2017年05月13日

「一生楽しめるオーディオの事典」上田 高志 

audiojiten.jpg

30年ぐらい前の大きなスピーカーを昔のコンポにつないだら、ちゃんと音が出たので、引っ越しの時に捨ててしまったオーディオの代わりに、CDチューナーコンポを新たに購入。

中学生時代以来の音への関心が蘇り、いい音で音楽が聴きたいと勉強を始めて読んだ本。

基本的なオーディオの仕組みから、どうやっていい音を聴ける環境を作っていくのか?
分かり易い記述で大変勉強になりました。つ~か、昔、確かにこういうのを本で読んで試したなあ~と懐かしさたっぷりに読みました。

お金をかけずとも簡単なことをあれこれ試すことで、音を良くしていく方法などがあり、その辺も実際に試しながら、なかなか楽しく為になりました。

読んで悪くないかと思います。
さて、スピーカーの台を自作するか、何かホームセンターで代用品を購入しようか、今悩んでいるところです。

一生楽しめるオーディオの事典 (SEIBIDO MOOK) ムック(amazonリンク)
posted by alice-room at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 実用・ビジネスB】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449835883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック