2008年01月08日

「親切がいっぱい」神林長平 早川書房

sinsetu.jpg

まず第一に、これ本当に神林氏の作品かと思った。著者名を知らないで読んだら、絶対に分からないと思う。それぐらい神林氏の作品中では異色だろう。

だって、言葉遣い師とか、戦闘妖精雪風の作者だよ~。そりゃアプロも書くけど、まさかこういう物が書ける人だとは思いませんでした。なかなか芸のある人だったんですねぇ~ふむふむ。ちなみに私はこの作品それなりに好きです。ちょっとビックリしますが、それなりに魅力的です。

私の感覚でいうと、「プリズム」でマザーから切り離されるあの『パーツ』のような感じに思ったんですけど、マロちゃん。お前何者だ~って!最初から最後まで不明なままで通し切ってますけど・・・改めて考えるとかなり凄いストーリーですよ。見かけのほのぼのに惑わされてますが、作品としては結構ヤバイ?

SFと言えば、SFですがそう呼ぶのには別な意味で抵抗感を感じます。いわゆるハードSF好きは避けた方がいいでしょう。ただ、年明け早々ちょっと疲れてる私には癒しになりました。

いいんだよ、可愛ければなんだって。日常の中の非日常も日常なんだもん。まあ、SFにこだわらなければ、いいのかもしれません。

親切がいっぱい(amazonリンク)

ブログ内関連記事
「プリズム」神林長平 早川書房
「機械たちの時間」神林 長平 早川書房
「ラーゼフォン」神林 長平 徳間書店
「ルナティカン」神林長平 早川書房
「蒼いくちづけ」神林長平 早川書房
「グッドラック―戦闘妖精・雪風」神林 長平 早川書房
「敵は海賊・正義の眼」神林長平 早川書房
ラベル:SF 書評 小説
posted by alice-room at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック