2007年04月15日

トム・ハンクス、史上最高ギャラで「天使と悪魔」にサイン?

トム・ハンクス、史上最高ギャラで「天使と悪魔」にサイン?
【eiga.comより転載】
4月12日の米ハリウッド・リポーター紙が報じるところによると、コロムビア・ピクチャーズ製作の、「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる「天使と悪魔」(Angels and Damons)に対し、トム・ハンクスが遂に出演を了承したとの噂が流れている。

 ダン・ブラウンが執筆した原作の小説「天使と悪魔」(角川書店刊)は、正確には「ダ・ヴィンチ・コード」のプリクエル(前章)にあたり、ハーバード大学の宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授の活躍を描くシリーズ第1弾として広く知られている。ローマ法王選出選挙“コンクラーベ”真っ直中のバチカンと、世界最大の加速器を有する原子核研究所SERNを舞台に、宗教と科学の対立をスリリングに描いたサスペンス小説だ。

 昨年、映画版「ダ・ヴィンチ・コード」が公開され、全世界で7億6000万ドル(約900億円)を稼ぐメガヒットを記録。それを受けて「天使と悪魔」の映画化プロジェクトが、ソニー・ピクチャーズ(コロムビアの親会社)内で極秘裏に進められ、一説にブラウンには「ダ・ヴィンチ・コード」の3倍にあたる380万ドル(約4億5000万円)もの映画化権を支払い、前作同様、アキバ・ゴールズマン(「ビューティフル・マインド」)に脚本を依頼。ハンクス演じたラングドン教授が主役だけに、彼が出演するかどうかに大きな注目が集まっていた。また、今年1月からジェーン・ジェンキンスとベビー・マクウィリアムスというハリウッドでも1、2を争うスゴ腕キャスティングディレクターにより、Aリストの俳優の中からハンクスの相手探しが行われていた。過去の出演料最高額(オプション分を含まない出演料で比較した場合)は「ターミネーター3」のアーノルド・シュワルツェネッガーの3000万ドルだが、前作の出演料として1800万ドル(約21億6000万円)プラスオプション契約分を受け取ったハンクスには、正確な金額は不明だが、前回を上回るハリウッド史上最高の出演料がオファーされたとまことしやかに噂されている。

 なお映画は、前作同様にロン・ハワード監督がメガホンを取り、今年6月から小説の舞台となるローマなどで撮影が始まる予定。
う~ん、ダ・ヴィンチ・コードでだいぶ儲けたから、二匹目のドジョウというやつですね。でも、こちらの「天使と悪魔」の方が映画的には面白いかもしれませんね。

映像化されるってことは・・・。バチカン図書館とかもシーンで絶対出てくるよね。いろいろ貴重な写本とかも出てくるんじゃないでしょうか? ちょっと期待しちゃいますね。期待する方向が違う私でした(笑顔)。
posted by alice-room at 20:36| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【ダ・ヴィンチ・コードC】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絶対行くと思いますが、やっぱりトム・ハンクスに
違和感がぬぐえない私。
あの妙な髪形を今回はやめて欲しい。
Posted by OZ at 2007年04月16日 05:43
別にトム・ハンクスでなくてもいいような気がしてしまうんですけどねぇ~。あの髪型ですか(笑)。どうなるんでしょうね?本当のところは?
イルナミティも面白そうですけど。
Posted by alice-room at 2007年04月16日 22:24
トム・ハンクスは、最初原作のイメージとは違う気がしましたけど、それでも一度見てしまうと彼で落ち着いてしまいますね。公開が楽しみです。でも、ローマ法王が文句言ってるくらいなのに、バチカンでの撮影許可下りるのかなあ。

ところで、映画「サンジャックへの道」を見てきました。ストーリーは良かったのですが、あまり風景に重点が置かれてなくて少し残念でした。
大阪の国立民俗博物館でいま特別展「聖地巡礼」をしていて、風景と言う点ではこちらのビデオ映像の方がおもしろいかもしれません。

Posted by 大阪のマリア at 2007年04月18日 08:34
やっぱり慣れてしまうと、次に人が変わったら、かえって変な感じがしてしまうでしょうね。たぶん。
バチカンでの撮影は難しいでしょうね。大掛かりなセットを作ってCG処理とかしちゃうのではないでしょうか?発想が安易?(自爆)

>ストーリーは良かったのですが、あまり風景に重点が置かれてなくて少し残念でした。

せっかくですから、美しい風景も映画で堪能したいですよねぇ~。私はDVDになるまで待ってみてみたいです。民俗博物館でそういうのも流しているんですか。へえ~、なんかとっても面白そうですね♪ 『聖地巡礼』キリスト教徒ではないですけど、やっぱり何か惹かれるものがあります。

Posted by alice-room at 2007年04月18日 23:48
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック