2018年12月10日

「紀元千年のヨーロッパ」 L.グロデッキ 新潮社

著者があのグロデッキで翻訳者が柳 宗玄だったので読んでみました。

もうちょい、ゴシック建築とかロマネスク建築、聖遺物や装飾写本とか出てくるかなあ~と思ったんですが、フランスのものが意外と少なく、シャルトル大聖堂とかほとんど出てこないうえに、ドイツの中世建築とか・・・ね。

なんか私の求めているものとは、かなりずれているのを感じました。
説明文も多いのですが、中世美術や宗教関係の記述もちょっとなあ~。
ヤンツェンやフォションが引用されてたりするが、ちょっと違うんですよね。

ざっと全頁をめくって興味が持てそうなところだけでも拾い読みしようと思ったのですが、全くそれに値する箇所もありませんでした。
本書のポイントがいまいち私には理解できませんでした。

紀元千年のヨーロッパ (人類の美術) (amazonリンク)

ブログ内関連記事
「図説世界建築史(8)ゴシック建築」ルイ・グロデッキ 本の友社
「ロマネスクのステンドグラス」ルイ グロデッキ、黒江 光彦 岩波書店


ラベル:書評 中世
posted by alice-room at 21:50| Comment(0) | 【書評 美術】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。