2005年05月05日

バチカンと聖公会が『シアトル声明』

バチカンと聖公会が『シアトル声明』(世界キリスト教情報より転載)
【ロンドン=CJC】バチカン(ローマ教皇庁)と聖公会共同体(アングリカ・コミュニオン)の代表が米シアトルで会合、5月16日に共同で『シアトル声明』を発表する。教義と教会の実際の場においてマリアの地位をどう定めるか共通理解に達したものをまとめる。

 声明の主題『マリア=キリストにおける恩寵(おんちょう)と希望』は、キリスト教信仰と献身という重要な課題に関して、両派が行って来た対話の結実として最初のもの。

 両派は『アングリカン=ローマ・カトリック国際委員会』(ARCIC)を設け、対話を重ねて来た。正式には教皇庁キリスト教一致評議会とアングリカン評議会(ACC)の共催とされている。
これって、前法王のヨハネ・パウロ2世の時に、ファティマの奇跡とかがあって、相当マリア崇拝に傾いたのを揺り戻すということなのかな? この記事では内容がイマイチ分からないんですが…。まあ、それ以上に私がものを知らないので誤解している可能性が多分にあるんですけどね。

でも大変ですね。既にキリスト教も2000年を経て、聖母マリアをどう捉えるかということを決めていかなければならないというのは。そうすると、やはりマグダラのマリアの位置付けとかは、更に時間がかかるのでしょうか??? 最近、すっごく関心があるんですけど。今後も時代と共に変わっていきそうですね。もっとも未だに成長し、時代に適応するというのは生きている宗教故の課題で必然的に生じるものかもしれません。
posted by alice-room at 03:51| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 【ニュース記事A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日刊カタログさん、こんにちは。TB有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年05月12日 14:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

「まとめ」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 まとめ 」の検索結果で、「叡智の禁書図書館 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-12 06:26