2016年12月13日

「テンダーワールド」藤木 稟 講談社

藤木氏のちょっと毛並みが変わった小説になります。

SFとまではいかないまでも近未来ものでしょうか?
う〜ん、本書だけ読んだ限りでは、全然意味が分かりません。

正直もっと面白くなるかと思ったのですが、ただ人が死んでいくだけでストーリーが収束しないのですが・・・。

無駄にネタを詰め込んで、その行き着く先が本書では分かりません。
うやむやのうちに終わってしまい、なんだかなあ〜という感じです。

これは駄作だと思うんですが・・・・。

テンダーワールド(amazonリンク)
タグ:書評 小説
posted by alice−room at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説C】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444862508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック