2017年05月18日

「撫物語」西尾 維新 講談社

nademono.jpg

順番は分からなくなってしまい、読んでない本から読んでる「物語」シリーズの一冊です。

今回は千石撫子だけで一冊終わっています。
時系列的には神様になった後の話です。

【以下、ネタバレ有り】


スクール水着とか露出過多気味のキャラでしたが、手ブラでブルマーという服装にまで至りました。
斧乃木余接ちゃんといつの間にか知り合いになっていて、お友達になっていたりする。

その辺でしょうか?あえて書くべき内容としては。

うん、まあ、読んでて普通にそこそこ面白いです。
その辺が作者の腕の良さなんでしょうが、以前のように絶対お薦め!とかそういうレベルではないんですが、他のつまらない作品読むくらいなら、読んでもいいかな~とか思えるレベルです。

あれだけ書いていてもこの水準っていうのは逆に言えば、凄いんでしょうけれど、もっと刺激的な作品も読んでみたい!っていうのも正直なところだったりする。

撫物語 (講談社BOX)
posted by alice-room at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449988512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック