2018年12月01日

「読書で離婚を考えた。」円城 塔、田辺 青蛙 幻冬舎

読書離婚.jpg

円城氏の名前はあちこちで見かけるものの、タイトル他私の関心をそそるものがなく、今まで読んでこと無かったのですが、本書で初めてご夫婦共に作家さんなのを知りました。

何よりも夫婦で互いにお薦めの本(課題図書)を紹介し、相手方がそれを読む&感想を述べる、な~んてあり得ないことを企画としてやっていて、しかもそれが『離婚の危機』に繋がるなんて、そりゃ当たり前だろ!っていう思いでちょっとだけ読んでつまらなかったら、読むの止めようとか思いつつ、手に取りました。

結局、最後まで読了したんですけれどね。

個々に紹介されている本は、まあ、それほど面白いものではありません。
この辺は想像通り。

元々、お薦めする先は自分の相方さんですから、その方が読まない(であろう)本で自分的にお薦めしたいのを紹介するのが根底にあるので(『ルール』として本書に紹介する際に決め事も書かれておりますが、それはそれとして)一般読書向きのお薦めではないのですが、それでも他人が結婚している相手に本を紹介する、な~んてね! 
それだけでもとりあえず、読んでみたいと思いました。

私自身が相手に本を薦めてもまず、読まないですしね。
相手は相手でいつも本を読んでいますが、滅多に好みが合うことはないですし・・・、価値観の相違を再認識させられるだけかと・・・。
個人的には相手に本を薦める、ってことを断念してはや幾年?ってね。

さて、本書の方も我が家以上に本の趣味が噛み合っていないようで、いろんな意味でのすれ違い加減が半端なく、凄いなあ~これで結婚が維持出来るんだ。うちなんかでも、まだまだ大丈夫そう、っていう強い安心感を抱きました。

でもでも、うちも病気多いけれど、著者の方々も相当な病気がちなご家族かと。
あとね、お互いに、ああ言った、こう言ったとそれぞれが思っていることが異なっていて、全く噛み合わない点が他の家でもそうなんだとなんか、少しだけ安心しました。お互いがこうだったと確信を持って話していても、なぜか食い違う発言。真実はいずこに!

そういえば、そもそもの本書の企画の発端としては相互理解に資する為の本紹介だったはずらしいのですが、表面的には相互理解が遠のくような・・・状況と思われるような場面が散見され、読んでいる読者がこの夫婦大丈夫かなあ~と思わずにはいられない、それこそが本書のウリかと。

正しい読み方ではないかもしれませんが、他に本書から価値は特に見出せませんでした。
でも、エッセイとしては、こういうのは十分ありかと。勝手な読み方かもしれませんが、個人的にはある種の精神安定剤になりました。
相互理解とかダイバーシティーなんて、共同幻想でしょう・・・きっと、たぶん、ねっ。


読書で離婚を考えた。(amazonリンク)
posted by alice-room at 22:49| Comment(0) | 【書評 本】 | 更新情報をチェックする

「D坂の美少年」西尾 維新 講談社

D坂.jpg

おっと、ついにカスの男装の少女が生徒会長に立候補。(作中の本人談)
後の副会長さんがとっても素敵な趣味の持ち主で・・・あっ、これはこの巻ではなくて続巻の話なのでもう何冊か先を読んでいるので私の中では話が前後しまくりですが、そういう抜きにしても普通に楽しく読める少年探偵団ものです。

ジュブナイルにしては、いささかある種の毒がある西尾氏の描くシリーズですが、今時の若い世代にも受け入れられのでは?とか思ってしまう、既に少年少女の時代を遥かに超えた読者の感想です。

寝る前に、軽く一読するには良いかなあ~。
時々、クスって笑える箇所もあるし、本家の少年探偵団とは全然違うけれど、それでもまあオマージュかな。
ついでに言うと、D坂は団子坂ではないってことは、重要ではない。

大きくシリーズの流れが変わってくる分岐点となる(?)お話でした。


D坂の美少年 (講談社タイガ) 文庫(amazonリンク)
posted by alice-room at 22:38| Comment(0) | 【書評 西尾維新】 | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

「随筆 本が崩れる」草森 紳一 文藝春秋

本崩れる.jpg

普段、随筆とかエッセイ系の本は読まないのですが・・・・タイトルと中をパラパラと眺めた時に視覚に入ってきた本がまさに山と積まれ、壁となり、崖となった部屋の様子を映した写真を見て、つい、ふらふらと購入しちゃいました。

早稲田大学でやってた古書市で初めて行ったものの、大した規模でなく、購入する本なんて無いと思っていたのに、結局、7、8冊買ってしまい、先日の神保町の古本祭りまでの金額には及ばないものの、冊数で上回っちゃいましたよ。

これから無職になるかもしれないのに・・・・あ~、いいのだろうか???
まあ、いいんでしょう、きっと・・・ね。

さて、全部で3篇からなる随筆集ってことになるのかな?本書は。
野球に全く興味がなく、タバコなんて大嫌いな私には残りの2編はつまらなくてそれらは邪魔なだけなんで本を破ってしまいたいところなのですが・・・(分量を減らしたい)・・・、これやると本がバラバラになってしまうんだよねぇ~。参考書とか資格系の使う本なら、よくやるのですが、ちょっとこの「本が崩れる」のところだけは残しておきたいので、そのまま、本をばらすことなく、そのまま新書として残しておきますかね。

以前、「本の重さで床が抜ける」?とかいうタイトルだった本も内容は無いけど、タイトルだけで残しておきたい本だった。
本書は、それよりはよっぽどマシなので、我慢して売り飛ばさずに部屋に置いておこう。


実際、こういう状況になってしまったら、もう人生終わりのような気もするのだけれど、それでいてどうしても少し憧れというかなんというか、一度経験してみたいような危うい誘惑にそそられる状況の描写が気になります。

でもねぇ~、うちにも戦前の本とかあるけど、黴臭いし、ちょっと扱いに困ったりもする。
他の綺麗な本とは一緒に並べられないし・・・黴が綺麗な本に写りそう、臭いや埃とかはてさて・・・???

そんなこと気にしているうちは、ビブリオマニアになれっこないのですが、ならない方が一番なのは自明ですしね。
やっぱり、極力、捨てるか借りるかして手元には置かないようにしないと・・・。

定期的に売ったりして、手放すようにはしているのですが、並行して買い集めた本が空いてる床や布団の周りを侵食していく姿はうちもそのままだし・・・、なんとか自室の範囲内に留め、部屋から出してはいけない!というのが家族としての生活を成り立たせる最低限度のマナーですしね。

趣味で集めていて、その度が超えないのが一番ですよね。
仕事としてたくさんの本を資料として必要とするようになると、それはそれで際限無さそうですし、著者も書かれてますが、歯止めがきかなくなるその様子が本書を読んでいて、痛いほど、実感させられます。

可能な限り図書館で読み、必要なところだけメモしてファイルかなんかにまとめておき、そのジャンルの基本書とか、メモでは到底おさまりきらないだけの大量の情報量・情報価値のある本だけ、購入して手元に置く、それぐらいしか私には大量の本をさばく方法が思いつきませんね。

まあ、読んでいる本のうち、自分にとって有意義と思える内容がある本なんて、ごく一部なのでその辺は私は幸福なのかもしれません。
必死になって集めよう、読もう、とかまで思ってない気楽さ故ですね。
もっとも日々の仕事でストレス抱えて、趣味の読書にまでストレスの原因になって欲しくない、切実にそう思いますし。

そうそう、本書の内容ですが、まさに平置きして山のように積んだ本が林立する著者宅で風呂場に入ったところで本が崩れ、崩れた本が戸を教えて、戸が開かなくなり、お風呂から出られなくなる、といった話です。

寝ていて、本が顔や体に振ってくるってのもありましたね。
3・11の本が崩れた昔の実家の自室を思い出します。あの時は復旧するまで1か月ぐらい、部屋放置していたっけ?
その後、古書店に美術書や百科事典等、明らかに重くて崩れたら大変な本が大量に出回っていたのを思い出します。
当然、安くなってましたが、誰も買わないでしょう。おかげで私はゴシック建築関係の部分だけ、美術全書のうち選んで安く購入したのでその手のが何冊か部屋に転がっていたりする。

まあ、それはそれとして。
本書は、愛書家の話ではありません。
蔵書家の話(?)、単にたくさん本を持っていてそれを資料として使っている人の話ですね。
愛書家には許されない本の扱いでしょうし・・・ね(笑)。
ただ、ここまで行けば、これはこれでアリなんじゃないかな?そう、思いました。

本書、一応、手元に残して置こうと思ってます。

【目次】
本が崩れる
素手もグローブ―戦後の野球少年時代
喫煙夜話「この夜に思残すこと無からしめむ」

随筆 本が崩れる (文春新書) (amazonリンク)

ブログ内関連記事
「本で床は抜けるのか」西牟田 靖 本の雑誌社
ラベル:書評 新書
posted by alice-room at 00:07| Comment(0) | 【書評 本】 | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

「読書脳 ぼくの深読み300冊の記録」立花 隆 文藝春秋


【目次】
巻頭対談「読書の未来」―石田英敬(東京大学附属図書館副館長)×立花隆
私の読書日記―2006.12~2013.3
掲載書目一覧


いつもながらの立花氏の書評の本。
その当時に新刊で出版されて本屋で並べられていたものから、著者の視点で選ばれた本についての短評。

率直なところ、以前見て目から鱗とか、ショックを受けたとかそういった斬新さは特に今回のものからは感じられなかった。
まあ、個別にみれば、何冊か関心を惹く本はあるのですが、なんというか想定の範囲内過ぎて、どうもね。
以前のような、えっ、こんな本あったんだ。これは読まねば!とかいうような感想を抱くことは今回は無かったりする。
それが残念!


読書脳 ぼくの深読み300冊の記録(amazonリンク)
posted by alice-room at 21:33| Comment(0) | 【書評 本】 | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

スノーデン(字幕版) オリバー・ストーン監督

スノーデン.jpg

何冊か関連書籍は読んでいたので、本書の内容も大体は知っていたのですが、日本にも来てたんですねぇ~。
あと、DELLとかって笑えた。

ちょうど今、並行して陸軍中野学校の本とかも読んでますが、大戦中に陸軍が商社の社員を偽装して(実際、表向きは商社マンとして仕事するんだけど)、満州のあちこちでスパイ活動をやっていたのを思い出しますね。
あと、昔、経営学の授業で読んだ内容で、国連で批判に上がっている企業活動として、多国籍企業にCIAとか諜報機関の人間を潜り込ませ、中南米諸国での謀略活動をやっているのがあり、それを禁止しようという動きがある、なんてを読んだのを思い出しました。
昭和通商とか、ああいうのが現在だとDELLとかなんですね。

そうそう、自衛隊の三沢基地になるレーダーの索敵や通信傍受の情報が自動で横田基地に転送され、そのまま米国で使用され、大韓航空が撃墜された時に外交カードを勝手にアメリカに切られ、あの剃刀後藤田が憤慨してたのを思い出しました。

あとね・・・IPアドレスやUAは、私の普段の仕事でも調べたりするし、FBやツイッターや各種取引情報から、不正検知はやってたりするけれど・・・さすがはちっこい民間とは異なり、国家はさすがですよねぇ~。

昔、昔、某国立大学に入学した時、自治会とかには入らないようにって、何故か父の職場の上の方からお話があったなんて、いうのもまあ、ありがちなお話ですね。公務員とかは親戚他一族郎党、全部調べ上げるもんね。以前は共産党とか、忍び込ませるのはよくある話だし、立花隆氏の本とかでもよくその手の本、紹介されてるよねぇ~。

そういやあ~昔法律勉強してた時、共産党幹部を盗聴してた公安関係者の判例とかあったような・・・・?

あと中国で生産された半導体にバックドアとか仕込まれているとか、いないとか、ニュースになってたのはどうなったんでしょうね。

久しぶりに、この映画を観て思い出しました。
公安関係、就職先に受ければ良かったなあ~。

あっ、映画はそこそこ楽しかったです♪
こういうやりがいのある仕事がいいなあ~。
スキルの無い私には、廻ってこなさそうだけど・・・。AML/CFTとかつまんない・・・。

おっと、忘れてた!
この映画の中で出てきた名前で、おお~やはりと思ったのはアイン・ランド、「肩をすくめるアトラス」。
やっぱり、アメリカはこの思想的信奉者でないと、駄目なのか~と思いました。


スノーデン(字幕版)(amazonリンク)

ブログ内関連記事
「肩をすくめるアトラス」アイン ランド  ビジネス社
ウィキリークスのアサンジ容疑者、TV番組のホストに
ウィキリークス、市民を監視する「スパイ文書」を公開
「全貌ウィキリークス」マルセル・ローゼンバッハ、ホルガー・シュタルク 早川書房
「ウィキリークスの時代」グレッグ・ミッチェル 岩波書店
posted by alice-room at 22:47| Comment(0) | 【映画・DVD】 | 更新情報をチェックする