2005年06月07日

「この辞書・事典が面白い!」室伏哲郎 監修 トラベルジャーナル

kono.jpgもうちょっと面白いかなあ~って思ったんですけどね。それほどでもなかった。プロローグで大層なことを語っている割に中身はかなり俗っぽい感じ。

それぞれの分野の専門家を選者にして選んでいるので、かなりの人数が関わっており、選ばれているのはそれなりの本かもしれないが、あまりにも言葉足らずな説明。簡潔なら好ましいが、説明不足に頁数不足の両方が相俟って、なんか薄っぺらで結局どっちつかず。私にはこんなのが辞書や事典選びの役に立つのでしょうか?と疑問に思わざるを得ない。

冒頭の意気込みから、ちょっとは期待したんだけどなあ~。結局、流行の○○が面白い的な安直な本でした。勿論、書名さえも知らない本がたくさんあり、そういうのが分かっただけでも有益ですが、どうせならもっと、硬派に書誌的なことを羅列してくれても良かったのにね。そもそもそういうのが探せないし、知らないから困ってるんで、選者の必要以上の思いなんていらない。思いだけで成果につながらないのは無駄。だって、エッセイじゃないんだからね。

読み易さを重視して中身が空っぽになってしまったみたい。なんか悲しいなあ~。本当はもっと&もっと増えていって欲しいタイプの本なんですが、こんなんだったら売れないだろうし、後続する本にもマイナス影響が出そう。

どういう方針でこれから進むのか分かりませんが、もっと腹くくってこの手の本は書いて欲しいなあ~。路線としては、大いに期待してるんですから。さあ~って、仕事でもして落ち着いたら、もっと素敵な楽しい本を読もうっと。

この辞書・事典が面白い! (amazonリンク)


posted by alice-room at 19:06| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 【書評 実用・ビジネスA】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フ~ム。面白く無かったんですね?残念ですね。
辞書、辞典、図鑑大好きですから、そういう参考書を読むのもいいかな?と思いましたが。。。
図鑑の図鑑なんてのもどうかな?
意味無いんだろうな。。。(笑)
Posted by seedsbook at 2005年06月08日 14:10
私はまだ見つけられていませんが、seedsbookさんの言われるような図鑑の図鑑なんて、あったら本当に楽しそう。

個人的には図鑑から抜粋した図を集めた頁と、微に入り、細に入り、必要以上に詳しい説明をした頁とが見開きとかなら、見易くていいかなあ~。でも、そんな詳しい説明を入れたら、見開き2頁じゃ足りませんね。困った?

でも、ほんとあったらいいですね。
Posted by alice-room at 2005年06月08日 15:55
「新解さん」第3版が世に注目されてから、辞書が主役として光を浴びる機会が増えましたね。
とはいえ。
この本、平積みになっている横を通り過ぎたことしかないのですが、監修がトラジャルであるところがなんとも怪しすぎますね(笑)
Posted by マユ at 2005年06月10日 05:48
マユさん、やはりそこに目が行きますよね!出版社を見ただけで、だいたいのレベルは想像できてしまいますし(笑顔)。

図書館で借りるのでもなければ、まず買わない本ですね。あとブックオフの100円棚なら、可能性はあるかな? 息抜きに飛ばし読み用に借りていたので、ちょうど良かったかも? 読書の合間に、本で息抜き? ん? 

コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年06月10日 15:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。