2005年07月18日

ルーブル美術館 ~パリ(7月4日)~

ガラスのピラミッド

7月3日は移動日でチュニジアからパリへ。なんか一気に温度が下がった気がする。パリ初日の朝は、夜中から雨が降り、雷までなる空模様。飛行機でたった二時間だけど、ずいぶんと違うもんですね。ホテルの部屋の中は暖かくて気がつかなかったのですが、窓を開けて外の気温を知ると驚いた! だって、寒い。半袖では外に出れないくらい寒い。長袖を持ってきておいて良かったと初めて思った。

朝のラッシュアワーに巻き込まれないことを願いつつ、早く行き過ぎても寒くて困るだろうと8:30にホテルを出て大正解。9時まで10分前、しかも雨の中で傘さしてルーブル開館を待つという形でしたが、おかげで人が少なく、すぐ入れました。こういうのも全て普段の行いが良い(?)からですねぇ~。うんうん。

モナ・リザ

岩窟の聖母

透明三角ピラミッドからゲートを通ると真っ先にモナ・リザへ。既に人が集まり始めてましたが、まだまだ余裕。人に声かけてダ・ヴィンチ・コードとともにパチリ。これがやりたかった!!(笑) ミーハーの極みですね。勿論、「岩窟の聖母」の前で本と共にパチリ。基本中の基本です。この為に、わざわざ洋書持ってきたんだから…(オイオイ、なんか違うって)。勿論、手に持っているのはUK版のダ・ヴィンチ・コードです。洋書では半分しか読んでないのに…。モナ・リザはそんなに好きでもないんですが、ブログの趣旨からもこれぐらいはやっておかないと。(ちなみに午後、モナ・リザのとこ行ったら、人が多くて真正面まで行くのさえ大変そうでした。朝イチならさすがに数人しかいなかったけどね)

louvre4.jpg

louvre6.jpg

ラファエロ

」やっと一仕事終えたような気分になり、ここからが自由気ままなルーブル巡り。ラファエロやボッティチェリが思っていたよりあったなあ~。懐かしく思いました。やっぱラファエロの聖母もいいよねぇ~。

アッシジのフランチェスコ

アンチ・ボルドー

<これ以降、ホテルに戻ってから書いたもの>
疲れて足が棒のようになったけど、開館の9:00から17:00まで(閉館は18:00)8時間、昼食もとらずに歩き回りました。かなりグロッキー状態。でもね、満足いくまでしっかり見てきたつもり。基本的に絵画が好きだし、風景画はぱっと眺めるだけ。彫刻は中世以前のものだけ、しっかり見て18世紀以後は基本的にスルーです(オイオイ)。

アルカディア

ニコラ・プッサンの「アルカディア」もしっかり見てきましたよ~。暗号が隠されてるそうですが、じっくりと何度も見たけど、暗号解けなかった…(涙)。

いかさま師

louvre16.jpg

ラ・トゥール。あるじゃん&あるじゃん。「ラ・トゥールの間」があったんだけど、ほとんどの人は素通り。せいぜい10人に1人くらいが止まって、イカサマ師とヨセフをみるぐらい。上野の西洋美術館のあの盛況とはやはり違いますね。前、ブログに書いたけど、僕もラ・トゥール展なかったら、素通りしていたね、間違いなく(笑)。

ヨセフ

マグダラのマリア

まあ、おかげでずっと「マグダラのマリア」の前で見てました一人で。ほとんど貸切状態ですね。ラッキー! 場所が3階の端だから、みんな辿り着く頃には疲れ果て、よほど好きな人じゃないとイチイチ見てらんないよ、って感じでした。なんか気持ちが分かる。

それはともかく、以前見れなくて歯痒かったのがようやく解消。コレです、コレ! これが見たかったんですよ~。やっぱり、このマグダラは見ておく価値ありますね、ウン。

ラ・トゥールのマリアだけで10枚以上写真撮っちゃった。ただね、自然光のせいでどうしても表面が反射しちゃってね。フラッシュ使えないし、ちょっと残念ですが、しかたないですね。あっ、でも絵葉書売ってたから、「マグダラのマリア」買ってきました。しかしルーブルもぼったくり。1枚1ユーロ(=140円以上)。ったく、ユーロ導入以後、物価高くなってないか~。10枚で8ユーロって書いてあるけど、あんまり安くない強気の商法やってます。入場料も8.5ユーロ。

マグダラのマリア マグダラのマリア

マグダラのマリア

とにかく写真はいっぱい撮ってしまいました。マグダラのマリアは特に重点的に。ネット上でいくらでも画像は集められるんですが、せっかく新しいデジカメ購入したばかりだし。その一部を載せておきます。あとは趣味に合わせていくつか。画像が多くて重くなってたらすみません。でも、ルーブルを堪能できました(笑顔)。最後は逆さピラミッド。

louvre20.jpg

louvre12.jpg

オダリスク

フランチェスコ

ボス

アングル

逆さピラミッド

関連ブログ
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展 国立西洋美術館
美の巨人たち ラ・トゥール『常夜灯のあるマグダラのマリア』
ビートたけしの歴史的大発見 名画モナ・リザはもう一枚あった!のTV番組
ルーブル、映画ロケ認める 「ダ・ヴィンチ・コード」で
「ダ・ヴィンチ・コード」にパリの教会が「ノン!」
posted by alice-room at 17:12
"ルーブル美術館 ~パリ(7月4日)~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。