2007年03月03日

「美しい書物の話」アラン・G. トマス 晶文社

shomotu.jpg

中世に遡る鮮やかで美しい手写本から、初期印刷本(インキュナブラ)以降の印刷本まで、世界中の美しい本が紹介されています。

ラトレル詩篇

美しさを一つの観点にして本を捉えている点からも図版が多いのが長所なのだが、カラーが少なく、モノクロが圧倒的多数。残念ながら本書自体は美しい本の部類には入らないかと思う。カラーの図版もできれば、紙を変えるべきだったと思われる。

楽園を追われるアダムとイブ

値段もそこそこするので、あえて購入して手元に置かなくても図書館か本屋でさっと見れれば、それで十分だと思う。同じお金出すなら「ケルズの書」でも買いましょう。満足度ははるかに高いよ!

ノアが箱舟の建造を指示している図

著者は英国の古書籍業者で非常に有名な方らしいです。仕事柄、稀稿本に接する機会も多く、書誌的知識も豊富な自らの店のカタログは大英博物館にも納められるほど・・・という宣伝文句が書かれていますが、本書に関する限り、そんなたいしたものではないように感じてしまいます。

時祷書

まあ、稀稿本などおよそ手を出せない庶民の私が言うのもおこがましいのですが、他にも類書を読んだ限りではよくあるような内容です。悪くはないですが、決して飛び抜けて素晴らしい内容には思えません。詳しくきちんと知識を得たいなら、下に紹介している本で使えるものを読みましょう♪
神の国
【目次】第1章 中世の彩飾写本
第2章 初期印刷術
第3章 彩色図版のあるイギリスの書物―1790‐1837
第4章 プライヴェート・プレスの時代
あとね、著者がイギリスのロンドンだから、仕方ないのかもしれませんが、第3章は不要だと思います。全然、綺麗だと思わないし、歴史的にも古くもないしね。どうせなら、第1章と第2章だけでもっと充実したものだと個人的には嬉しかったです。

本書に載っているいくつかの図版を紹介しておきます。
・ラトレル詩篇
・楽園を追われるアダムとイブ
・ノアが箱舟の建造を指示している図
・時祷書
・神の国

20070303f.jpg

美しい書物の話―中世の彩飾写本からウィリアム・モリスまで(amazonリンク)

関連ブログ
「ケルズの書」バーナード ミーハン 創元社
「図説 ケルトの歴史」鶴岡 真弓,村松 一男 河出書房新社
「中世ヨーロッパの書物」箕輪 成男 出版ニュース社
「美しき時祷書の世界」木島 俊介 中央公論社
「甦える中世ヨーロッパ」阿部 謹也 日本エディタースクール出版部
印刷革命がはじまった:印刷博物館企画展
「グーテンベルクの時代」ジョン マン 原書房


ラベル:書評 写本 アート
posted by alice-room at 18:30| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 【書評 歴史A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それでもこういう本は気になりますね。
私も今、買おうかな?と思っている本がありますが、持って帰るのが大変。そのうちに。
Posted by seedsbook at 2007年03月05日 02:37
alice-roomさんの御宅は、ストラホフ修道院なみになっているのでは・・・と想像しています。

ところで、3月末に『サン・ジャックへの道』という巡礼を題材にした映画が公開されるそうです。うちの近くの映画館では上映しないので、見に行けるかどうかわからないけれど、とても興味持っています。
Posted by 大阪のマリア at 2007年03月05日 21:01
seedsbookさん>そうなんです。ついつい手にてっとしまいます。実は、先日ネットで美しい挿絵のたくさん入った時祷書を購入したんです。一ヶ月経ってまだ手元に届いていませんけど・・・(苦笑)。今はそれが届くのが楽しみで堪りません。
本は買った時、見ている時、本当に嬉しいのですが、重いのって大変ですよね。置き場所にも困るし・・・。同感です。

大阪のマリアさん>いやあ~、確かに家のあちこちに本が埋もれていて身内から冷たい目で見られていますが、そんな立派な本は一つも持っていませんので(残念!)。
『サン・ジャックへの道』ですか。うわあ~、なんかそそられますね。ここですね。
http://www.saintjacques.jp/
でも、見たら是非行きたくなってしまいそうで怖いです、ホント。大阪のマリアさんは大丈夫ですか?
Posted by alice-room at 2007年03月05日 23:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。