2017年05月13日

「業物語」西尾 維新 講談社

wazamanogatari.jpg

物語シリーズの一作。
今回は吸血幼女と暴力妹と眼鏡っ娘委員長ちゃんのエピソード。

改めて思ったのは、言わずもがなですが西尾氏はストーリーテラーとして上手いですねぇ~。
キスショットに関しての物語は、なかなかに興味深く読みました。想定がいつも常識の斜め上をいっていて、私には出来そうで出来ない発想です。ソフバン使ってれば、ドーナツもらえたのに・・・とか関係ないこと思いながら読んでました。

素直に面白かったです。

委員長ちゃんは、まあ、学校を離れた後の後日談で内容はたいしことないですが、少し知りたかったのでその点では可もなく不可もなくですね。

ただ・・・もうそろそろ、このシリーズはいいのでは?というのも正直な感想だったりしますが・・・これだけの量をこれだけのペースで書き続けられるというのうは、やっぱり凄いですねぇ~。

なんかの本で西尾氏の執筆スピードについて書かれたのを読みましたが、やはり、人気売れっ子作家さんは凄いです。ハイ。

業物語 (講談社BOX) 単行本(amazonリンク)
posted by alice-room at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする

「絶滅食堂で逢いましょう」なぎら 健壱 徳間書店

zetumetsushokudou.jpg

今ではあまり無くなってしまった、それこそ、絶滅しかかったような昔懐かしの食堂を紹介する本。

雑誌に連載されていたものを編集したよくあるタイプの食べ歩き本の一種。

何店かは知ってるし、行ったことのある店が出ていたが、ただ古くてそこそこ名が知られているだけで特に他のお店と比べて良いと思われるような点が無かったと思うようなお店が紹介されています。

実際、書かれている文章の内容も正直、そそられない。
私の感性には合わないなあ~。下町とかそういうのは嫌いじゃないし、どちからというと好きかもしれないけれど、無理にただ長く続いている店をヨシとして紹介しているってのがどうもねぇ~。

基本、惰性で書かれている(流している)文章です。
勿論、この手のものは逆にそういうのを求めているってのもあるんでしょうが、自分に合わないと苦痛です。
私には合わない本でした。

載っているお店にも行きたいとは思わないなあ~。

絶滅食堂で逢いましょう―なぎら健壱が行く東京の酒場・食堂・喫茶店(amazonリンク)
ラベル:食べ歩き 書評
posted by alice-room at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 実用・ビジネスB】 | 更新情報をチェックする

「苦役列車」西村 賢太 新潮社

kuekiressya.jpg

最近の又吉氏の芥川賞受賞で脚光を浴びる(?)芥川賞ですが、私、受賞作家の作品をほとんど読んだことがなかったりする。ここのところ、TVで又吉氏の番組を見ることが何度かあってたまたまに頭にひっかかっていたところ、本書が目に入りました。

今時、『私小説』がどうたら・・・とかカバーの説明に書いてあり、時代錯誤の印象を受けながら、蟹工船とかがちょっと前に話題になったこともあり、改めて「格差社会」とか別な本でもあったなあ~という関連で本書を読んでみました。

で、書評の前に感想から入りますね。

まさしく時代錯誤かと。そもそも芥川賞ってこういうレベルの作品が対象になるんですね。

芥川龍之介の作品って洗練されているのに、芥川賞はいくら純文学対象といっても芥川の系譜とはおよそかけ離れた、本書はなんというか言葉も内容も汚い作品でした。

しかも表現も含めて内容もどうみても、そんなにリアル感がないんですが・・・。

なんというか、下層社会(?)を扱った作品は私も何冊か読んだことがありますが、そちらの方がより、リアルに生々しい社会の縮図というか、そこにある一個人の感情なんかが感じられますが、何故、本作品がこれで芥川賞なのか分かりません?

日雇いや期間工の話とかいくらでも文章であるんですが・・・別にルポとか体験談と私小説を分ける必要を感じませんし、文章として書かれている作品があれば、どれも同列にその内容で評価すべきだし、だとすれば、本書が他の似たような作品とは違うのってどこの点なんでしょう?

個人的にはとっても不思議でした。

例えば「だから山谷はやめられねえ」塚田 努 幻冬舎とか、うちのブログ内に多数あったりする他のものよりも本作品が良い点を見つけられませんでした。

あとまあなんというか、本書は端的に言って、作品としてのレベルは低いのでど素人の一読者としてはお薦めしません。これで本になって、賞も取れるんだあ~というのがとっても素朴な感想でした。

苦役列車 (新潮文庫) (amazonリンク)
posted by alice-room at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説C】 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

「デモンズ3/ザ・チャーチ」ミケーレ・ソアヴィ監督

thechurch.jpg
昔見た映画でホラーとしてよりも大聖堂やカトリック教会に対する深い知識に感銘を受けて、ゾクゾクし、大変驚いたことをふと思い出してしまい、是非とも見たくなってしまった作品でした。

でも・・・どこ探しても作品が見れない・・・。

とりあえず、もう一度見たかっただけなのでレンタルでも十分なのですが・・・Amazonprimeにも無いし、近くのツタヤでも無かったので仕方なく、ブルーレイを購入して深夜に観てみました!映画のソフトを購入するのって、ずいぶん久しぶり!

わざわざ深夜まで待って、一人で真夜中に観てみました。
歳取ったからかなあ~、正直、全然怖くなかったりする。ずいぶんと画像がクリアで逆に昔のDVDかビデオで観た時の粗い映像の方が作品の古さと相俟ってゾクゾクしたのかも?

作品に出てくる車や電話が今の感覚すると有り得ないぐらいレトロ。
映像の効果も、音響効果もだけれど、70年代以前のものだよねぇ~。今からすると過剰過ぎて、むしろ褪めてしまうのだけれど、作品の骨格は実にしっかりしていて通常のホラーとは別格ですね。

所謂、スプラッターや不条理感覚の意味のない怖さではなく、ある意味、古典的・正統的な原因と結果の繋がりが分かり、納得のいく理路整然とした怖さですね。ただ、そのロジックを理解するには前提としてキリスト教やゴシック建築の知識、チュートン騎士団の歴史等は最低限、ある程度分かっていないと駄目かもしれません。

巷の本作品への評価は、惨憺たるものが多いのですが、所謂「デモンズ」シリーズとして何の予備知識も無しにホラーとして観たら、つまんないんでしょうね、きっと。

私の場合、他の作品も観たことありますが、逆に本作品ほど面白いとは思えませんでした。怖いとは思いましたが、なんか完全に本作品とは別物ですね。実際、本来は別物でデモンズシリーズではなかった作品を日本でだけ、勝手に営業戦略としてシリーズ物に入れているらしいですが・・・。

原題は『教会』ですもんね。そもそも。

以前観た時は私気付いてなかったんじゃないかと思うのですが・・・、思いっきり作品中にフルカネリを出してますね。著名な錬金術師で「大聖堂の秘密」という本を書いた人。

昔、フランスのシャルトル大聖堂に行った時に地下のカタコンベを見学し、そこにはカエサルの「ガリア戦記」にも記載のある「聖なる泉」の跡があり、ケルトの聖地に後から進出したカトリック教会が大聖堂を建ててたものでした。

まさに本作品の大聖堂と同じような歴史的経緯が実際にあったりするのを見てきているので、なんというか本作品が踏まえている現実感を強く感じます。ヨーロッパのカトリック教会の建物は実際、本当にそういうの多いですからね。土着の信仰を踏みにじり、その上からカトリックの衣を着せた訳ですから。

また、本作品の舞台となる大聖堂は当然、ゴシック建築であり、このゴシック建築はまさに建築技術もさることながら、その技術を支える理念(哲学)こそが非凡であり、現物を感じないと体感出来ないませんが、人の精神にまで影響を与える存在感は半端無いです。

新宿の高層ビルのようなただ大きくて高いだけのモノではなく、一個の確固たる意志を持った巨大な存在たる大聖堂は、常に人に語り掛ける存在です。

但し、その語り掛けは理解できる人の能力に応じた語り掛けであり、無知な大衆から選ばれし人まで受け取る側に応じてその語り掛けの内容は変化するものなのです。

だからこそ、分かる人は分かる「大聖堂の秘密」であり、本作品ではその秘密を中心にして物語が進んでいきます。監督が一番、伝えたかったのもその辺だったのではないかと思います。だって、悪魔が歴史的な描かれ方を思いっきり踏襲しているし、ボスの絵の奴とかまんまでしょ。ホラーという枠を超えた古典的な歴史物ぐらいの観点で観た方が本作品を適切に評価出来るのでは?とか思っちゃいますね。

私の場合、今回は二回目(or三回目?)というのもあって、あまり怖くない反面、改めて上記のようなゴシック建築やキリスト教的歴史の点が何よりも面白かったです。

そういえば、私の好きな装飾写本とかも謎を記した羊皮紙の古文書として出てましたね。ベルギーのブリュージュ行った時にも教会の地下のカタコンベで装飾写本を見ましたが、あんな感じですね。「神秘の子羊」とか描かれていましたが・・・・懐かしい・・・。

そういやあ~、全然記憶になかったのですが司書さん、かなりのイケメンですね。
で、色男で女に手が早いっと。

そして、堂守の娘がいかにも・・・な感じの美少女ってのがまたイイ♪
ちょい不良っぽいあの年頃の危うさがいかにも?ってね。

高かったけれど、マイナーでそのうち無くなりそうだし、買って正解でした。
ああ~今年もヨーロッパ行きたい。テロが多くて去年はベルギー断念したけれど、行きたいなあ~。

そうそう、ネットでこの映画のソフトを探している途中で偶然に見つけた映画のロケ地情報。
映画の大聖堂の外観はブダペストにあるマーチャーシュ聖堂だそうです。

こちらのCafe latteさんのブログで知りました。

ブダペストも良さそうですし、今度行ってみたいと思います。

そうそう初回で本作品を観た時の感想はこちら。
デモンズ3(1988) ダリオ・アルジェント製作
全然、今回と違う(笑)。何も気づいていなかったか、私!

デモンズ3/ザ・チャーチ <デジタル・リマスター版> [Blu-ray](amazonリンク)

ブログ内関連記事
「大聖堂の秘密」フルカネリ 国書刊行会
「大伽藍」ユイスマン 桃源社
「ゴシックの図像学」(上)エミール マール 国書刊行会
「ゴシックの図像学」(下)エミール マール 国書刊行会
シャルトル大聖堂」馬杉 宗夫 八坂書房
posted by alice-room at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【映画・DVD】 | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

「しずるさんと偏屈な死者たち」上遠野 浩平 富士見書房

sizurusan.jpg

よくある美少女探偵物。
短編作品のまとまった形だったので本の半分まで読んでみたが、どうにも退屈でやり切れなくて読了せずに終了。

謎の病気で奇妙な病院に入院する美少女。
頭の回転は切れるものの、この世の中に対して冷めた感情しかもたないように見える少女とその少女のお見舞いに訪れるワトソン役の普通人少女。

その二人の組み合わせによる、不可解な事件の謎解き。
安楽椅子探偵の亜流ですね。

ただ、肝心の謎解きがお粗末だし、キャラにも魅力が感じられず、読んでいて辛い。
私はすぐに挫折しました。

続編もあるようですがそちらの方が不思議?
私的にお薦め出来ない小説です。

しずるさんと偏屈な死者たち (富士見ミステリー文庫) (amazonリンク)
ラベル:推理小説 書評
posted by alice-room at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【書評 小説C】 | 更新情報をチェックする