2005年06月18日

「別冊太陽 ルーブル美術館」平凡社

何よりも紙面がとっても大きい。画集とかに近いかな?写真も豊富。説明はまあまあかな?他のルーブル美術館の紹介よりは、見易いし、掲載されている作品も多くて手頃かな。勿論、ルーブルに行く準備用です。図書館から、ルーブル関係だけで3、4冊借り出してきました。
いつ見てもサモトラケのニケは美しい。これはどっちにしろ見るな。モナリザは、新しい展示室を見たいけど、絵は一瞥ですませて(どうも苦手)ラファエロは押えると。以前行った時もラファエロやクラーナハはしっかり見てるし・・・どうしても趣味嗜好からすると一緒になっちゃうなあ~。アングルのオダリスク、これも同じ。

モローも2枚ぐらいあったと思ったけど、オランジェリー? せっかくだし、今回はマグダラのマリアを重点的に回るのも乙かな。絵画もそうだけど、彫刻なんてほとんで見てないから、勉強になるかな?エーアハルトの木製「マグダラのマリア」、少しいいかも。ここにあるラトゥールって「マグダラのマリア」あったかな?公式HPで調べてみようっと。

ルーブル美術館公式サイト
posted by alice-room at 04:20
"「別冊太陽 ルーブル美術館」平凡社"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。