2017年01月26日

「成功する大家さんは「新築賃貸住宅」を選ぶ」大川内 拓生、永見 勝  宝島社

不動産投資の本で情報の非対称性でレモンの話が出てくるのは本書が初めてでした!
著者はよく勉強して実際の経験も豊富に持っている方だと思います。

ただ・・・サブリースの問題だとかは本書でほとんで触れていません。
まあ、ご自分で会社をやられている以上、敵を作れば仕事やりにくくなりますからね。

そういう意味では、その辺のことはある程度差っ引いて読まなければなりません。
また、なんだかんだ言っても人口が増えている時代にやられていたわけで人は入っていたんだと思います。学生用の賃貸とかも大学が移転していく都内近郊だったら、大変ですもんね。それを言うときりがないのも事実でしょうが・・・。

そうそうこの手の本との違いとしては、マクロ経済的な視点も含めて大家経営を書かれていることですかね。
マクロ・ミクロで見る視点は嫌いではないですが、個人的にはその辺ある程度分かっているので紙面が浪費されている感じがしました。

逆にいうと不動産投資としての本としては、特に目新しい内容は無かったように感じます。
もう何冊か本も読んで、ネットで物件研究もしてみますが、やはり実際に買ってやってみないと分からないというのが真実でしょうね。

【目次】第1章 混迷の時代だからこそ、賃貸住宅が建つ
第2章 賃貸住宅に「新築」をおススメする、これほどのワケ
第3章 私が新築賃貸住宅経営を始めた理由
第4章 原理原則を踏まえれば、誰でも成功できる!
第5章 こんなに違う新築と中古のアフター・メンテナンス
第6章 間違ってはいけない、賃貸住宅経営の掟
第7章 失敗しない賃貸住宅経営の極意を学ぶ
成功する大家さんは「新築賃貸住宅」を選ぶ (amazonリンク)
posted by alice−room at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 実用・ビジネスB】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

「プラハを歩く」田中 充子 岩波書店

もっと期待して読んだみたのですが、正直期待外れの本でした。
あれだけの素敵な都市、魅力的な都市に対して非常につまらない解説をしています。

個々の建築物についても歴史一つとっても、もっと書くべきことがあるのでは?と思ってしまいます。
錬金術師や魔女、ゲットー、シナゴーグ、アール・デコ、ミュシャだけでも紙面が足りないでしょうし、フスやプラハの歴史を語るだけでも紙面が足りないでしょう。

それなのに・・・しょうもない著者の個人的なエピソードが無意味に挿入され、それがほとんど無駄でプラハに対して何のプラスの意味ももたらすことなく、呆れ果てます。

中途半端に建築語るなら、ガイドブックレベルの記述は止めて欲しい。
新書にそんなもの求めている人いないでしょう。きっとね。

何もかも中途半端で、あの素晴らしいプラハの街の魅力が読んでいて微塵も感じないのが逆に異常に感じられてならない。ストラホフ修道院のあの図書館一つとってみても本書を読んで私は行きたいとは思わないだろう!!

私が行ったときは、最初それが見たくてそれだけの理由で宿も取らずにプラハの空港に降り立ち、夜明けと共に宿を探したりしたものだが・・・。非常に残念な本です。

本書なぞ読まずにlonely planetでも片手にぶらりと訪れた方が良いでしょう♪読む価値を見出せない本でした。
【目次】
第1章 城―木と石の技術
第2章 旧市街―石の暮らし
第3章 城下町―スタッコの装飾と芸術
第4章 新市街―都市の空間
第5章 郊外―鉄とレンガとコンクリートのデザイン
プラハを歩く (岩波新書) (amazonリンク)

ブログ内関連記事
「物語チェコの歴史」薩摩秀登 中央公論新社
魔女と錬金術師の街、プラハ
「THE GOLD 2004年3月号」JCB会員誌〜プラハ迷宮都市伝説〜
NHK世界美術館紀行 プラハ国立美術館
タグ:書評 プラハ
posted by alice−room at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 未分類B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「『百科全書』と世界図絵」鷲見 洋一 岩波書店

本文内でも語られているが、これは「百科全書」について語られた本ではなく、それをネタに著者の趣味のおもむくままに好きなことを語っているエッセイ本みたいになっています。

必要以上に、著者の独り言的なコラムが大きく多数入っていて、タイトルから期待されるであろう内容は、私の場合、ほとんど見つけられなかったです。
【目次】
1 世界図絵の変容と近代
巨大量、収集、分類―世界図絵のなかのフランス『百科全書』
過剰・集積論―記憶術、ベーコン、『百科全書』、そしてアーカイヴ
世界図絵のなかの水車
2 『百科全書』の図版と一八世紀
整合と惑乱
図版のなかのフランス一八世紀
3 理性の夢
繁殖する自然―博物図鑑の世界
一八世紀の夢―気球の旅
posted by alice−room at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 本】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

「古本屋開業入門」喜多村 拓 燃焼社

タイトル通りの古本屋開業の為のノウハウ本になります。
やっぱり生活費を稼ぐ仕事としてやるのは難しいんだなあ〜と思いました。

現在、通販に特化している本屋さんみたいで通販での販売ノウハウは、これまで読んだ古本屋開業の本の中では一番実践的で有用かも?

入手した順番に番号を振っていく在庫管理方法とかは「アリ」かなあ〜とか個人的には思いました。もっとも古本屋をする気のない私には関係ないんですけれどね。

そうそう、それでも仕入れの工夫には頭が下がる思いですね。バザーやフリマなどで入手したりとか、立て場は知っていましたが、もうその辺は昨今のセドラーさえ顔出しているのですね。

ブックオフで抜いてアマゾンで売る、そんなにわかせどりは競合相手の増大で儲けがなくなり、ちょっと前は投げ売りが盛大に行われていましたが・・・まあ、本書はその前の話ですもんね。

あと・・・古書の買い取りですが、やっぱり知らない相手には買い叩くんですね。
相手を見て価格を変えるのは商人同士なら納得ですが、知らない一般人にもそれを当てはめるのは・・・違和感を覚えます。不要な本は買い取ってくれないみたいですし、蔵書を売るのは考えものですね。

だから、ブックオフ等で宅配便で買い取ってもらうんでしょう。
送料を持ってくれるだけでもヨシとすべきなんでしょうね。明日も3箱ほど売りますが・・・もう何十箱売ったか分かりませんね。感覚的には粗大ごみとして引き取ってもらっている感じ。だから、売った代金はほとんど期待してませんし。

まあ、脱サラとして古本屋はやはりナシかと。
やっぱり、株式投資と不動産投資ぐらいしかなさそうですね。

もう、今の職場で頑張っていくのは無理そうだしなあ〜。
体病んで胃に穴があくのも時間の問題だもんね。というか、もう胃というか腸とかもたなそうだもん!!
【目次】
店舗開店編
通信販売編
セドラーに捧ぐ―あとがきにかえて
古本屋開業入門―古本商売ウラオモテ(amazonリンク)
タグ:書評 古書
posted by alice−room at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 本】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

「死刑執行中脱獄進行中」荒木 飛呂彦 集英社

sikeisikkou.jpg

表紙が良くて買いました。
内容は読んだことあったはずですが、忘れていました。
ゴージャス・アイリーンじゃない方ですね。

装丁もなかなか素敵ですし、色使いもビビッドでポップ系のノリで非常に目を惹きます。
但し、荒木氏の短編物は割合好きなのですが、今回の作品はいささかグロっぽい系統で正直嫌いです。

このカバージャケットっていうのでしょうか、このデザインだけで気に入って手元に置いておきたくて持っている感じですね。昔のレコードのジャケ買いみたいなノリ。

特に猫ちゃんのはちょっとねぇ〜。
なんかポーの黒猫を思い出してしまった。
死刑執行中脱獄進行中 (集英社文庫 あ 41-54) (amazonリンク)
posted by alice−room at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【漫画 アニメ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「編集者の仕事」柴田 光滋 新潮社

本はそれなりに読むものの、モノとしての本についての執着心はそれほど強くないので結構、無頓着だったりするかもしれない。

ただ、装飾写本とかはそれなりに好きで海外旅行に行ったりすると、それを目当てに美術館や教会を訪れたり、綺麗な画集や図録なども集めているが、本そのものについては驚くほど知らなかったりする。

本書を読んで、そういったことを改めて痛感しました。

編集の仕事というと漠然としたイメージだけでしたが、何でもそうですが見えないところで頑張って職人仕事していたりするんですねぇ〜。感心すると共に頭が下がります。

ただ、その一方でそういった仕事を本当にしているのかなあ〜と疑問に思うくらい、粗雑な作りで本の内容もさることながら、誤字脱字のオンパレードに内容も不正確で読みにくく、なんだこの本は???となってしまう本も散見されるのも事実。

編集、校正とか何も仕事してないか無能の輩かと思うほど酷かったりするし・・・、何でもいいから手軽に作ってそこそこ売れればイイという出版社側の思いが透けて見えてくるようですが、そういう本ばかりではないんだなあ〜と感慨深いです。

まあ、あくまでも本書は日本の現代の本に関してのお話に限られるのですが、それでも愛書家(単なる読書家も含む)は知っておいて然るべき知識が書かれています。個人的には大変勉強になりました!

もっともモノとしての本なら、やはり昔の洋書とかでしょうね。
革装の本とかやっぱり違いますもん♪

もっとも英語しか読めないんじゃ楽しめないよねぇ〜。
エミール・マールの本ぐらい原書で読めるようになりたいもんです。仕事なんてしてる場合じゃないないのかもしれません・・・反省。

あと2年で目標の本出版出来るのだろうか?
少しでも準備しなきゃいけないんだけれども・・・・。はあ〜明日仕事なんて行きたくないなあ〜。
【目次】
まえがき
I 本とはモノである
作りの良し悪しを見分けよう
一次元の原稿を三次元に
II 編集の魂は細部に宿る
すべては判型から出発する
頁はどこから始まるの?
目次と索引は技量が問われる
校正、畏るべし
III 活字は今も生きている
グーテンベルクに感謝
明朝体は美しい
欧文書体はファミリーに分かれる
約物と罫線を使いこなせ
IV 見える装幀・見えない装幀
紙には寸法も色も重さもある
函入りかジャケットか
表紙は最後まで残るもの
V 思い出の本から
昭和は文学全集の時代であった
十二冊プラス幻の一冊
あとがき
編集者の仕事―本の魂は細部に宿る (新潮新書)(amazonリンク)
タグ:書評 編集
posted by alice−room at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 本】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「図説 英国ファンタジーの世界」奥田 実紀 河出書房新社

正直、もっと面白いかなあ〜と期待してたのですけれど・・・。

図版が多い分、文章量が少ないからでしょうか?
読んでいて薄っぺらな感じがして、一歩踏み込んだ関心事に至らなかったように思えます。
そのせいか、ガイドブックに毛が生えた程度の説明に思えてしまうのです。

このぐらいの内容なら、他の本を読んでも分かる程度に感じられてしまい、あえて本書を読む意義を見出さませんでした。写真も目新しさ無いしね。

どうせなら・・・本を読みたくなるような内容だったらいいなあ〜。
本書を読んで本を読みたいと思うものは無かったりする。妖精含めてファンタジー系は結構、好きなんですが私の趣味や感性とは根本的なズレがありそうな感じでした。私には合わない本でした。
【目次】
第1章 『ハリー・ポッターと賢者の石』他、「ハリー・ポッター」シリーズ―J.K.ローリング
第2章 『砂の妖精』『火の鳥と魔法のじゅうたん』『魔法!魔法!魔法!』―イーディス・ネズビット
第3章 『秘密の花園』『小公女』『小公子』―フランシス・ホジソン・バーネット
第4章 『ピーター・パン』―J.M.バリ
第5章 『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』―ルイス・キャロル
第6章 『ライオンと魔女』他、「ナルニア国」シリーズ―C.S.ルイス
第7章 『たのしい川べ』―ケネス・グレアム
第8章 『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』―A.A.ミルン
第9章 『ピーターラビットのおはなし』他、「ピーターラビット」シリーズ―ビアトリクス・ポター
第10章 『時の旅人』、「グレイ・ラビット」シリーズ、「チム・ラビット」シリーズ、「サム・ピッグ」シリーズ―アリソン・アトリー
第11章 「グリーン・ノウ」シリーズ―ルーシー・M.ボストン


図説 英国ファンタジーの世界 (ふくろうの本)(amazonリンク)
posted by alice−room at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説C】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「たまゆらり」高橋 克彦 実業之日本社

著者の本は時々読んでおり、怪談も面白いのがあったりもするのですが、面白くないハズレもかなり多い。

本書は個人的にはつまらない本だと思いました。
読んでいて途中で読了するのをやめて売り飛ばしました。

時間の無駄だもん。
お薦めしません。たまゆらり (実業之日本社文庫) (amazonリンク)
タグ:書評 小説 怪談
posted by alice−room at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説C】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

「学歴分断社会」吉川 徹 筑摩書房

感情論やジャーナリスティックな一部分だけを誇張した話とは一線を画し、淡々と現代日本の抱える社会状況を分析していく姿勢は、最近ではあまり見られないだけに貴重な感じがしました。

どうしても格差社会とか、階層の二極分化とか世間の流行りに踊らされてしまうところもある私ですが、学校歴ではなく、名実共に明確な学歴(大卒か、高卒か)による社会的分断があることを本書を読んで実感として納得しました。

大卒でも本当に大卒なの?歳食ってるだけ、人生浪費してるんじゃないの?という感想さえ持ちかねない大卒が実際に存在し、どこの大学を出たかを世間が気にするのも評価のシグナルとしてはあながち間違いではないなあ〜とか普段感じたりはしていましたが、本書に書かれているような学歴により社会に対する価値観等が変わってくることについてはあまり意識したことはありませんでした。

確かに昔はどこの家庭も子供を勉強させて少しでも上の学校に入れようとするのが『普通』だった気がしますが、今はそれが『普通』ではないんですね。

自分の親や家庭を翻ってみても進学する気があるなら、上の学校に行かせてもらえたし、学習塾やら習い事も希望すればどれも行かせてもらえましたしね。

親は高卒でしたが実際、私よりも所得上でしたし、今後も抜けないかもしれませんね。
大学院まで行ってもそんなものですが、それでも学校に行ったからこそ、あちこち転職したり、起業した後でもとりあえず、定職につけて自宅も買えましたし、なんとか生きていけるだけ所得があるのは親が金出してくれたからなんでしょうね。

本書でも書かれていますがこの不確実性下の時代、大学出ることによるメリットは限定的ではあるものの、それでもやはり・・・ってのはあることも事実でしょうね。また、自分の属する集団や環境によって、進学に対する評価や価値観も全然変わってくるのも事実でしょう。話している内容が全く異文化というか異世界であったりするこもありますしね。

日本には「お里が知れる」なんて言葉もありますが、更に細かいこと言うと、どこの学校を出たかでも随分と変わってきたりします。大学ではなくて、むしろ幼少期の方が人格形成に及ぼす影響多いですから、地域色や文化水準を反映させる高校や中学校なんかの方がより影響力ありますしねぇ〜。

いい歳して社会に出てから相当経ってからでさえ、転職活動中に履歴書の高校名を見て「○○の高校出身なんですね。〇〇のタイプの人、うちにもいますよ〜」とか言われても返答に困ったりする。人事担当者は大学名よりもむしろそちらに関心を覚えるようで、つくづく学校歴を痛感させられた経験が思い出される。

まあ、本書の話からはだいぶそれてしまいましたが、ロジカルな分析でいろいろと示唆に富む本だと思います。本書は売り飛ばさずに、手元に置いておこうと思っている本でした。
【目次】
第1章 変貌する「学歴社会日本」
第2章 格差社会と階級・階層
第3章 階級・階層の「不都合な真実」
第4章 見過ごされてきた伏流水脈
第5章 学歴分断社会の姿
第6章 格差社会論の「一括変換」
第7章 逃れられない学歴格差社会
学歴分断社会 (ちくま新書) (amazonリンク)
タグ:書評 学歴
posted by alice−room at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 未分類B】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」ロバート キヨサキ 筑摩書房

この金持ち父さん貧乏父さんシリーズは、ご多聞に漏れず私も何冊も読んでいるが本書もその中の一冊。

読んでいるとやる気になるし、やれる気になる、自己啓発系の本です。
たま〜に読むと、改めて考えなきゃねって思わせてくれるだけの刺激はある本です。

キャッシュを生み出す資産を買え、レバレッジを利かせて資産を増やすスピードを上げろ、出来ない自分ではなく出来る自分をイメージする、とかある意味、正論ではあるが、どうしてもたまたま不動産投資で当たった人が自分の幸運を自分の努力の成果として過剰評価しているきらいが無きにしも非ず。

紙の資産をあまり肯定的に捉えない、という視点も正直どうかと思ったりします。まあ、個人的にバフェット信者(?)の私が言うのだから、それはそれで偏っている可能性もあるんですけれどね。

個人的には高校生から債券・株式投資をして去年まで通算でも余裕で黒字達成して、現在の我が家も投資で儲けた資金での支払い分がかなりを占めているので、個人的な感想も当然偏っているんだけれど・・・おお〜凄いなあ〜見習わなければと思う面も多々ある反面、かなり猜疑心を抱かせる独り善がりな自己肯定論的な投資手法にはちょっと距離を置いて読んでいる自分がいたりします。

まあ、本文でいうところの「私は〇〇できません」という人達に該当しちゃうのかもしれませんが、たかが金銭的成功だけで人生に成功したような価値観が本文中に散見されるのが最近、目についてしまいます。

一応、個人的には自分で会社も興したし(失敗してしめたけど)、株式・債券・デリバティブ投資もやったし、不動産は自宅を買っただけで、不動産投資はこれからの目標なのですが、それなりにチャレンジしているつもりではあるのですが・・・本書の手法、考え方への全面的な肯定派にはなれないなあ、どうやっても。

ビジネスとか社会貢献とか言っても所詮、金儲けであり、それ以上でもそれ以下でもないし、他人がどういう評価をしようとされようと関係ないかと思うのですが、成り上がり的な価値観を強要されるのは浅ましさが正直感じられて苦手かもしれません。

既成概念に囚われず、やれると信じて試行錯誤し、学習し、創意工夫していくのは素晴らしいのですが、それを見返してやる、的なハングリー精神語られても冷めてしまいます。

ただ、何か感じたら、迷うのもありだと思いますが、何かしらの行動につなげていかないと人はそこで止まってしまうのも事実。私も今年から数年は不動産投資の勉強をして、これから起こるであろう不動産市場の暴落を指折り数えて待ちましょう!!

それまでに勉強したり、調べておくべきことはいくらでもありますしね。株は昨年すべて現金化したので現在、キャッシュフローはそれなりにあるしね。暖かくなったら、実際に物件を見て廻ろうっと。

あっ、本書はそういう刺激を得る意味では読むのもありかと。
但し、実際的なハウツー的な要素はあまりないし、抽象論ばかりかな。

たまにある具体的な手法面は、他の不動産投資とかの本を見るとよく出てくる話ばかりで特に目新しいものはありませんでした。

【目次】
第1部 頭脳のレバレッジ
第2部 プランのレバレッジ
第3部 行動のレバレッジ
第4部 最初の一歩のレバレッジ
改訂版 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 (単行本) (amazonリンク)
posted by alice−room at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 実用・ビジネスB】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする