2007年05月25日

「絶対可憐チルドレン」1~8巻 椎名高志 小学館

zettaikaren.jpg

主人公は超能力者の小学生3人。いろいろな意味で、素直でかわいげのある子供、というイメージと正反対の存在が国家機関から育成保護されながら、その代償として数々の事件や問題を解決していく。

この大枠設定の中で、実にうま~く人々の交流を描き出しています。作者は「ゴーストスイーパー美神」で有名な椎名氏で、正統派的なストーリーながらきっちりと楽しめる漫画が描かれています。

イマイチ高い評価は聞かれませんが、完成度はかなり高い作品だと思います。私は椎名氏の作品が好きで他のもほとんど読んでますが、これも面白いと思いますよ~。

貴重なエスパーを囲い込むことで優位に立とうとする国家組織と、心が読めたり、大人の思惑をイヤというほど知って、スレてしまった少女のエスパー達。彼らを監督する上司も普通ならば、エスパーの能力を恐れるが故に、距離を置こうとするのに、彼らをあくまでも普通の子供として扱おうとする直属上司の存在。やがて、その上司だけには心を許し始めるエスパー達。

まあ、ベタな設定であり、基本中の基本路線なのですが、出来がいいので十分に面白かったりする。最近、ありがちなヘンに歪んだり、屈折した作品ではないので素直に楽しめます。

絶対可憐チルドレン(1)
posted by alice-room at 23:15| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【漫画 アニメ】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック