2005年10月15日

物言わぬ美しき者達へ~人形愛~

doll.jpg

いつか、ちょっと書いてみたいなあ~と思っていたテーマでした。もっとも私には語るものがありません。無粋な評論めいたことを書きたくもないし。

ただ、lapisさんのブログを拝見していたら、ついつい思い付くままに書いてみたくなってしまった・・・。

##########################


人形は言葉を発して語りかけることはないかもしれないが、その瞳は貴方を離さない。人形は決してモノではなく、あくまでも人の分身なのかもしれない? 貴方の分身?

そう、貴方自らを写し出す鏡。人形を愛し、愛でる行為は、自己愛そのもののようにも感じられる。

誰にも理解されない本当の私。誰にも見せない本当の私。人に見せる損はあくまでも演じられた私に過ぎないことは、誰よりも私が知っている。

決して他人には見せられない自分を客観化するための存在―それが私の分身である人形。

人形を愛することは、理解されない私を救うたった一つの方法なのだと思う。


##########################

いささかリリカルなタッチの文章ですが、軽く読み流して下さいませ。
実は、先月ギャラリーの招待状(写真参照)を頂いたのですが、行こうと思っていながら、ハガキを忘れて場所が分からずに行けなかったことがありました。実は、それが緋衣汝香優理氏の人形展「GOLDEN YEARS」でした。

うっ、うっ、本当に行きたかった(涙)。以前にお邪魔したことがあるんですが、とっても素敵な人形達で結構、感動してしまいました。その時に購入した人形の写真は、未だに大切にしまってありますもん♪

今では大変有名になられて、写真集も出されていらっしゃることは知っていたんですが、ギャラリーにはしばらく行ってなかったのでホント惜しいことしました。写真集も見たけど、本当に綺麗です。こういうのって理屈じゃなくて、自分が好きか否かという感性でしか、判断できないと思うんですが、間違いなく私は大好き!!

写真集はちょっと高くてまだ買えないのですが、余裕ができたら絶対に買うもん!! それくらい好き! 御興味のある方は、是非、緋衣汝香優理氏のホームページ(下記参照)もご覧下さい。

またギャラリーでやってくれないかな? 見に行きたいなあ~。

私の場合、人形を見ていると何故か澁澤龍彦氏の名著「少女コレクション序説」が頭に浮かびます。両方を合わせて読み、眺め、読むというのも楽しいかもしれない? 秋の夜長にひっそりと眺める。まさにディレッタント的と言えるのではないだろうか?

【一旦、ここで終わったのですがまた、思い出した】

rozen.jpg

少し前に深夜で放送していたアニメに「ローゼンメイデン」というのがある。西洋ドール達が闘うというものだが、とにかくこのコンセプトと人形の愛らしさに目を奪われ、一生懸命見続けてしまった覚えがある。人形好きなら、見ておいて損はないだろう。私はこのキャラクターのついたパスネットを通信販売で購入してしまったくらいはまってしまった。

それとこれは冒頭と同じくlapisさんの所を読んで思い出したのですが、絶対に忘れてはならない一冊が「観用少女」。愛情を栄養にして育つ人形なんですが、これがとっても&とっても可愛い。まさにSO CUTE! 

この漫画を読むと人形に対する気持ちが絶対に変わってきます。人形が欲しくて欲しくてたまらなくなります。全財産とは言わないまでも家を買う代わりに人形買ってもいいかも?なんて思ってしまうくらい欲しい! 

まあ、騙されたと思って読んでみましょう。どちらかというと癒し系かもしれない。是非、どうぞ!!

・・・冷静になって読むと、きっとこれを書いた私は怪しい人物だと思われるんだろうなあ~。まあ、学校でも職場でも変わった人で通ってきたから、何を今更だろうけど(自爆)。

少女伽藍―緋衣汝香優理人形写真集(amazonリンク)
少女コレクション序説(amazonリンク)
ローゼンメイデン 1(amazonリンク)
観用少女(プランツ・ドール) (1)(amazonリンク)

関連サイト
緋衣汝 香優理さんのHP
夢幻少女人形館
ローゼンメイデン公式サイト

関連ブログ
忘れ去られた人形達
ラベル:人形 アート
posted by alice-room at 02:03| Comment(20) | TrackBack(11) | 【芸術】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
記事の中で、拙ブログのことを紹介していただき、ありがとうございます。
人形を見ていると澁澤龍彦の「少女コレクション序説」や「人形愛序説」を連想するのは、「何故か」ではなく、当然だと思います。(笑)
「少女伽藍」は書店で、手に取ったことがあります。仰るとおり素敵な写真集です。僕も、もう少し安かったら買っていました。(笑)
「ローゼンメイデン」の名前は、最近よく聞きますが、そう言う話だとは知りませんでした。機会があったら読んでみたいと思います。
Posted by lapis at 2005年10月15日 09:32
こちらこそ、TB&コメント有り難うございます。当然ですか・・・いやあ~普通の人はそうでもないと思いますよ、とちょっと意地悪な私です(笑顔)。
写真集、値段が辛いですが、ホント欲しい一冊です。ローゼンメイデンも機会があれば、どうぞ。ちょっといけるかもしれませんです。
Posted by alice-room at 2005年10月15日 22:46
初めまして。
ちょくちょく拝見させていただいてます。
沢山本を読んで、色んな事に興味がおありなのですね~。
楽しく拝見しております。
人形の事を書かれていたので、つい。
「堀佳子」さん、ご存知かもしれませんが・・・。
私は、好きで個展も日程が合えば行ったりもするのですが。
一度、ご覧になってください~。
HP,アドレスが不明なのですが、検索かければ簡単に見つけられると思います。
Posted by liri at 2005年10月16日 01:28
liriさん、初めまして。いつもご覧頂き、どうも有り難うございます。
堀佳子さんのこと、今まで知りませんでした。早速、googleで探してみました。こちらのサイトかと思います。
http://www1.linkclub.or.jp/~yukiwo/Hori.htm

いいですねぇ~、機会があれば見に行ってみたいです。いろんなお人形達に出会ってみたいですね。情報有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年10月16日 16:22
aliceーroomさん、こんばんは
この間は、うっかり忘れていたのですが、過去記事で、一応人形に触れているものがあったので、TBさせていただきます。
記事をUPされているので大丈夫だとは思いますが、地震は何ともなかったのでしょうか。
本当に最近は、天災が多くて困りますね。
それでは、よろしくお願いいたします。
Posted by lapis at 2005年10月16日 21:31
lapisさん、こんばんは。いつもTBどうも有り難うございます。地震は幸いにしてなんともなかったのですが、私の部屋は2階なので結構揺れました。しかし、本当に最近地震が多いですね。将来的にちょっと心配です。本に埋もれて死にたくはありません(笑)。
Posted by alice-room at 2005年10月17日 00:23
lapisさんのところでうっかりしたことを言ってしまって(笑)自分の首を絞めました。
おかしなものができあがったのですが、勢いでTBさせて頂きつつ、駆け足で退散と・・・(去)
Posted by マユ at 2005年10月18日 00:19
TB有り難うございます。早速、文章を楽しませて頂きました。これからもドンドン首を絞めていって下さいませ。なあ~に人形の首で良ければ、いくらでも替えを探してきて差し上げますので(一読者より)。
Posted by alice-room at 2005年10月18日 01:07
はい、首絞めついでにもう一本TBさせて頂きました。
お筆先の中途半端なちょろいものですが、続編としてどうぞ。
Posted by マユ at 2005年10月18日 22:10
マユさん、こんばんは。視点が変わるとまたちょっと違った味わいが出てきていいですね。TB有り難うございます。
Posted by alice-room at 2005年10月19日 18:43
aliceーroomさん、こんばんは
Rozen Maidenについて記事を書いたのでTBさせていただきます。残念ながらアニメ版は見ていません。今度はじまるTVシリーズもこちらではやらないようです。(苦笑)
粗筋紹介みたいな記事になりましたが、よろしくお願いいたします。
Posted by lapis at 2005年10月20日 22:50
lapisさん、たまたま寝る前にTVをつけたらちょうどローゼンメイデンをやっていて、第二期が開始したのを知りました。なんたる偶然!しかも第一話。眠たいのに見ないわけにいきませんでした。
Posted by alice-room at 2005年10月21日 17:59
aliceーroomさん、こんばんは
たびたび、同じ記事で、恐縮なのですが、人形について書いたので、TBさせていただきます。
長いだけで、目新しいものはありませんがよろしくお願いいたします。
Posted by lapis at 2005年10月29日 22:31
lapisさん、TB有り難うございます。またまた、楽しみですね。記事拝見させて頂きますね!
Posted by alice-room at 2005年10月30日 02:11
lapisさんに引きずられて(と人のせいにしつつ)、続編やってしまいました・・・
おそれながらTBさせて頂きます。
自分の首を絞めすぎなのは判っているのですが(笑)
Posted by マユ at 2005年10月31日 05:20
マユさん、こんばんは。いい方の引きずられじゃないですか(ニヤニヤ)。これから早速お邪魔させて頂きますね。まだまだ死なない程度に首絞めても大丈夫ですよ。才能の引き出しに余裕がありそうですし(すみません、勝手なこと言ってます)。
TB有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年10月31日 18:43
こんばんは。
TB返しありがとうございます。いつもたのしみにROMらせていただいています。
Dollのエントリはつい反応してしまいました(笑)

Webで素敵と思ったら観に行きたくなってしまうのです・・・。
日本の創作人形作家さん達の、美意識って凄いです。エンジェルドール双子展、もし行かれましたらエントリーを・・・めっちゃ(さりげなく関西弁)期待していますv

ローゼンも可愛いですね!アニメはまだ観ていませんが、原作を先に攻略したいかも。お二人で描かれている漫画家さんですね、Peach-Pitさん♪
Posted by めりの at 2005年11月05日 22:53
めりのさん、こんばんは。そうですね、素敵なものを観に行きたいというのは、私も一緒ですね。もし、行けましたら頑張って書いてみたいと思います(笑顔)。
ローゼンも、なかなか面白いと思いますので宜しかったらどうぞ!!
コメント有り難うございました。
Posted by alice-room at 2005年11月06日 00:36
TBありがとうございました。
こちらの記事を懐かしく再読させていただきました。
先のことは分からないもので、「ローゼンメイデン」があんな終わり方をするとは思ってもいませんでしたし、「観用少女」を出していた朝日ソノラマがなくなるというのも予想外でした。
しみじみと時の流れを感じてしまいました。(笑)
Posted by lapis at 2007年08月30日 23:40
lapisさん、こんばんは。本当に先の事は分からないもんですね。意識していないと、気づかないもんですが、まさに歴史の一瞬、一瞬を生きているということに他ならないのかもしれません。
でも、変化がある人生は楽しいかもしれません♪お互い、後で振り返って紆余曲折があっても面白い人生だったといいたいものですね!
素敵な作品との出会いをこれからもまだまだ期待していきたいです♪
Posted by alice-room at 2007年08月31日 22:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

こんな夢を見た。 その4 ??人形と蛇??
Excerpt: こんな夢を見た。車で家に帰る途中、大通りから脇道に入るため左折しようとした。ハンドルをきると、突然、前方に工事現場が出現した。道は掘り返されて、土の山ができており、通り抜けることができない。どうして、..
Weblog: カイエ
Tracked: 2005-10-15 09:31

鏡花と雛人形とイノセンス
Excerpt:    「でもね、古い人形には、魂のこもるということがあるからね。」 (江戸川乱歩「人形」)   鏡花の作品に『雛がたり』という小品がある。数頁しかないのだが、雛人形をキーワードにして、幼児期の回想、紀..
Weblog: カイエ
Tracked: 2005-10-16 21:29

硝子の眼。
Excerpt:  真っ暗な部屋の中で日々を過ごしていると、時間の感覚がなくなってしまう。 今が昼なのか、夜なのか、てんで判らない。それでも、肌に触れる湿気であぁ今日は雨なのだなとか、今日は恐らく秋晴れなのだろうなとか..
Weblog: Sweet Dadaism
Tracked: 2005-10-18 00:16

硝子の眼 Ⅱ。
Excerpt:  僕は、朝から浮かれている。 長らく降り続いていた秋雨が嘘のように、雨に散らされた湿った落ち葉が風に片付けられて道の脇に整然と積もっている。ベランダで一服した僕はまだ乾ききらない道路を眺めてから、洗濯..
Weblog: Sweet Dadaism
Tracked: 2005-10-18 22:09

Rozen Maiden
Excerpt: Rozen Maiden 1 (1) 作者: PEACH-PIT 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2003/03 メディア: コミック いつもお世話なっている“叡智の禁書図書館”..
Weblog: カイエ
Tracked: 2005-10-20 22:49

人形について
Excerpt: この考えは、唯それだけでも、先程の現象よりも更に更に驚くべきものであった。それは、結局のところ、自分のそばに座っているこの神秘的な人形のモデルである女性は、今しがた自分の感じたあのやさしくしかも荘厳な..
Weblog: カイエ
Tracked: 2005-10-29 22:31

硝子の眼 Ⅲ。
Excerpt:  今日も憎らしいほどの秋晴れが広がっている。 あの人が家に来てからというもの、私と彼との間はおかしくなった。 あの人がやってきたのが丁度こんな具合に雲が転々と広い空に散りばめられた美しい秋晴れだったか..
Weblog: Sweet Dadaism
Tracked: 2005-10-31 05:18

東京のDOLL展☆エンジェルドール双子展☆天使を向えに。
Excerpt: 東京に住んでいたら出向くのに!!エンジェルドール双子展!! 日時: 平成17年11月3日(木) ?? 平成17年11月13日(月) 会場: 銀座人形館 Angel Dolls ..
Weblog: こひつじの毎日。What's Little Sheep?
Tracked: 2005-11-05 04:12

ヌイグルミ夢一杯のロボットさ
Excerpt: 「今日は宮澤賢治忌…それとも…お絵描き記念日?!」でちょっと画像を紹介したが、帰
Weblog: 無精庵徒然草
Tracked: 2006-09-28 01:33

天野可淡『KATAN DOLL/カタンドール』
Excerpt: そして、人と人形は鏡一枚を隔てて同化することができるのです。鏡一枚・・・それは人形が神から死を禁止されているということです。夢を裏切らないという代償に、死を神に捧げたという事です。          ..
Weblog: カイエ
Tracked: 2007-08-30 23:31

天野可淡『カタンドール・レトロスペクティヴ』
Excerpt: すべての災いはほんの些細な獲物に悪魔がやどる事から始まります。かしこい神はそれを知っていましたから、彼は最初から何も作りませんでした。               (天野可淡「アベルとレダの物語」『カ..
Weblog: カイエ
Tracked: 2008-01-09 00:15