2005年04月21日

NHK世界遺産 光と影の王宮伝説 ~スペイン・アルハンブラ宮殿~

alhan.jpg

NHKの番組「探検ロマン世界遺産」は、アルハンブラ宮殿。懐かしい~!相変わらず、お美しい姿が見れて嬉しかったかも。今回はあまり変なことも言わずに、じっくりと映像を映してくれて良かった。

まあ、惜しむらくは季節が冬に行ってるみたいでアルハンブラ宮殿の最も美しい姿を伝えていない点でしょうか。フライパンのようだといわれる強烈なアンダルシアの灼熱の中で、アラヤヌス(天人花)が咲き誇り、水面にその姿を映す様こそ、やはりアッラーの称える神の国なんだと思いました。映像を見てても、光が弱いのがはっきり出てましたね。

番組でも紹介していましたが、シエラ・ネバダ山脈より自然の高低差だけを利用して6キロ先から運ばれる水脈。そのおかげで真夏でもアルハンブラには、豊富な水をふんだんに使われ、気化熱もあって一旦日陰に入ると、天然クーラーのように冷える。本当に涼しくて快適な環境で、蜂の巣のような、と表現される彫刻建築が更に美しく神の世界をかいま見せる。

やっぱ、いいよねぇ~。座り心地がいい椅子があり、個人ならのんびりと本を読みながら、いつまでもいられるのも嬉しい。壁に刻まれたアラベスク文様。「アッラーは偉大なり」という文字がこのうえもなく、美しい組み合わせで文様化され、連なっていくその素晴らしさは本当に筆舌に尽くし難い。

泣く泣くその楽園を追放された哀れなボアブディル王を思うと、さらに哀愁を帯びた景色になるのも故無い訳ではないなあ~。イスラム王朝(文化)の絶頂と衰退が色濃く残っている世界遺産でもある。

なんとしても、夏に行くべきですね!世界中から来る観光客が半端じゃなく多く、ほとんど予約制になってしまうがそれだけの価値がある場所・建築でもある。何度でも訪れたい場所だ。あと、ふと思い出したが、アルハンブラに歩いて通った際、宿泊したホテルの名前もダローホテルだった。それなりの料金でなかなか快適だったなあ~。

関連ブログ
「アルハンブラ」佐伯泰英 徳間書店
アルハンブラ宮殿の思い出(2002年8月)


ラベル:世界遺産
posted by alice-room at 23:58| Comment(6) | TrackBack(1) | 【芸術】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ~あ、アルハンブラを見損ねてしまった。
水曜深夜の再放送まで耐え忍びます。
Posted by cafenoir at 2005年04月22日 10:31
きゃははwおもろいですwまた時間あったらあそびきまー
でわ
Posted by (≡゚∀゚≡) at 2005年04月22日 13:10
cafenoirさん、今回のは結構いけますよ~。再放送は是非、撮っておいてご覧下さい。後ほど、アルハンブラの写真もここに貼っておきますね!
Posted by alice-room at 2005年04月22日 13:28
(≡゚∀゚≡)さん、少しでも喜んでもらえたら嬉しいです。かなり趣味に走って、書いてあるブログですが・・・。
コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年04月22日 13:31
初めての海外旅行でスペインは「過激」と言われたところですが行って良かった。アルハンブラ宮殿を撮った写真何枚かはプロ並みの出来。自己満足???あれから、もう1年半が過ぎてしまいます。
Posted by 佐藤 徹 at 2005年07月21日 21:14
佐藤 徹さん、こんばんは。初海外がアルハンブラって最高だったんじゃないですか? 私も連日2回も行ってました。ここはまさにお気に入りの場所です。是非、また行きたいところの場所ですね!
Posted by alice-room at 2005年07月22日 02:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

アルハンブラ宮殿について
Excerpt: アルハンブラ宮殿はイベリア半島最後のイスラム教国、ナスル朝が残した宮殿です。 アルハンブラ宮殿は、スペインのアンダルシア地方グラナダ県グラナダ市南東の丘の上に位置します。 ウマの背のような形をした..
Weblog: スペイン旅行へ、いざ行かん!!美と癒しとワクワクの探求
Tracked: 2009-09-18 21:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。