2007年03月13日

「本の歴史」ブリュノ ブラセル 創元社

honnnorekisi.jpg

本書自体が小さいので図版もそれほど大きくはないのですが、実に綺麗なカラー図版が非常にたくさん入っています。これが何よりも本書のウリ!彩飾写本など、かなりの量だと思います。これはとっても嬉しい♪

文章は本に関する歴史全体を扱っている為、個々の説明については個人的に物足りなさを覚えるものの、全体としては過不足なく、バランスのいい記述とも思えます。

グーテンベルクのところも、先日大変詳しい本を読んだから、どうしても一言言いたくなるところですが、紙面の制約からも本書でこれ以上、深く語ったら、バランスが取れなくなるから、しかたないでしょう。

でも、プランタン=モレトゥスにも触れているし、ケルムスコット・プレスについても書かれているし、やっぱりバランスがいいのは確か。宝飾品・貴金属と同等いやそれ以上に貴重な『モノ』としての書物が存在すること、そして人間にとって特別な地位を占める『書物』の存在を知るには、良い本だと思います。

とにかく綺麗な図版だけでも買う価値あると思いますよ~!! 見てるだけでもそこそこ楽しめます(笑顔)。

監修が荒俣さんというのも、やっぱりね、と納得する本でした。
【目次】
第1章 手書きの本
第2章 グーテンベルク―謎の発明家
第3章 印刷術の飛躍
第4章 出版業への規制
第5章 本の勝利
本の歴史(amazonリンク)

関連ブログ
プランタン=モレトゥス博物館展カタログ
「グーテンベルクの時代」ジョン マン 原書房
「美しい書物の話」アラン・G. トマス 晶文社
「中世ヨーロッパの書物」箕輪 成男 出版ニュース社
印刷革命がはじまった:印刷博物館企画展
「美しき時祷書の世界」木島 俊介 中央公論社


ラベル:書評 歴史 写本
posted by alice-room at 21:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 本】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。