2007年06月13日

「うつうつひでお日記」吾妻ひでお 角川書店

utuutu.jpg

いやあ~、もう完全に過去の人だと思っていた吾妻先生の最近の漫画が読めるとは思ってもいませんでした。素直に嬉しい♪ ちょっと前に「失踪日記」(だったっけ?)が話題になっていたのも驚き半分で知ってはいましたが・・・あちらはあまり読みたいと思わないのだけれどね。

まず感想から、私にとってはかなり面白い。でも、それはおそらく一般人が感じる面白さではない。氏の過去の作品をだいぶ知っているからこその面白さの為、私のいう意味で共感される方は少ないと思う。

実は私自身、元からの吾妻氏ファンであり、吾妻氏の作品は、絶版物を含めて古書店で二束三文で売っていた頃にだいぶ集めた記憶があり、たぶん段ボールのどっかにどっさり残っているはず。それゆえ、ポロンとかやけっぱちのマリア、気まぐれ天使等々を名前を見るだけで、ニヤリと微笑んでしまう。本書に出てくるミャアちゃん写真集(イラスト集)まで当然、持っているのでそういう人には堪らない一冊です。

それに何気に書評+イラストの本だったりする。まあ、日記ではあるんだけど、薬飲み過ぎではないのかなあ~、ちょっと心配になってしまう。お体お大事に! 周囲に鬱を病んでいた友人が複数いて、いろいろと薬や症状の話を聞いていたので、本書の内容にそれほど違和感もありませんが、全然抵抗力のない方が読むと、いささか鬱のノリに影響されるかもご注意下さい。あの手のものは、しっかりと自我と距離をとっていないと伝染します(マジ)。ただ、脱力系とかゆる系として読めばいいのかもしれませんけどね。

そうそう、読んでいて以外だと思ったことはいろいろありますが、まさか吾妻氏が西尾維新を読んでいるとは・・・単純に驚きました。評価は微妙みたいですけど。いやあ~想像できないですよね。

それに本当に著者自ら同人誌を書いて売っていたんですね! これも驚きました。知っていたら通販買ったのに。今度、探してみよっと。それと、本書の中で氏の過去の作品がいくつか復刊されてることを初めて知りました。持ってないのあるかな? あったら、買ってみてもいいかもしれない。

昔の知り合いにあったような、大変懐かしい印象を受けました。かつての吾妻ファンなら、読んでおくべきでしょう。そういえば、以前星雲賞とってたなあ~。私がダーティペアのファン倶楽部に入っていた頃だろうか??? しっかし、古い話だ。大塚英志とか、蛭子神健とか、もう都市伝説とかと思う人名が出てくるしね(前者は、今も時々本が出ているのを見るが・・・)。

関係ないけど、軍曹さんまで見てるとは侮り難し(爆笑)。今後も是非、吾妻氏の作品出していって欲しいですね。あまり無理されませんように。

うつうつひでお日記(amazonリンク)
ラベル:コミック
posted by alice-room at 19:29| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 【漫画 アニメ】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

都市伝説 蛭子
Excerpt: 都市伝説は、近代に広がる伝説の一種なんですね都市伝説の概念を広めたのは ジャン・ハロルド・ブルンヴァンという方なんですが都市伝説は「民間説話」(Folk Narrative)の下位分類である「伝説」(..
Weblog: 都市伝説 口コミ噂情報
Tracked: 2007-07-31 17:54