2008年02月25日

「楽園の知恵」牧野 修 早川書房

rakuenno.jpg

基本的には、かなり好きな牧野氏の作品なのですが、今回はあまり面白いとは思いませんでした。

いつもながらに才気溢れる片鱗は垣間見られるものの、あまりにも短い短編が多い為、その特異な世界観に埋没できないままに終わってしまった感があります。残念!

しかし、オカルトのパロディやら、元ネタが分かると別な意味で凄いなあ~と思わないではいられない作品などもあり、一言で評し難いのが本当のところです。

素直に面白かったとは言えない作品が私の場合、今回はたくさんあったのですが、面白くないのだけれど、凄いなあ~という感想があり、私の中でもうまく言えません。少し前の筒井康隆氏の実験小説的なノリがあります。

結構、評価が分かれるかもしれませんね。ただ、SFの可能性を窺わせる作品なのかもしれません。短編ではなくて、長編で是非とも読んでみたかったです。

楽園の知恵―あるいはヒステリーの歴史(amazonリンク)

ブログ内関連記事
「月光とアムネジア」牧野修 早川書房
「MOUSE(マウス) 」牧野修 早川書房
「傀儡后」牧野修 早川書房
「SFバカ本 だるま篇」廣済堂出版
ラベル:小説 SF 書評
posted by alice-room at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説A】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック