2018年12月01日

「D坂の美少年」西尾 維新 講談社

D坂.jpg

おっと、ついにカスの男装の少女が生徒会長に立候補。(作中の本人談)
後の副会長さんがとっても素敵な趣味の持ち主で・・・あっ、これはこの巻ではなくて続巻の話なのでもう何冊か先を読んでいるので私の中では話が前後しまくりですが、そういう抜きにしても普通に楽しく読める少年探偵団ものです。

ジュブナイルにしては、いささかある種の毒がある西尾氏の描くシリーズですが、今時の若い世代にも受け入れられのでは?とか思ってしまう、既に少年少女の時代を遥かに超えた読者の感想です。

寝る前に、軽く一読するには良いかなあ~。
時々、クスって笑える箇所もあるし、本家の少年探偵団とは全然違うけれど、それでもまあオマージュかな。
ついでに言うと、D坂は団子坂ではないってことは、重要ではない。

大きくシリーズの流れが変わってくる分岐点となる(?)お話でした。


D坂の美少年 (講談社タイガ) 文庫(amazonリンク)


posted by alice-room at 22:38| Comment(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。