2019年02月25日

「僕僕先生 零 」仁木 英之 新潮社

zero.jpg

僕僕先生シリーズのその前段階のお話という設定での新編シリーズの開幕。
なんだけれど・・・・。

正直、本書はつまらない。
読んでいて苦痛でした。
その為、途中で読むのを止めました。

う~ん、著者の作品期待してたんだけれど、この前の僕僕先生シリーズも最後の方で低迷してたけれど・・・。
全巻揃えようかと何冊か買っちゃいましたが、一気に本書で熱が冷めました。

すべて売り払い、著者の書いた作品はもう読みません。
僕僕先生は1巻が一番面白く、後はドンドン方向性がそれて歪み、1巻の素敵な味わいが無くなり、駄作に堕ちたかと。
凄く残念で悲しいです。

僕僕先生 零 (新潮文庫nex) (amazonリンク)


posted by alice-room at 04:59| Comment(0) | 【書評 小説C】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。