・ヴィンチ・コードA】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか。すっかり信じてしまいそうになりましたよ。
ちょっとテレビで判らなかったのは、

1.ソニエール神父が知った秘密が「キリストはマグダラのマリアとの間に子供を設けていた」ということらしいが、その「証拠」とはいったい何?

2.結局、なぜダ・ヴィンチは2枚のモナ・リザを描いたの?

の2つですかね…
Posted by 小鳥 at 2005年03月26日 23:31
ところで、「シオン修道会の文書がニセモノ」というのは、神父が柱から見つけた暗号がニセモノ、という意味ですか? それともテレビでフィルムになっていたシオン修道会の名簿?みたいなものがニセモノで、あそこに書かれていた有名人とシオン修道会との関係性はなかったということですか?
Posted by 小鳥 at 2005年03月26日 23:51
こんばんは、alice-roomさん
本当に、「モナ・リザはマグダラのマリア」なんていったのですか!
道理で、急に「カルロ・クリヴェッリ『マグダラのマリア』」のアクセス数が増えたはずです。
最近、ろくな番組がないので、サッカー以外TVを見ない日が続いています。
視聴率よりも、番組の質を考え欲しいものです。
Posted by lapis at 2005年03月27日 00:54
小鳥さん、こんばんは。ソニエールは、古い崩れかけた教会の中から、暗号文を発見し、それを解読して何かを見つけたと想像されています。但し、それが何かは不明ですが、バチカンから資金援助があったと疑われるような行動や事実は、確かにあったようです。

シオン修道会に関する文書は本当にあるそうですが、それ自体が捏造であると現在は、一般的に判断されているそうです。シオン修道会を名乗る団体もあるそうですが、実体がはっきりせず、眉唾ものと思われています。

但し、その団体が実際に存在する可能性がないわけではありませんが、あのTVは明らかにミス・ディレクションでしょう。

私が通常、入手できる範囲で知っているのは異常です。少しでも参考になれば幸いです。また、遊びにいらして下さいね。
Posted by alice-room at 2005年03月27日 01:09
lapisさん、こんばんは。ええ、そうなんです。日本テレビさんが自信満々に独自説とやらをうちあげて、盛り上がって(盛り上げて)ましたよ〜。

トンデモ本で採り上げても、それはそれで面白いし、いいと思うんですが、公共の電波使って流す内容ではないと思います。

勿論、根拠があり、こういった仮説もありえるとかいうのなら、逆におお〜凄い!って素直に思えるんですが…。フジの時と同様に、一切の根拠や明確な説明無し。無責任もここに極まれり!っていう感じなんです。

これでみんながまた、変な勘違いをしなければいいと思うんですが…(生意気ですが、老婆心ながら心配だったりします)。

TVの影響力って本当に凄いですからね。まさに現代の凶器(狂気)かもしれません…。
Posted by alice-room at 2005年03月27日 01:17
TBありがとうございました!
こちらもTBさせていたきました。

 アイルワース版のモナ・リザは昔からもう1枚のダヴィンチの真作では?とは言われていましたが、あんな胡散臭い組織の鑑定を受けている説明は一切なしでしたねぇ。
 本当なら名の通った鑑定組織に頼むのが筋なんでしょうに・・・。

 個人的にはアイルワース版の実物が見られただけでもそこそこ満足だったのですが。
Posted by ちーず at 2005年03月27日 10:18
さきほど、こちらを読まないで3/17付の記事に
投稿してしまいましたJuliaです。

私などは素直に信じてしまいましたが、
やっぱり真実はまだまだはっきりと
証明されていないのですね・・(^_^;

でも、ダ・ヴィンチの作品は謎めいて
今後の展開も楽しくなってきました。
Posted by Julia at 2005年03月27日 10:32
TBありがとうございます。
こちらからも貼らせて頂きます。

僕はあまり予備知識を持っていないもので、感心しながら見入ってしまいました。シオン修道会の名簿って胡散臭い物だったんですか…。でも、モナリザ=マグダラのマリアっていうのも面白い気はするんですが。

個人的には、世界のどこかでシオン修道会がイエスの子孫を守っていて、未曾有の危機が訪れたときに救世主として表舞台に登場し、世界中から総スカンを食らうっていう筋書きが面白いと思います。

最近なんだか「シオン修道会」とか「スカル&ボーンズ」とか秘密結社っていう名前をよく聞きますね。“秘密”っていうところにみんな興味を惹かれちゃうんでしょうね。
Posted by いんそむにあ at 2005年03月27日 11:10
こんにちは。はじめまして。

危うくテレビの内容をそのまま真っ正直に
受け止めるところでした。いろいろな手で加工されているテレビの情報がどんどん信じれなくなります。多分ネットで調べたほうが真実(大げさですが)に近づくのかもしれません。

今後の成り行きを見守りたいと思います。それでは。

Posted by stanfield at 2005年03月27日 13:48
はじめまして。
番組は見られなかったのですが、
そんな内容だったのですか。
実は男性がモデルだったり、はたまたマグダラのマリアだったり、モナ・リザも忙しいですね。
いろんな説というか、トンデモつながり
ということでスペインの『真の教皇』の記事を
TBさせていただきました。
Posted by toko_hamura at 2005年03月27日 14:09
ちーずさん、こんばんは。確かにあのアイルワース版は美しかったですね。ルーブルで見たモナ・リザはあまり感動しなかったクチの私も、あれは素直に美しいと思いました(笑顔)。

あとは、どこまでその裏付けをしてくれるかですね。どうも新倉イワオさんの「あなたの知らない世界」や矢追さんのUFO&宇宙人を放送している日本TVというと色眼鏡で見てしまうので、真実なら、是非その後の放送を期待したいです!!(TBも有り難うございました)
Posted by alice-room at 2005年03月27日 19:10
いんそむにあさん、TB有り難うございます。あっ、私もスカル&ボーンズちょっと気になってます。いかにも、なんかやってそうですよね(ニコニコ)。秘密結社って世の中からなくならないし、私も思いっきり興味惹かれてしまうクチです(ハハハ)。

絵の見方は、私も素人なんで全然分からないのですが、楽しんでいろんな見方するのって素敵だと思うんです。ただ、なんかTVでやると、それが当然みたいな感じになってしまうのが少し気になるのかも? 実際、読む分には結構、トンデモ本とかも好きだったりしますもん、私。

でも、実際はどうなんでしょうね?まあ、謎が多いほうが世界は楽しいですけど。
Posted by alice-room at 2005年03月27日 19:17
stanfieldさん、こんばんは。う〜ん、TVはやっぱり視聴率やスポンサー様が大切ですから…。でも、仮説としていろんな考え方があるのは、愉快で素敵ですよね。

問題は、それがどこまで本当で根拠があり、どこからは推測であるのかをはっきりしてくれればいんですが…。どうしても、真実だ!って断言したほうがインパクトあるから、ああいう作りになるのかも知れませんね。

そこが誤解を生むかも?でも、実際にいろんな本を読んでも、それぞれ独自の解釈があって、議論迷走ってカンジみたいです。


ホント成り行きを見守りたいですね。コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年03月27日 19:24
toko_hamuraさん、TB有り難うございます。結構、番組としては面白かったですよ。ドラマ的に捉えると、なかなか興味深く仕立てられていました。でも、根拠は思いっきり怪しいものでしたけど。

ブログを拝見しましたが、自称、「真の教皇」というのもすごいですね。私もちょっと調べてみたいなあ〜。面白い情報有り難うございます。
Posted by alice-room at 2005年03月27日 19:30
何か本当に胡散臭い番組でしたね。
無責任にも程がある。
でも、逆にあの胡散臭さが面白かったです。
ダヴィンチ・コードは小説として面白いのであって、その人気に便乗してああいった形で掘り下げていくのはどうかと思います。
でも、モナ・リザ独り占めなビートたけしはちょっと羨ましかったです。
Posted by 075 at 2005年03月27日 20:09
こちらに移動していたんですか〜
相変わらず頑張っていらっしゃいますね。
また来ます。
Posted by shou20031 at 2005年03月27日 23:38
075さん、こんばんは。コメント有り難うございます。そうそう、あのモナ・リザを貸切とは本当に羨ましいですね!いくら、ルーブルに支払ったんだろうと、邪推をしてしまう私は…卑しい(自爆)。でも、1対1で好きな絵と向き合えるのって本当に至福の時でしょうね。

あの番組も割り切ってみる分には、結構面白かったと私も思います。一歩距離さえ置けば、エンターテイメントだしたね。同感です。
Posted by alice-room at 2005年03月28日 00:26
shou20031さん、こんばんは〜。ブログ引越しのドタバタでしばらく大騒ぎしておりました。
こちらに引っ越して画像も使い易くなったので、それだけは良かったかも? 相変わらず、怪しげな事を書いたり、怪しげな本を読んでレビューを書いております。

改めまして宜しくお願いします(御辞儀)。コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年03月28日 00:35
TBありがとうございました。
あの番組、やっぱり色々思っている方多いみたいですね。
モナ・リザのモデルがマグダラのマリアだった!ってあそこまで断定しきっちゃう精神は、確かに疑いましたね。
おいおい、これ見て本気にしちゃう人が出てきたらどうするの?って。
大体、日本テレビのクルーは、専門的に美術を専攻しているわけでもあるまいに。。。
いやびっくりしました。たけし、、、あんな番組に出ちゃうなんて。
Posted by hiyo at 2005年03月28日 01:15
トラバありがとうございます。
え〜!違うんですか?
やはりイタリアでは「最後の晩餐」見ておけばよかったと後悔したりしてたのに・・・
でもそれはそれなりに大変に面白かったです。
真実はどうなんでしょうね?
Posted by ツッチー at 2005年03月28日 01:36
私も見ましたよ、日テレ!
ダヴィンチコードの謎(cracking the code)の方ではモナリザはダヴィンチの自画像では?な〜んて事書いてあったような気がしますが(だいぶ前に読んだので記憶が不確かですが・・・)。
モナリザは色々な説があるからこそ謎を呼び、そして謎が謎をよぶんでしょうね〜。
皆さんがここのコメントで書かれているようにエンターテインメントとして見るなら面白かったですね。
今度はどこかの番組でスカル&ボーンズの特集もしてほしいですね。以前、スカル&ボーンズの本を日経で紹介していたんですよ。あの日経が!って驚きましたが・・・・
Posted by Megumi at 2005年03月28日 12:30
hiyoさん、こんにちは。私も含めて様々な意見や感想を持った方が多かったみたいです。もっとも、番組制作サイドとしては、話題になりさえすれば目標を達成できたと喜んでいるかもしれませんね。

私も異論はありつつ、TVでこうやってたくさんの情報を得たり、またたくさんの意見を聞けるのも嬉しかったりします。コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年03月28日 13:47
ツッチーさん、こちらこそTB有り難うございます。真実は実際、どうなんでしょうね?たくさんの仮説があるようですから…。

ただ、ああいう番組そのものは嫌いじゃないっていうか、スキ!だったりします。UFOやネッシーとかも。でも、あのモナ・リザがテーマだけに反響は大きいのでしょうね。

でもTV局はお金があるから、いろんな映像が見れていいですよね。なかなか個人では見られない映像が多かったですし(笑顔)。

Posted by alice-room at 2005年03月28日 13:55
Megumiさん、いつもコメント有り難うございます。そうそう、謎が謎を呼ぶのは同感です。そちらの方が楽しいですもんね。

日経の記事でスカル&ボーンズを扱っていたのは、私も読んでビックリしました。ちょうど大統領選の時でしたね。候補者がどっちもこの秘密結社の出身で、単なるグループ内の役割分担みたい???

TVでもどこかの局が少しだけ扱ってましたが、もっと知りたいですね。さすがに市販の本までなかなか買う気にはなりませんが・・・。興味深い話題ですね!
Posted by alice-room at 2005年03月28日 14:00
TBから参りました。
美術関係には詳しくないので、へぇーとかほぉーとか思いながら観ていました。
一番びっくりだったのは、「モナリザ専用機」でした。
絵の社会的価値っていうのは、その世界で名前のある鑑定人が認めて決まるようなイメージがあります。
実際美術館に足を運んでも、私のようなわからない者にとっては、「好きか嫌いか」なんですよね(苦笑)
情報というものも、どれが大勢の中でまかり通るかというので決まるのかもしれませんね。
現在は、情報量が多いですから、地球が太陽系の中にあるか、
亀の背に乗っているのかのほぼ2択で無いのは幸いなことなのかも。
私は、テレビも新聞もネットの情報も、話8分くらいで受け止めるように考えています。
一番怖いのは、元々胡散臭いと笑って受け止められる発信元よりも、
公式発表と銘打たれる情報操作なんじゃないかと思うので。
いくらたくさんの諸説が舞い踊ったとしても、
結局のところ、真実はダ・ヴィンチの心の中にしかないのでしょうね。
真実はみつからないとしても、見る人によって色々な説が開かれるのはそれはそれで面白いと思います。
Posted by でいたん at 2005年03月28日 16:49
こんにちわ、いつも楽しく拝見させていただいてます。それにTBの時にはいつもコメントをしてくださいましてありばとうございます。○┓ペコ

今回の日テレさんのコレは先日のフジさんのアレよりはマシでした。まぁ、その程度の感想なんですけどね(笑)

いずれダ・ヴィンチさんには現世に戻っていただいて、お話聞かせてもらわないといけないですよねぇ〜!
Posted by kaworu at 2005年03月28日 17:20
kaworuさん、こちらこそいつも有り難うございます。ダ・ヴィンチさんは結構気難しいタイプみたいですから、あの世からよんでも大変かも? それにどんな発言が飛び出るか(笑)? 
いっそのこと、ダ・ヴィンチの子孫とかいう人が主演したりして…。どっかのTV局ならやりかねないのが怖いかも…(爆笑)。
Posted by alice-room at 2005年03月28日 17:31
はじめまして、TBありがとうございましたm(__)mこちらからもTBさせていただきました。

やっぱり、あの番組がどういうソースから作られることになったのか、気になります。純粋に真相を追いかけて行った番組だったら、もうちょっとスピード感があるはずだと思ったので。

そういえば、番組の冒頭で以前授業を受けたことのある教授が出ていたので、別の意味で驚きました。

モナリザは新たな解釈が次々にでてきますが、それって本の読み方と同じでいい絵の条件かもしれないですね。
Posted by chopper at 2005年03月28日 21:29
でいたんさん、こんばんは。そうですね、もっとも確からしい情報源ほど批判的な意識さえも湧かず、情報をうのみにしてしまう危険があるかもしれませんね。

某○HKスペシャルで、今回の番組を流したら、私は9割以上信じますもん。特にエンドロールの××研究所とか、××大学研究室とか政府機関だと弱いかも?危ない、危ない…。
Posted by alice-room at 2005年03月28日 21:30
すいません、間違ってTBを二つ重ねてしてしまいました。このコメントとともに、削除してもらえますか?よろしくお願いしますm(__)m
Posted by chopper at 2005年03月28日 21:39
chopperさん、こちらこそTB有り難うございます。いろんな説があるのは、面白いですよね。あとは、それをちゃんと説明してくれさえすれば、突飛な仮説も十分に価値があると思います。

それだけクリアしたら、あとは楽しませてくれればOKですね。
Posted by alice-room at 2005年03月28日 21:39
こんばんは(^-^)
トラックバックをたどってきました。
夫はすっかり信じ込んだようで、彼もトラックバックをたどってこちらに辿り着き、「メディアに騙された」と言っていました。
断定的な憶測は時に間違った認識を植付けてしまいますよね、娯楽としてみるには面白かったんですが…。

私的にはその先が知りたい…。
Posted by かな at 2005年03月28日 23:29
もう一枚のモナ・リザがスイスにあるというのは以前から言われていたようですね。興味あるページが2つほど見つかりました.
http://www.pcs.ne.jp/〜yu/ticket/supper/monalisa.html
アラゴンのイザベラの肖像というのがスイスで私蔵

http://www.johos.com/joho/report/0040.html
ここのローザンヌのモナリザはアイルワース版でしょう(ちなみに5年前のページ)
となると日テレの世界初公開というのは?

でも今回の番組は興味を持つきっかけとなりました。はっきりいってハマってます。
Posted by zip at 2005年03月29日 01:51
かなさん、こんばんは。コメント有り難うございます。私も興味が湧いていろいろな本を読んでいますが、どうしても断片的な知識ばかりですね。

私も同じく、本当の所はどうなのか?是非、知りたいです。でも、関連書籍もたくさん増えてきてますし(便乗本が多いですが)、少しでも近づけたらいいですよね。

まあ、謎は更なる謎を産むものですが…・
Posted by alice-room at 2005年03月29日 03:04
zipさん、情報有り難うございます。早速、行ってみてきました。なかなか興味深いですよね。私も話には聞いたことあるんですが、詳しいことを知らなかったのでとても参考になりました。有り難うございます。

更にこのモナリザの詳しい情報知りたいですねぇ〜。やはり海外のサイトをあたるのが一番なのでしょうか?英語はあまり得意じゃないので、探すの大変そう…。最近はgoogleで英語版で探すとものすごい数がヒットするので、中身の確認が死にそうにつらかったりします(涙)。

でも、今後も関心を持っていきたいですね。
Posted by alice-room at 2005年03月29日 03:14
はじめまして。
「シオン修道会」のメンバーの一人として番組内で言及されていたジャン・コクトーを愛好する者です。
彼のキャラから言ってシオン修道会の総長などに就任するはずがない!と思ったのですが、案の定偽文書…だったのですね。
秘密結社や異端を扱ったフィクションは面白いし好きなんですが、(『ダ・ヴィンチ・コード』は未読ですが『薔薇の名前』なんか大好きです)あくまで「そうだったら面白いかもね」と思って楽しむからいいのであって、その中のネタのすべてを「事実」として報道されるのにはやはり疑問を感じてしまいます。
自分が愛着をもっている人物が、あきらかに本人の意図に反する形で「箔付け」に使われていたらなおさら…。
というわけでTBさせていただきました。
Posted by Mlle.C at 2005年03月29日 21:51
Mlle.Cさん、こんばんは。ブログ拝見致しました。私はジャン・コクトー氏は少ししか読んだことがないので、それ自体についてはなんとも申し上げられませんが、おっしゃられる通り、勝手に人の名誉や知名度を利用するようなものは問題だと思います。

まあ、洒落で小説その他で使われるのにどうこういうほど、大人気ないわけでもありませんが、TVで堂々とあたかも事実かのように扱うのはおかしいです。

少し調べれば分かることですし、視聴率狙いの作為的なものとしか思えませんしね。余計、タチが悪いです。

まず、モナ・リザの件で抗議されているようですし、徐々に批判の中で懲りてくれるといいんですが・・・。(甘いかな?)
Posted by alice-room at 2005年03月30日 01:11
私もあの放送以降からシオン修道会などのネタを検索している1人です^^;

今更感もありますが、今まで全くキリスト教関係の裏話を『死海文書』くらいしか知らなかった私の感想を述べてみたいと思います。

見終わって、まず一言。

『だから?』

他の方々も言われてるように『アイルワース版 モナ・リザ』の登場には感動(は言い過ぎか)しました。しかしその後の『シオン修道会』『マグダラのマリア』『ソニエール』などの単語は全くと言って言いほど説明がなされていなかったと思います。そのため見終わった後に残ったのは変な消化不良感だけでした。

『かじりでも良いので、説明を足してもらえたらよかったのではないか?』とも思ったのですが、皆さんの意見を見る限り、TV局側の思い込みを展開するだけの伏線だったのではないかと考え始めてます。
少ない情報量ではどうしてもその情報を信じるしかないと思います。実際シオン修道会関係のサイトを見るまで、私は放送された全ての情報を信じ込んでいました。

多々皆さんが批判されてる、『間違った情報を断定して公共放送をしている』部分も全ての単語にもう少しの説明があれば、そこまで叩かれる事もなかったのでは…と思います。

あまり感想っぽくは無かったかもしれませんが、『ダヴィンチ・コード』を読んでいなく、その上こういう関連の情報にも疎い人間が見た時、こんな思いを抱きました。

追記:もちろん、今回の放送局を擁護する気はサラサラありません。
Posted by 霧 at 2005年03月30日 04:49
霧さん、こんばんは。やっぱ情報って大切ですよね。入手できる情報が限られれば、人はその中でしか判断下せないですし、同時に情報を入手するためにかけられる時間や費用も個人では限界がありますし。

今回の番組は、一方的にTVという特殊な立場からあたかも事実のように断言したことが問題でしたね。霧さんが言われるように。だからこそ、本来、TVとかには公正さや真実と仮説の違いを明確にする義務があるように思うのですが・・・。

まあ、営利企業で視聴率が全てのようですから、自制は難しいのでしょうね。一番いい罰則は免許取り上げていいんですけどね。他にもやりたい企業はたくさんあるんですし…。

でも、ネットは比較的情報が入手しやすくて個人には便利ですよね。但し、虚実ないまぜの世界ですから、TV以上に真偽の判断は難しい側面もあるようですが…。

こんなことを考えていたりします。私的には。
Posted by alice-room at 2005年03月30日 22:24
おじゃまします。
alice-room さん
ウチのブログで『聖アンナ=ヨハネ』説を
展開したのでチョッと遊びに来て 意見 を
聞かせて下さい。
(モナリザ=母親説からの推論です)
来場お待ち申しております。
Posted by Tikasa-gumi at 2005年03月31日 13:57
    ↑
しまった〜っ!
名前 まちがえて打ってしまった。
Tukasa-gumi が正解です。
失礼っ。
Posted by Tukasa-gumi at 2005年03月31日 14:01
Tukasa-gumiさん、ど〜もこんにちは。いつもTB&コメント有り難うございます。早速、お邪魔してみますね。
Posted by alice-room at 2005年03月31日 16:26
あの番組のエンディングで流れたエンヤ?の音楽?解る日と教えて下さい。
Posted by a24 at 2005年04月15日 00:01
a24さん、私はちょっと分からないんですが、もしお気になるのなら、TV局に電話して調べてもらえば、たぶんすぐ分かりますよ。結構、親切に教えてもらえますよ。
Posted by alice-room at 2005年04月15日 02:19
テレビ局に聞いてみたのですが、その時製作した音響さんが異動したとかで解らないとの返答でした。あー誰か解りませんかあの荘厳なうた。。。
Posted by a24 at 2005年04月15日 21:24
a24さん、そうなんですか。残念ですね。どなたかご存知だといいのですが・・・。
Posted by alice-room at 2005年04月15日 22:59
最後の晩餐は実際テーブルは無かったらしいですよ。
Posted by yuki at 2005年04月18日 15:58
yukiさん、こんばんは。え〜そうなんですか?もし、情報の出所とかご存知でしたら、今度教えて下さい。本とかであれば、読んでみたいです。
コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年04月18日 21:19
先日、ダヴィンチコードの映画を見ました。ふと昔、「叡智の禁書図書館: ビートたけしの歴史的大発見 名画モナ・リザはもう一枚あった」を見たのを思い出し、もう一度見たくなりました。どなたか録画している方がいれば、連絡頂きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 
Posted by tuyo7630 at 2006年10月15日 12:30
tuyo7630さん、失礼ですがうちのブログにコメントを入れて頂く内容ではないと思います。
後ほど、削除させて頂きますのでご了承頂ければと思います。
Posted by alice-room at 2006年10月16日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2620004

この記事へのトラックバック

モナリザがもう一枚あった。
Excerpt:  テレビでダ・ヴィンチ・コード(ダビンチ・コード)の番組やってたのでながらで見る。と、うわー!ほんとにもう一枚モナリザあるよ!しかも若い!こっちのがいいのに。背景は未完成らしいが。 そのもう一枚が本物..
Weblog: サッサノスケブログ
Tracked: 2005-03-27 06:56

特番「ビートたけしVSモナ・リザ」
Excerpt:  前回のダヴィンチコード特番から2週経ち、今度はビートたけし司会の特番です。  こちらも楽しみにしていたのですが、出来はと言えばこちらの方が断然面白かったですね。  「ダヴィンチ・コード」の縮小版で..
Weblog: 三畳間の全世界見聞録
Tracked: 2005-03-27 10:19

「名画モナ・リザはもう一枚あった!」
Excerpt: 今日の午後、国立近大美術館の「ゴッホ」展を 友人と観にいって参りました。感想
Weblog: Floral Musée
Tracked: 2005-03-27 10:36

ダ・ヴィンチの遺産A
Excerpt: 日テレのダ・ヴィンチの特番を見ました。先日、フジテレビでやった特番は『最後の晩餐』の謎解をしてましたが、日テレ版では『モナリザ』からダ・ヴィンチの暗号へのアプローチを試みていました。 この名画は実は..
Weblog: 怠け者の独り言
Tracked: 2005-03-27 10:55

秘密結社の指導者、死す
Excerpt: 自称《真の教皇》、グレゴリオ17世、死す | Excite [マドリード 23日 ロイター] 自分こそ真の教皇であり、バチカンは悪魔に支配されていると非難していた、スペインの秘密結社的宗教セクト..
Weblog: ヒミツノート
Tracked: 2005-03-27 13:57

実際どう思いますか、アイルワース版モナ=リザ
Excerpt: あのね、仮にも美術史学科生よ俺。 別にマグダラのマリアだろうがシオン修道会だろうがどうでもいいんだけど なんでああいう番組がまかり通るのか全く分からん。 「この絵が数ヶ月後に学会を震撼させる事に..
Weblog: 超音速備忘録
Tracked: 2005-03-27 14:42

超歴史ミステリー!ルーブル美術館の秘密
Excerpt: 日テレの「超歴史ミステリー!ルーブル美術館の秘密」を 興味深く見ました。 裏では織田裕二の映画「ホワイトアウト」をやっていたけれど もうこれもずっと前にロードショーで観てしまったし。 「ダ..
Weblog: 遠い世界に♪
Tracked: 2005-03-28 01:25

ビートたけしの歴史的大発見 名画モナ・リザは・・・
Excerpt: この手の番組は、まずリアルタイムでは見させてもらえないカヲル家です。よって録画したモノを先ほど見終わりましての感想です。  大和証券グループスペシャル<ルーブル美術館ミステリー>  ..
Weblog: ...端折りっPA!
Tracked: 2005-03-28 11:42

モナ・リザの別名はジョコンダ
Excerpt: 土曜日に放送されていた、モナ・リザの特番を見ました。構成がまわりくどいと思ったものの、モナ・リザについての新解釈は興味深かった。でも、一つだけちょっと疑問に思うのは、この番組がどういう経緯で作られたの..
Weblog: No title is TITLE
Tracked: 2005-03-28 21:15

「ダヴィンチ・コード」の真偽?
Excerpt: こんにちは。TBさせて頂きありがとうございます!もう一枚のモナリザにまつわる話は本当なのでしょうか!?
Weblog: 子供英会話講師の赤裸々な本音
Tracked: 2005-03-29 14:20

ジャン・コクトーはシオン修道会のメンバーだったか
Excerpt: 書こうか書くまいか迷ったのだけど。 26日放映の日本テレビ系「ビートたけしの歴史的大発見 名画モナ・リザはもう一枚あった!」について。 とくに学術的でもなく、売れに売れてる『ダ・ヴィンチ・コー..
Weblog: Le Journal de La Princesse frivole
Tracked: 2005-03-29 21:48

ダビンチは女性だったというニュース
Excerpt: レオナルドダビンチのモナリザが自画像ではないかという説は、以前からとなえられていたが、 このたび、新発見の資料により、ダビンチが女性であったということが分かったらしい。 なるほど、そうだとすれば、モ..
Weblog: 吾日三省
Tracked: 2005-04-01 00:38

芸能人INDEX ビートたけし
Excerpt: 芸能人INDEX ビートたけし
Weblog: 芸能人INDEX
Tracked: 2005-04-23 06:54