2018年12月10日

「緑衣の美少年」西尾 維新 講談社

緑衣.jpg

紅一点には何故かなり得ない、いささか病んだひぬくれ者もどきの眉美ちゃんが相も変わらず、頑張ってます。
柄に合わない生徒会長を務めながら、大切な(唯一の取柄である)おめめさえも失明の危機に瀕します。

でも、そこはジュブナイル!
良い子で頑張ってしまおうとする姿が健気(?)で涙を誘います。
勿論、誘いませんが、読者の関心をうまく引っ張りながら、次巻へと誘います。

という訳で続巻が出るのを楽しみにして、その間に『物語』シリーズでも読んでます(笑)

緑衣の美少年 (講談社タイガ) (amazonリンク)


posted by alice-room at 22:01| Comment(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。