2007年12月04日

「ボクの番台さん」1~4巻 あずまゆき 実業之日本社

baidaisan.jpg

ん~、「めぞん一刻」の舞台を銭湯にしたものかな? あちらよりこちらの方がややお色気度(死語?)UP。

銭湯を舞台に、そこに下宿した若者が美人で若い管理人に恋心を抱くという設定は、時代を問わず不変なんですねぇ~(笑)。

姉妹間の確執や、同じ男性を取り合うなど・・・ベタでこれ以上無いってぐらいのセオリー通りのラブコメですが、絵もいいし、全体的なテンポやノリがいいのでこれはOK。

なんだかんだ言っても、つい惹き込まれるのは『定番』の凄さですね! 私も結構好きです、こういうベタな展開。さりげなく学生生活なども入ってきてたし、4巻以降も期待大ですね。とても楽しみです(笑顔)。

【追記】
4巻で完結することに気付いたので最後まで読みました。

もう少しドタバタするかと思いましたが、実に円滑に何の問題も無くハッピーなままエンディングを迎えました。たまには、こういう幸せに終わるコミックもいいかも? 

最近、ヤンデレとか危険なストーリーが多くて、毒が強過ぎるのでこの手のは癒されます、ハイ!

ボクの番台さん 1(amazonリンク)
ラベル:コミック 銭湯
posted by alice-room at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【漫画 アニメ】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック