2005年09月13日

神秘的なテンプルマウントの人工物がダ・ヴィンチ・コードを惹起させる

Mysterious Temple Mount artifact evokes 'Da Vinci Code'、の記事

【以下、訳】
~ イスラエルの考古学者と助手がテンプルマウント(神聖な聖地の地名)の瓦礫をふるいにかける骨の折れる仕事を始めた時、彼らは最初の、或いは二番目の寺院に遡る人工物を発見することを期待していた。

彼らは、「ダ・ヴィンチ・コード」で述べられていた論争を起す理論の世界に直結するような神秘的な人工物を発見することなど夢にも思っていなかった。

2003年以来、3600万部以上も売れているダン・ブラウンの大ヒット小説では、テンプルマウントを聖杯の秘密を保持している場所としている。そしてその聖杯というのは、キリスト教徒の伝承によれば、最後の晩餐で使われ、十字架でのはりつけにおいてイエスの血を集めたものとされる。

ブラウンの小説では、ヘロデ王神殿の廃墟に埋められていた秘密は第一次十字軍(1099年)でエルサレム征服の数年後にテンプル騎士団によって再発見されたという。

一般に受け入れられている科学的調査では、ソロモンの厩舎として知られている地下の複合物の周りで、テンプル騎士団がテンプルマウントに本拠地を築いたことは確実なものとされる。しかしながら、テンプルマウントに関する考古学者や専門家によると、テンプル騎士団と聖杯間の結びつきに関する話全体は、全くのおとぎ話であるそうだ。

バールラン大学の聖書考古学の専門家とそこの院生がテンプルマウントのソロモン厩舎地域から瓦礫を調べるのに10カ月を費やした。ムスリム(=イスラム教徒)の支配者がソロモン厩舎の円周にそって空間を塞いでいた時、この土砂は十字軍に遡る。

彼らは瓦礫の中で十字架の形をしたブロンズ製ペンダント、1センチ四方の寸法のものを発見した。そのペンダントは元々金メッキをされていて、神秘的な象徴を持っていました。ある面はハンマー、ペンチ、ツメであり、裏返した面では祭壇同様に太陽に似ている。しかし、すぐに注意をひく主要な象徴は、いばらの冠に横たわる聖杯だった。

その専門家によると、ペンダントを見た人々の中には、これがダ・ヴィンチ・コードに関係した人工物であることを示している、という人もいたが、彼は相手にしていない。それらの線上で幾つかの興味深い説明を聞いたことがあるが、私の意見では想像力を刺激する符合以上の何物でもない、と言った。

院生はペンダントを徹底的に調べることを決意した。彼は十字軍の最後から1840年までに至る、キリスト教徒がテンプルマウントに訪れるのを妨げられた以来の19世紀に由来すると想定した。その象徴と特別な作業道具に基づいて、彼はそのペンダントがフリーメイソンに関連すると考えた。それは、18世紀の英国に設立された半ば秘密の友愛団体であり、ほとんどあらゆる西洋諸国に支部やロッジが作られた。

彼はイスラエルでモザイクの象徴の専門家を見つけられなかったので、シェフィールド大学でフリーメイソン研究の新しい中心のディレクターである教授と接触をとった。その教授はペンダントの写真を調査し、今週初めにその象徴は実際、フリーメイソンに結びついていて、ブリテンのフリーメイソンロッジの象徴ではないと回答してきた。

しかしながら、その教授は友愛組織の構成員が19世紀中にテンプルマウント地帯を訪れたと記した。神秘のペンダントは有名な考古学者チャールス・ウォーレンのものだったかもしれない。彼は1867年にテンプルマウントを訪れたことを文書に残していた。

ペンダントがフリーメイソンのものなら、それとブラウンが自分の著書ダ・ヴィンチ・コードの中で主張しているフリーメイソンがテンプル騎士団の後継者ということの間には間接的な関係がある。

ペンダントを発見した教授は、その話自体を越えてペンダントがテンプルマウントに何年もの間、埋められていた人工物の多様性や多数を証明しているという。テンプルマウントの土砂は普通の土砂ではなく、この土地の歴史を映し出した土砂の何物でもない。

彼らはトラックの荷台となった現代のものと交じった十字軍の土砂を調査している。

1999年11月に秘密裏に取り除かれ、旧市の東、キドロン川床に投げ出された建築残土。この瓦礫を調査する価値があるとする考古学者の間には論争がある。混ざってしまったものは日付を知ることが難しいし、もともとのソロモン厩舎で穴を塞ぐ為に使われていた土砂がどこかはっきりしないからだ。

彼は方法論的に問題がありながら、この調査が素晴らしい価値があると確信している。確かに調査地点から、我々が生きた体というよりは死体を扱っているといえるかもしれないが、死体からでさえ、多くのこをを調べることができるだろう。 ~



以上、長かったけど、ちょっと面白そうなんで全文訳してみました。ふう~疲れた。まあ、ポイントとしてはソロモン神殿の跡地から、フリーメイソンの象徴のついたペンダントが出てきたってことです。何か関係があるんじゃないか?ってね。まあ、謎が謎を呼び、楽しい限りではありますね。

関連ブログ
「レンヌ=ル=シャトーの謎」 柏書房 感想1
「テンプル騎士団 」レジーヌ・ペルヌー 白水社
【以下、原文転載】
When Israeli archaeologist Gabriel Barkai and his assistant Tzachi Zweig began the painstaking task of sifting through mounds of Temple Mount rubble, they hoped to find artifacts dating from the period of the First or Second Temple.

They never dreamed of finding a mysterious artifact that looks like something straight out of the world of controversial theories propounded by "The Da Vinci Code."

Dan Brown's blockbuster novel from 2003, which has sold more than 36 million copies, identifies the Temple Mount as the site holding the secret of the Holy Grail - the chalice which, according to Christian tradition, was used at the last supper and in which Jesus' blood was collected at the Crucifixion.

Brown's best-seller claimed the secret that lay buried among the ruins of Herod's temple was rediscovered by the Knights Templar several years after the conquest of Jerusalem in the First Crusade (1099 C.E.).

Accepted scientific research confirms that the Knights Templar built their base on the Temple Mount, around the underground compound known as Solomon's Stables. However, the whole story of a connection between the Knights Templar and the Holy Grail is pure fairy tale, according to archaeologists and experts on Temple Mount history.

Barkai, an expert on biblical archaeology at Bar-Ilan University, and Zweig, a master's student there, have spent 10 months examining rubble from the Solomon's Stables area of the Temple Mount. This dirt dates from the Crusades, when Muslim rulers apparently blocked up the spaces along the periphery of Solomon's Stables.

Barkai and Zweig discovered in the rubble a cross-shaped bronze pendant measuring a square centimeter. The pendant, which was originally gold-plated, bears mysterious symbols: on one side are a hammer, pincers and nails; the flip side has what looks like a sun, as well as an altar. But the main symbol, which immediately grabs the attention, is the Holy Grail lying on a crown of thorns.

According to Barkai, some of the people who saw the pendant suggested that this was an artifact that related to "The Da Vinci Code," but Barkai was dismissive. "I heard several interesting explanations along those lines," he said, "but in my opinion there is here nothing more than a coincidence that ignites the imagination."

Zweig decided to examine the pendant thoroughly. He supposed that it dated from the 19th century, since Christians had been barred from visiting the Temple Mount from the end of the Crusades until 1840. Based on the symbols, and particularly the work tools, he assumed the pendant was related to the Freemasons, a semi-secret fraternity that was founded in 18th-century England and established branches, or lodges, in nearly all Western countries.

Zweig could not locate an expert on Masonic symbols in Israel, so he contacted Prof. Andrew Prescott, director of the new Centre for Research into Freemasonry at the University of Sheffield. Prescott studied the photographs of the pendant and replied to Zweig at the beginning of this week that the symbols do, indeed, appear to be connected to the Freemasons, but are not the symbols of Britain's Masonic Lodge.

Prescott noted, however, that members of the fraternity had visited the Temple Mount area during the 19th century. The mysterious pendant might have belonged to famed archaeologist Charles Warren, who made a documented visit to the Temple Mount in 1867, he said.

If the pendant is Masonic, then there is an indirect connection between it and "The Da Vinci Code" - Brown claims in his book that the Freemasons are the successors of the Knights Templar.

Barkai said that beyond the story itself, the pendant attested to the variety and multitude of artifacts buried over the years on the Temple Mount. "Dirt from the Temple Mount is not ordinary dirt, but rather dirt that portrays the history of this land."

Barkai and Zweig are studying truckloads of Crusader dirt mixed with modern

construction waste that were removed clandestinely in November 1999 and dumped in the Kidron riverbed, east of the Old City. There is controversy among archaeologists regarding the value of studying this rubble, because the admixture makes it hard to date, and it is unclear where the dirt used to plug the holes at Solomon's Stables originated.

Barkai is convinced this study is immensely valuable, despite the methodological flaws. "Sure, from a research standpoint you could say we're dealing with a corpse rather than a live body, but even from a corpse you can
posted by alice-room at 00:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 【ダ・ヴィンチ・コードA】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6853920

この記事へのトラックバック

謎のTemple Mountは『ダヴィンチ・コード』を彷彿
Excerpt: イスラエルの考古学者Gabriel Barkaiと彼の補助Tzachi Zweigがテンプルマウント(Temple Mount)粗石の山を厳密に調べる根気のいる仕事を開始したとき、第1または第2寺院の..
Weblog: Beautiful
Tracked: 2005-09-14 04:08