2005年05月31日

「迷宮魔術団1」巻来功士 集英社

meikyu.jpg知っている人は知っている巻来功士氏の漫画です。「ミキストリ」も良かったですが、この作品もなかなかイイ。この人の描かれるホラーって、普通に悪魔や魔女狩り、ドルイドや秘密結社等々オカルト的要素が満載のうえに、よお~く資料を調べてあって歴史や伝承とかの知識が身に付くうえに、ストーリーも良く練られていて漫画としても楽しいのがGOOD!

絵柄的には悪魔が出る以上、残酷な場面が多々あるものの、それだけでは終わりません。根底には人間愛や誠実さといったヒューマニズムあふれる精神的美徳がある一方で、現実世界において悩み、焦燥し、時として道を誤るとか非常に人間的なドラマが繰り広げられ、大人が十二分に味わえる深みのある作品になっています。

悪役が本当に嫌な奴で、キャラが立ってます。当然、悪魔と契約しているような連中で一癖も二癖もある曲者なんですが、彼らの悪逆非道ぶりに怒りを覚えながら、最終的に勧善懲悪パターンで決着がつくのは爽快です。もっとも、話によっては解決しても、重い余韻が漂うものもありますが・・・。

黒魔術や異端審問とかに関心がありつつも、悪い奴なんて死んだっていいんだい!っていう極端な正義感を持つ人なら、必ず楽しめますよ~。

迷宮魔術団 1 (amazonリンク)
posted by alice-room at 14:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【漫画 アニメ】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック