2007年12月18日

「蒼いくちづけ」神林長平 早川書房

aoikutizuke.jpg

神林氏らしい作品だと思う。淡々と描かれる、現実とは異なる異世界。しかし、そこはそこでやっぱり人間という存在が微妙なニュアンスで描かれており、ある意味、より『人間』らしさが濃く出てくるのかもしれない。

神林氏の作品には、舞台は異なれでも常に人の『想い』に焦点が当たっているように感じる。この『想い』によって、世界が構成され、その存在さえも危うくされる・・・そんな印象をいつものように感じた作品です。

ややオブラートに包んだ感があるものの、読んで心に感じるものがある作品です。神林ファンなら、読んでおくべきでしょう。

粗筋は、月世界を舞台にしたテレパスが主人公の舞台。犯人・被害者・捜査官それぞれがテレパスであり、同時に非テレパスもいい感じで絡んできます。

人間の脳が死ねば、霧消してしまうはずの不定形で実体の無い『想い』がある意味、本作品の主人公です。後は読んでからのお楽しみというところで・・・。エピローグが余韻を希望につなげていきます。

蒼いくちづけ(amazonリンク)

ブログ内関連記事
「ラーゼフォン」神林 長平 徳間書店
「機械たちの時間」神林 長平 早川書房
「プリズム」神林長平 早川書房
第48回東京名物・神田古本まつり~其の二神林氏のサイン
「グッドラック―戦闘妖精・雪風」神林 長平 早川書房
「ルナティカン」神林長平 早川書房
ラベル:SF 書評 小説
posted by alice-room at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック