2005年08月22日

英議員が休暇に持っていく本、「ダ・ヴィンチ・コード」が1位

英議員が休暇に持っていく本、「ダ・ヴィンチ・コード」が1位、の記事
【以下、転載】
[ロンドン 22日 ロイター] コミュニケートリサーチ社がまとめた恒例の「英国の議員が今夏の休暇に持っていく書籍のランキング」では、米作家ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」が1位だった。
 2位は、英史上最年少で首相となったウィリアム・ピット(小ピット)の伝記で、3位はJKローリングの「ハリー・ポッターと混血のプリンス」。

 調査は下院議員153人と上院議員100人を対象に実施された。
天下のロイターもこんなしょうもない記事を載せるんですね。ニュースとしての価値があるのだろうか?はなはだ疑問。でも、天下のロイターだからとそれをそのまま転載する私も、軟弱な権威主義者か?
posted by alice−room at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ダ・ヴィンチ・コードA】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6139587

この記事へのトラックバック