2017年07月07日

「週刊東洋経済 2017年1/28号」マイホームが「負」動産になる 持ち家が危ない

motiie.jpg

書いたのが消えてしまった・・・。う~ん。
【目次(特集部分)】
マイホームが「負」動産になる 持ち家が危ない
東京圏こそ将来が危ない
市区町村別 空き家率ランキング
タワマン林立の武蔵小杉 住民の大不安
Part1 戸建ての惨状
東京近郊でも深刻 空き家問題と高齢化
郊外に戸建てを構えた団塊世代の悲哀
規制緩和による住宅建設ラッシュの弊害
優遇税制や自治体の空き家対策をフル活用
Part2 マンションの悩み
高齢化に直面する管理組合
建て替えの幻想 資金問題で合意が困難
傾きマンションその後 異例の補償を勝ち取れた訳
人気のリノベマンション 失敗物件を見分けるコツ
超高層マンションは廃墟化する
Part3 立地のリスク
郊外置き去り? 居住域を絞る自治体
INTERVIEW│倉田哲郎●大阪府箕面市長 「都市間競争で街の魅力を高める」
人口推計で予測する2020年の住宅地価ランキング
立川 vs. 八王子 百貨店ゼロ 街の活力示す駅前施設
全国主要270駅 マンション価格 維持エリアvs.暴落エリア

週刊東洋経済 2017年1/28号 [雑誌](マイホームが「負」動産になる 持ち家が危ない) (amazonリンク)
posted by alice-room at 19:45
"「週刊東洋経済 2017年1/28号」マイホームが「負」動産になる 持ち家が危ない"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。