2006年02月12日

「ハーメルンの笛吹き男」阿部 謹也 筑摩書房

fuefuki.jpgハーメルンの笛吹き男―――この伝説を知らない人はいないのではないでしょうか?鼠を退治した笛吹き男に、約束した報酬を支払わなかった為に子供達が連れさられてしまう神隠しのようなお話ですが、私は漠然とグリム童話かその類いと思っていました。青髭伝説みたいにその由来にはきちんとした歴史的事実があるとは思っていなかったので、よくあるようなおとぎ話にまさかこれほどまでの学問的な関心が寄せられ、多数の論文が書かれ、しかも種々の仮説があってこれがまた面白い!!

マルクト教会のガラス絵の模写による最古の「ハーメルンの笛吹き男」

当時のハーメルシ市の置かれた歴史的・経済的・地理的状況を丹念に分析し、耕地が増えないのに人口増の圧力から東方への植民が多数あったこと。130人もの子供がいきなり消えたというのは、この東方植民ではないかとの説(発展系は植民途上での遭難説もあり)も書かれています。もっとも断片的に残る史的資料から著者はそれを否定し、また、他の多数の説(子供十字軍や戦士としての徴用等々)も紹介しながら、それらに対しても断定はしないながらもあくまでも残された文書資料や当時の社会的歴史的環境における庶民・市当局(富裕な市民層)・教会・周辺諸侯等の置かれた地位を考慮しながら多角的に、それらの説の可能性を論じていく姿勢が実にイイ! 各種の資料の説明自体が楽しいし、そこから作り上げられていく論理の過程も楽しめるのでヘンなミステリーよりもよっぽど魅力的な推理ものになっています。やっぱ、学問はこういうものでないとネ。

遍歴芸人

そもそも庶民の間に口伝で伝わっていた笛吹き男が130人の子供を連れ去る話が、時代を経るに従って市当局がそれをわざわざラテン語の銘文になったのも理由があるそうです。当時の市がカトリック支配から脱し、宗教改革を経て新しい宗教や世俗権力の権威確立の手段として、この笛吹き男の伝説を利用する為にわざわざ伝承されてきたものに改変を加えて、上からの枠組みをはめるべく銘文化に至ったのではないかと解説されています。いやあ~なんか分かりますね。明治政府が勤勉な国民を育成すべく黙々と働き、出世しても幕府の下級小役人になったに過ぎない二宮尊徳を教科書に載せて銅像を学校に建てていたのと同じ論理です。お上のやることは、国や時代を超えても変わりません(ニヤリ)。

最初は、怪しくはあっても普通の人に過ぎなかった笛吹き男もキリスト教の教訓話になるに至っては、いつしか悪魔として位置づけられ、堕落した生活を送る人々へ神に仕打ちとして捉えられるようにもなります。

天幕の前で踊る乞食たち(ブリューゲル)

さらに、鼠捕りの話は元来全く別物であったようですが、笛吹き男や鼠捕りという職業が、土地を持たずに放浪するという中世における秩序から逸脱した存在であり、区別されなかった所からいつしか混同され、話が混ざっていってようです。と、同時に歴史的状況が代わり、うち続く天災に宗教改革による社会的混乱、戦争、物価騰貴の他、貧困層の更なる困窮が庶民の市当局へ対する批判が高まってきます。

怒って子供を悪魔に引き渡す両親(デューラー)

そんな中で、市当局が鼠捕りの代金をきちんと金を払わなかったので子供が連れ去られた、即ち市当局に対する市民の鬱憤がこの伝説に取り込まれていったんだそうです。その辺りの説明が各種資料と相俟って実に理路整然と展開されていてふむふむと唸ってしまうことうけあいです。もっとも市当局が代金を値切ったり、約束通り全額払わなかったのにも当時故の理由があったと説明までしてくれています。社会が中世的な世襲の固定的な社会から、資産による実力主義的な社会への移行期であり、鼠を捕るという仕事に対して払われるべきはその労働量に比例した代金であるべきなのに、笛をふいただけなら、作業量自体が少ないのだから、支払う代金も(結果に応じたものではなく)それに応じたもので十分だろうというのが、当時の社会的な価値観だったからというのです。えっ、ここまで合理的なのと驚きません? まさに時代が変わりつつあった社会なんですね。う~ん。

こういった感じで、非常に多角的且つ論理的に、可能な限り一次的資料をベースにしながら仮説や論理が組み立てられていくので久々に大満足の一冊です。歴史関係や文化人類学的なものがお好きな方だったら、まず外れではないでしょう(自信有り)。

巻末には参照文献もあります。でも、ドイツ語が圧倒的に多く、私には読めません(涙)。これらの資料も読んだら面白そうですよ~。図版が多いのも嬉しいです。

最も古いタイプの一次資料で1430~50年頃のものだそうです。
【以下、引用】
まったく不思議な奇跡を伝えよう。それはミンデン司教区内のハーメルン市で主の年1284年の、まさに「ヨハネトパウロの日」に起こった出来事である。30歳くらいとみられる若い男が橋を渡り、ヴェーゼルフォルテから町に入って来た。この男は極めて上等な服を着、美しかったので皆感嘆したものである。

男は奇妙な形の銀の笛をもっていて町中に吹き鳴らした。するとその笛の音を聞いた子供達はその数およそ130人はすべて男に従って、東門を通ってカルワリオあるいは処刑場のあたりまで行き、そこで姿を消してしまった。子供らがどこへ行ったのか、一人でも残っているのか誰も知るすべがなかった。子供らの親達は町から町へと走って(子供達を捜し求めたが)何も見つからなかった。

そしてひとつの声がラマで聞こえ(マタイ伝2―18)、母親達は皆息子を思って泣いた。主の年から一年、二年、またある記念ののちの一年、二年という風に年月が数えられる、ハーメルンでは子供達が失踪した時から一年、二年というように年月を数えている。私はこのことを一冊の古い書物でみた。院長ヨハンネス・デ・リューデ氏の母は子供達が出ていくのを目撃した。
ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界(amazonリンク)

関連サイト
Wikipediaのハーメルンの笛吹き男
posted by alice-room at 16:36
"「ハーメルンの笛吹き男」阿部 謹也 筑摩書房"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。