2007年04月02日

ドグラ・マグラ(1988年)松本俊夫監督

いわずと知れた夢野久作氏による奇書の映画化作品です。確か単館ロードショーの時に観に行けなくて、ビデオレンタルでようやく探して見た覚えがあります。それから強烈なインパクトを受けて原作を2、3日で読了し、今も変わらず私が小説として絶対に一番と思っている作品でもあります。

それだけ思い入れあったのでDVD化された時は狂喜乱舞して速攻購入したものでした。で、何度も見ているのですが、久しぶりに見直したので感想でも。

やっぱりこの映像の独特の感覚は秀逸です。ややもすると、アングラ系の舞台でも見ているような妖しさが漂っていますが、呉モヨ子の可憐さなどは妹属性で十分過ぎるくらいの萌え対象でしょうし、母の慈しみに満ちたしぐさなどそれぞれもパーツだけでもヤバイでしょう。

しかし、なんと言っても九州帝国大学にあって世界に誇る日本の頭脳とも言うべき二人の傑出して人物がなんとも魅力的♪ 一方の正木博士を演じる桂枝雀は、豪放にして人知れず苦悩する繊細な魂を有し、同時に学問の為に全ての物を犠牲にして悪魔と取引する怪人物を好演している。特に本作品で、千年以上にも及ぶ昔から続く事件の再現で重要な役目を果たす人形劇における活弁士の如き語りは、これぞ至芸とでもいうべき絶妙の語り口調だったりする。

勿論、これに対する室田日出男演ずる若林博士もひとくせもふたくせもある紳士で、学問に対する情熱においても、またその為になら、全てを犠牲にしてもかまわないという思いについてもまさに正木博士と拮抗しうる怪人物を演じています。どちらの立場も物語の進行中、場面場面で入れ替わり、同時に時間軸さえもこれが現在の話なのか、過去の回想時のものなのか、過去のその時点そのものなのかも微妙に揺らぐ構成となっていて、一回見ただけで内容を理解するのは難しいでしょう。

それでも、あの原作を元にしてよくぞここまでの映画化が出来たと思います。原作ファンからの評価はいろいろとあったようですが、私は映画を見てから原作を見たクチなので、本作品を大いに評価しています。当然、どこをどうしても原作の方が圧倒的に素晴らしいと感じているのも事実ですが、原作自体のあれだけの完成度を前にして、誰が映像化しても逆に本作品以上に出来ないような気さえします。

少なくとも私は映画を見てから、原作を読めて幸せだったと思います。もし、まだ原作を読んでいない方なら、まずは映画を見るというのも一つの手でしょう。本作は紛れもなくカルト映画にジャンル分けされて、決して一般ウケする作品ではないでしょうが、絶対にはまるタイプの人がいる作品でしょうネ。

原作のストーリーがなんとも説明ができない素晴らしさなのを受けて、それを映画という二時間の枠に納めつつ、まがりなりにも意味が分かるストーリーとして再構築されているのも凄いです。音楽と映像の異様に調和した美しさや世界観も、魅力の一つでしょう♪

とにかく一度見れば、薄っぺらな日常的世界観が崩壊していくかのように感じられることでしょう。原作を読んだ人が、頭の中を何ものかがぐるぐる回転してしまって抜け出せなくなるというのは、この映画にも当てはまるような気がします。

変なヒト、変わり者のヒト、是非見ましょうネ♪(笑顔) 変な薬なんぞ使わなくてもすぐにトリップできるでしょう。

そうそう主役の松田洋治による呉一郎ですが、あの蜷川氏がこの役に推薦したそうです。演技力にも定評があり、さもありなんって感じですね。桂枝雀氏に至ってはその後自殺未遂があって亡くなってしまい、大変残念な限りです。

いろんな意味で興味深いのですが、この作品は基本中の基本でしょう。どんな類の人にとっての基本かは、あえて書きませんが(苦笑)、少しでも関心があれば、絶対に見ておきましょう。怪奇趣味の妖しい要素が満ち満ちている素敵な作品です。美少女が出てきて、死体が切り刻まれて・・・わあ~、いっぱいだあ~(ってオイ!)。

ドグラマグラ:映画(amazonリンク)
ドグラマグラ:小説(amazonリンク)

関連ブログ
「死後の恋」夢野久作 出版芸術社
ユメノ銀河(1997年)石井聰亙 監督
「暗河 21」1978年冬 葦書房
「楊貴妃後伝」渡辺龍策 秀英書房(1980年)
「図説 地獄絵を読む」澁澤龍彦、宮次男 河出書房


posted by alice-room at 18:44| Comment(6) | TrackBack(4) | 【映画・DVD】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は本を読んで、映画を映画館でみて、ビデオを見ましたが、あの原作をあれだけの映画にしたのは凄い!
♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

と思いました。
Posted by たかぼん at 2008年03月03日 11:09
たかぼんさん、こんにちは。
本当にこれだけの映画に作り上げたのは、快挙以外の何物でもないと私も思います。これを観て以来、未だに記憶が色褪せることがありません。

できれば、映画館で一度観てみたいです!!
コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2008年03月03日 14:39
alice-roomさん、こんばんは
僕も久しぶりに、この映画を見ました。
原作よりは劣るとはいえ、やはりこの映画は傑作ですね!
「変なヒト」という自覚はないのですが、仰るようにトリップできました。(笑)
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
Posted by lapis at 2008年03月09日 00:54
lapisさん、TB&コメント有り難うございます。
>「変なヒト」という自覚はないのですが、仰るようにトリップできました。(笑)

それは気付かないだけで・・・・あっ、冗談です、たぶん・・・。失礼致しました(お辞儀)。
でも、たま~に見るとホントになんか現実感覚が揺らぐような気がします。

そして、映画を見ると、また本も読み直してみたくなって困ります(苦笑)。

そういえば・・・
ドグラマグラの初版本を以前見たことがありますが、欲しいんですけどねぇ~。10年以上前で70万円のお値段でした。貧乏な私には、復刻版の沖積社のを購入するのがやっとだったことを思い出しました。

あの本、どこにしまったのやら???
Posted by alice-room at 2008年03月09日 20:49
こんばんは
lapisさんのところでのコメントにアンテナ立ててるわたしです(笑)。
わたし、当時大阪市内・京都市内のあらゆる上映会場に出没した記憶があります。
犬神博士で夢野に溺れたのですが、ドグラ・マグラは映画を見てから原作へゆきました。
わたしにとって、ドグラ・マグラの原作と映画はブリキの太鼓のそれと匹敵です。
どちらもメチャメチャ好きです。
'96年くらいまでハリウッド映画と一切無縁で、マニアックな作品しか見ませんでした。←ヲタ。
とにかくこの映画は面白いです。
今でもわたしの中ではある種の第一位のまま、燦然と輝いてます。

それからウンタマギルーですが、自分で書いてからネットで探すと、YAHOO動画で4/28頃まで無料で見れます。あれはVTRもDVDもいまだに手に入れられず、パンフを繰り返し眺めるばかりなので、久しぶりに見れて嬉しいです。
因みにこちらがそのアドレスです。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00026/v01409/v0140900000000356912/
長々と失礼しました。
Posted by 遊行七恵 at 2008年03月09日 22:08
遊行七恵さん、こんばんは。
犬神博士もいいですねぇ~、悪魔祈祷書なんてのも私は大好きです♪ 

>ドグラ・マグラは映画を見てから原作へゆきました。

私も映画から原作へ向かったクチです。同じく。

若い頃は、基本的にメジャー系を避けてサブカル系のものを好んでいたので映画なども単館ロードショーとかが多かったですねぇ~(フフフ)。

ウンタマギルー情報有り難うございます。ほんと懐かしいです。私も今度の週末にでも再び見てみたくなりました。あの不可思議な空間というか、間がいいんですよねぇ~。楽しみです♪

最近、あまり映画をみていないのですが、何か新しいものも開拓したくなりました。どうも有り難うございました(笑顔)
Posted by alice-room at 2008年03月10日 23:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ドグラ・マグラ
Excerpt: 胎児よ 胎児よ 何故躍る 母親の心がわかって おそろしいのか                           (夢野久作『ドグラ・マグラ』)松本俊夫監督の『ドグラ・マグラ』を久しぶりに見た。この映..
Weblog: カイエ
Tracked: 2008-03-09 00:49

「ドグラ・マグラ」
Excerpt: 「ドグラ・マグラ」      【公開年】1988年  【制作国】日本  【時間】109分  【監督】松本俊夫    【出演】桂枝雀(...
Weblog: ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋
Tracked: 2009-05-18 10:55

【ドグラ・マグラ】胎児よ 胎児よ 何故躍る
Excerpt: ドグラ・マグラ 監督: 松本俊夫 原作: 夢野久作 出演:  桂枝雀、室田日出男、松田洋治、江波杏子、三沢恵里 公開: 1988年10月 1988年、...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2009-09-07 17:22

[映画]ドグラ・マグラ(1988年映画版)
Excerpt:   ドグラ・マグラ [DVD]      原作は難解な小説として有名ですが、この映画はそんなに難解なことはなく、意味が通っていてエンタメに徹していました。  それでも、若林先生が突然いなくなって死ん..
Weblog: OLDIES 三丁目のブログ
Tracked: 2017-01-13 20:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。